CULTURE

〈ディオール ソンス〉期間限定オープン

韓国のアーティストや職人、d'strictともコラボレーションしたDIORのコンセプトストア

CULTURE2022.05.03

2022年5月3日初掲載、6月12日動画シェア

韓国・ソウル市内の聖水洞(ソンスドン / SEONGSU)に、ディオールのコンセプトストア〈ディオール ソンス(DIOR SEONGSU)〉が期間限定でオープンしました。

ディオール ソンス(DIOR SEONGSU)

© Kyungsub Shin

ガラスの温室のようなディオールブティック〈ディオール ソンス〉は、長い改装期間を経て2022年3月にリニューアルオープンした、パリ本店〈30 モンテーニュ(30 Montaigne)〉のファサードをも同時に想起させるデザインとなっています。

ディオール ソンス(DIOR SEONGSU)

© Kyungsub Shin

ディオール ソンス(DIOR SEONGSU)

© Kyungsub Shin

内部空間は、大胆な吹き抜け空間で、シーズンやコレクションと共に進化するよう設計されているとのこと。韓国の自然とフランスの庭園からインスピレーションを得て、創業者であるクリスチャン・ディオール(1905-1957)が花をこよなく愛したことにちなんで庭園がつくられています。

なお、今回の〈ディオール ソンス〉のオープンは、ディオールのクリエイティブディレクターを務めるマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)によって、市内の〈梨花女子大学校〉キャンパスにて、同国では初となるフォール コレクションのファッションショーが4月30日に開催したことを記念するもの。
ショーのステージセットをユニークなものにしていた、スケートボードパークのアイコンが再び使用され、木製のモデュールが店内に象徴的にレイアウトされています。

ディオール ソンス(DIOR SEONGSU)

© Kyungsub Shin

ディオール ソンス(DIOR SEONGSU)

© Kyungsub Shin

ディオール ソンス(DIOR SEONGSU)

© Kyungsub Shin

ディオール ソンス(DIOR SEONGSU)

© Kyungsub Shin

店内には、韓国の2人のアーティスト、発泡スチロールの彫刻的な家具のデザインなどで知られ、2020年には岐阜・多治見の「TAJIMI CUSTOM TILES」のグローバルローンチにも参加しているイ・カンホ(Kwangho Lee)と、金属・木・藁などの自然素材を融合させた家具を制作しているソ・ジョンファ(Jeonghwa Seo)が、それぞれオリジナルで制作した作品も散りばめられ、空間にアクセントを加えています。

ディオール ソンス(DIOR SEONGSU)

© Kyungsub Shin

ディオール ソンス(DIOR SEONGSU)

© Kyungsub Shin

ディオールは、韓国の職人および彼らのクラフトマンシップに敬意を表して、オリエンタルな絵柄を取り入れて18世紀のヨーロッパで流行したハウスアイコンの「トワルドジュイ(Toile de Jouy)」のデザインを、韓国の伝統工芸である韓紙(かんし)を用いてアレンジ、〈ディオール ソンス〉のインテリアとして展開しています。

ディオール ソンス(DIOR SEONGSU)

© Kyungsub Shin

ディオール ソンス(DIOR SEONGSU)

© Kyungsub Shin

〈ディオール ソンス〉における最大の特筆点は、没入型のメディアアートで知られる韓国のデジタルデザインオフィス、d’strict(ディーストリクト)とのコラボレーションです。
両者の協業により、創業者のクリスチャン・ディオールが幼少期を過ごした、ノルマンディー地方グランヴィルの邸宅や庭園のイメージが再現されています。
時代を超越したデジタル体験は、ディオールというブランドの歴史(レガシー)を未来へと伝えます。

ディオール ソンス(DIOR SEONGSU)

© Kyungsub Shin

ディオール ソンス(DIOR SEONGSU)

© Kyungsub Shin

〈ディオール ソンス〉
所在地:韓国 ソウル市 / Seoul Seongdong-gu 7, Yeonmujang 5-gil, Seongdong-gu(Google Map

ディオールWebサイト
https://www.dior.com/ja_jp/fashion

店舗案内はこちら


#Christian Dior YouTube「The Dior concept store in Seoul」(2022/05/05)

本稿の写真全点:クリスチャン・ディオール提供(© Kyungsub Shin)

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

DIOR「フォール 2022 ウィメンズ コレクション」

CULTURE2022.05.03

D.ペロー設計 梨花女子大学校でファッションショー

ディオール「フォール 2022 ウィメンズ コレクション」を発表

DIOR(ディオール)関連記事

CULTURE2021.07.11

DIOR「2021-2022 秋冬 オートクチュールショー」

ディオールがパリ・ロダン美術館で開催したショーの舞台美術をそのまま一般公開
CULTURE2022.03.27

DIOR〈30モンテーニュ〉がリニューアルオープン

3Dプリンタも使用したメゾンの歴史を回顧する圧巻の「ラ ギャラリー ディオール」
CULTURE2022.04.13

自然素材×3DプリントのDIORブティック

ドバイのビーチに現れた期間限定のコンセプトストア

「TAJIMI CUSTOM TILES」会場レポート

FEATURE2020.12.10

Special Report & Movie: TAJIMI CUSTOM TILES TOKYO 2020

【内覧会レポート】これがタイル!? マックス・ラム & イ・カンホ による[タイル]インスタレーション

ミラノサローネ 2022

FEATURE2022.06.06

ミラノデザインウィーク 2022年の見どころは?

世界最大規模のインテリアとデザインの祭典、ミラノサローネとフォーリサローネ
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • DIORが期間限定のコンセプトストア〈ディオール ソンス〉を韓国・ソウルに出店、韓国のアーティストや職人、d’strictともコラボレーション
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ