CULTURE

吉岡徳仁の"光の彫刻"〈STAR〉が東京駅前に登場

〈東京ミッドタウン八重洲〉に設置されたパブリックアート

CULTURE2022.09.27

吉岡徳仁の新作〈STAR〉が、東京駅八重洲中央口向かいに、9月17日に地下1階がプレオープンした〈東京ミッドタウン八重洲〉の敷地内に設置された。八重洲の新たなシンボルとして輝きを放つ”光の彫刻”作品、動画も公開。

吉岡徳仁〈STAR〉

吉岡徳仁〈STAR〉Photo ©Kaku Ohtaki

吉岡徳仁の新作〈STAR〉が、東京駅前に設置されました。
9月17日に地下1階の商業ゾーンと、バスターミナルが先行オープンした〈東京ミッドタウン八重洲〉の施設の外構部に、パプリックアートとして設置されたもので[*]、施設コンセプトである「ジャパン・プレゼンテーション・フィールド」を体現した作品となっています。
*.パプリックアートとして、栗林 隆作品〈Mountain range〉が柳通り側に、中西信洋作品〈Stripe drawing-Summer reflection〉が八重洲通り側に設置されている(三井不動産プレスリリースより)


#TOKUJIN YOSHIOKA 吉岡徳仁 YouTube「STAR by Tokujin Yoshioka」(2022/09/22)

吉岡徳仁〈STAR〉作品概要

設置場所:東京ミッドタウン八重洲 外構部(外堀通り側)
サイズ:約10m
設置期間:パーマネント(常設)

事業者:八重洲二丁目北地区市街地再開発組合
施工:株式会社竹中工務店
アートプロデュース:TAKプロパティ


ステートメント
「10mに及ぶこの巨大な彫刻は、まるで結晶化するように、ステンレスミラーのロッドを集結させ、輝きを放つ“光の彫刻”を生み出しています。
八角形に型どられた、2000を超えるのステンレスミラーのロッドは、太陽の光をランダムに反射し環境と一体化することで、日中には太陽光を反射し、夕日の中では美しい琥珀色に、また夜景の光をも映し出すことで、多様に輝きが変化する彫刻です。
この光輝く一つ星には、世界が1つになるよう、平和への願いが込められています。」


作家プロフィール

吉岡徳仁 近影

吉岡徳仁(アーティスト/デザイナー)
1967年生まれ。倉俣史朗、三宅一生のもとでデザインを学び、2000年吉岡徳仁デザイン事務所を設立。
デザイン、建築、現代美術の領域において活動し、代表作には、東京2020オリンピックトーチのほか、オルセー美術館に常設展示されているガラスのベンチ「Water Block」をはじめ、クリスタルプリズムの建築「虹の教会」、結晶の椅子「VENUS」、ガラスの茶室「光庵」などがあり、国際的に評価されている。
作品は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)やフランス国立近代美術館(ポンピドゥーセンター)、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)など、世界の主要美術館に永久所蔵されている。
世界で最も活躍するデザイナーに与えられるDesign Miami・Designer of the Yearや、Milano Design Awardなど、国際的なアワードを多数受賞。アメリカNewsweek誌による「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれている。

TOKUJIN YOSHIOKA Website
https://www.tokujin.com/


〈東京ミッドタウン八重洲〉とは、「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の街区名称。敷地は、中央区立城東小学校の跡地を含み、同小学校やオフィス、商業ゾーン、バスターミナルのほか、上層階に「ブルガリ ホテル 東京」が開業予定です。

マスターアーキテクトをアメリカの建築家であるピカード・チルトン(Pickard Chilton)氏が務め、基本設計・実施設計・監理を日本設計、実施設計と施工を竹中工務店が担当しています。

東京ミッドタウン八重洲 外観

東京ミッドタウン八重洲 外観(右:低層部)

東京ミッドタウン八重洲 フロア構成

〈東京ミッドタウン八重洲 〉フロア構成

東京ミッドタウン八重洲 内観イメージ

〈東京ミッドタウン八重洲〉商業フロア 地下1階 イメージ

商業ゾーンは、地上1階から3階の4フロアを占め、57店舗が入ります。このうちの地下1階が9月17日にプレオープン。軽飲食店を中心に、13店舗が開店しました。
グランドオープンは2023年3月10日を予定。〈ブルガリ ホテル 東京〉の開業は同年4月と発表されています(三井不動産プレスリリースより)。

東京ミッドタウン八重洲 内観イメージ

2階に来春オープンする公共スペース「ヤエスパブリック」イメージ
バスの待ち時間や買い物の”スキマ時間”を自由に楽しめる、物販・休憩エリア 「イチジテイシ」が、フロア中央部に設けられる予定

地上階を含め、商業ゾーンの空間は、多様性を表現した「TOKYO FACE」をコンセプトに掲げてデザインされ、工事が進められています。
1階エントランスには、京都のブランド・HOSOOのテキスタイルと、ランドスキップのデジタルアートを融合させた、高さ約11m、幅約7.5mのコの字型のエントランスゲート「Nishijin Reflected」がお目見えする予定です。
そのほか、エレベーターホールの壁面には、久住有生氏の手による左官仕上げが施され、随所に“クラフトマンシップ”を感じられる空間となっているとのこと。

東京ミッドタウン八重洲 内観イメージ

左:HOSOOのテキスタイルを用いた1階エントランスゲート 「Nishijin Reflected」
右:エレベーターホール前、久住有生氏による左官壁

施設のコンセプトは「ジャパン・プレゼンテーション・フィールド」。ジャパンブランドにこだわり、日本の未来のモノづくりとブランド価値を、この場所から世界に向けて発信していく予定です。東京駅前という、日本の玄関口である立地を活かしたランドマークとなることを目指しています。

東京ミッドタウン八重洲

東京ミッドタウン八重洲 丸の内側からの眺め

八重洲エリアマップ

エリアマップ

〈東京ミッドタウン八重洲〉施設概要

所在地:東京都中央区八重洲2丁目2番1号
営業時間:地下1階 10:00-21:00

東京ミッドタウン八重洲 ウェブサイト
https://www.yaesu.tokyo-midtown.com/

三井不動産プレスリリース(2022年9月15日)
https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2022/0915_01/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

〈東京ミッドタウン八重洲〉TOPICS

CULTURE2021.04.09

第3の「東京ミッドタウン」が2022年八重洲にオープン

A-1街区 上層階にはブルガリホテルが開業
BUSINESS2022.04.25

次世代型オフィスはロボットにも優しく

三井不動産が〈東京ミッドタウン八重洲〉にて完全な省人化を実現、実施設計を担当する竹中工務店と連携

吉岡徳仁 TOKUJIN YOSHIOKA TOPICS

PRODUCT2020.04.14
吉岡徳仁による簡易式フェイスシールド〈Easy-to-make FACE SHIELD〉
PRODUCT2020.07.21

吉岡徳仁がレストランのチャージャープレートをデザイン

ルイ・ヴィトンとして世界初のレストラン〈SUGALABO V(スガラボ・ヴィ)〉が大阪に開店
CULTURE2020.10.14
吉岡徳仁のパブリックアート〈光の結晶〉が地下鉄銀座駅構内に登場
FEATURE2021.10.23
プロジェクト20周年記念イベント「ISSEY MIYAKE WATCH展 12人のデザイナーによる25の腕時計~」
FEATURE2022.03.11

「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」

日本橋髙島屋S.C.会場レポート! パリに先駆けた新作披露も

ブルガリ TOPICS

CULTURE2020.07.17

〈ブルガリ ホテル ローマ〉2022年開業

イタリア合理主義の代表的建築物をACPVがリノベーション
PRODUCT2021.04.14

〈オクト フィニッシモ 安藤忠雄 限定モデル〉

安藤忠雄×ブルガリ コラボ第2弾、日本先行発売
PRODUCT2022.08.31

妹島和世氏とブルガリがコラボ!

〈オクト フィニッシモ 妹島和世 限定モデル〉今秋登場
CULTURE2022.01.07

シャンパンボトルでつくる翡翠のファサード

MVRDVがデザインするサステナブルで宝石のような外観〈ブルガリ上海〉
FEATURE2021.10.16
【会場レポート】「ZAHA HADID DESIGN 展」西麻布のKarimoku Commons Tokyoにて、カリモク家具とZHDのコラボレーションプロダクトを国内初披露!

東京駅周辺で進行中のプロジェクト

CULTURE2020.09.21

藤本壮介、永山祐子らがデザインチームに参加

「東京駅前常盤橋プロジェクト」概要を三菱地所が発表
CULTURE2021.12.02

日本橋川沿いの水辺空間を再生

八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業の計画概要発表
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 吉岡徳仁のパブリックアート〈STAR〉が東京駅前に登場! 先行オープンした〈東京ミッドタウン八重洲〉に設置された”光の彫刻”
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ