CULTURE

彫刻のようにそびえ立つ幾何学形状のオフィスビル

アルミメッシュのダブルスキンや中庭が生み出す フレキシブルかつサステナブルな〈ボンフィリオーリ本社〉

CULTURE2024.03.14

© Gustav Willeit

© Gustav Willeit

イタリア、ボローニャに建つ〈ボンフィリオーリ本社(Bonfiglioli HQ)〉は、ギアやインバーター等を製造・販売するイタリアの企業ボンフィリオーリの新本社であり、自社製品であるギアから着想したプリーツ状のダブルスキンや大きな片流れ屋根、中庭が特徴的な建築です。

外壁の外側に柱を配した無柱空間によるフレキシビリティや、ダブルスキンと中庭による快適な自然光と自然換気を可能にするサステナビリティも備えています。イタリアの設計事務所 ペーター・ピヒラー・アーキテクチャ(Peter Pichler Architecture)が設計しました。

分かれながらカーブする家形の空間、クラシックな山小屋を現代的に解釈したペーター・ピヒラー・アーキテクチャとパヴォル・ミコライジャク・アーキテクツによる〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット〉イタリア

(以下、Peter Pichler Architectureから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

© Gustav Willeit

© Gustav Willeit

〈ボンフィリオーリ本社〉は、ペーター・ピヒラー・アーキテクチャが、イタリア、ボローニャのカルデラーラ・ディ・レーノに設計した最新プロジェクトである。

この新本社は、ボンフィリオーリというイタリア企業のプロフェッショナリズム、革新性、誇り高い歴史を表現する効率的で機能的なオフィスビルをつくる必要性から誕生した。

© Gustav Willeit

最高峰のサステナビリティを誇る大規模な開発を象徴する幾何学形状の新本社

1956年に設立されたボンフィリオーリは、ギアモーター、ドライブシステム、遊星ギアボックス、インバーターを製造・販売するリーディングカンパニーである。ボンフィリオーリのソリューションは、世界中の産業用ロボット等を用いた自動化産業、モビリティ、再生可能エネルギー分野の原動力となっている。

本社は、イタリア最大の工業用地であるEVOと呼ばれる大規模な開発において、欠けていた最後のピースである。EVOは、最新のエネルギー効率基準を満たすように設計されており、新旧の工場の屋根だけでなく、従業員用駐車場の日よけにも設置されたピーク電力3MWの太陽光発電所によって、環境への影響という点で卓越した性能を発揮している。

© Gustav Willeit

© Gustav Willeit

新本社はNZEB(nearly Zero Energy Building)として構想され、地熱ヒートポンプと輻射天井を採用することで、さらなる省エネルギーと快適性を実現している。

サステナビリティへの先進的なアプローチを採用したスマートな幾何学形状の新本社は、周囲を取り囲むようにそびえ立ちつつも周囲と一体化するランドマークとして、その存在感を際立たせている。

© Gustav Willeit

© Gustav Willeit

自社製品である歯車から連想したプリーツ形状のアルミメッシュや中庭が生み出す快適な室内環境

設計の出発点は、既存の建物に見られる中庭の様式を建物に取り入れることであった。この中庭は、1階に緑の庭園をつくり出し、煙突効果によって自然換気を促進する。地域の日照条件に合わせて建物の屋根を傾斜させ、北側のファサードを拡大し、間接的な自然光によりワークスペースの自然な明るさを最大化している。

本社の南面ファサードと屋根は、特注の連続プリーツアルミメッシュでつくられたセカンドスキンで覆われており、強い光を遮り、エネルギーを節約しながら快適な室内環境を確保している。プリーツ形状は同社の歯車から着想を得ており、アルミメッシュは同社のサプライチェーンから副産物として毎日発生する削り屑を想起させる。

© Gustav Willeit

© Gustav Willeit

© Gustav Willeit

ダブルスキンに隠された柱が生み出すフレキシブルな無柱空間

将来のフレキシビリティを念頭に置いて設計されたこの建物は、柱を外壁の外側に配したことによる柱のないオープンスペースを特徴としている。建物内部は、現代的なワークプレイスデザインが施され、連結性とコラボレーションを促進する。

さまざまな階に部署が分散して配置された、綿密に考え抜かれたレイアウトは、一般の人々との交流や周囲の建物との相乗効果を最適化する。

© Gustav Willeit

© Gustav Willeit

© Gustav Willeit

スチール製の2つの彫刻的な螺旋階段は、フロア間の物理的なコネクターというだけでなく、クリエイティブな交流を象徴する渦となり、絶え間ないアイデアの流れを呼び込む。3階では、中庭に架けられたブリッジが部門間をつなぎ、ワークフローとコミュニケーションを促進している。

建物は健康とウェルビーイングに特に重点を置いており、緑地を取り入れ、間接的な自然光を最大限に取り入れることで職場環境を向上させている。

© Gustav Willeit

© Gustav Willeit

ユニークなデザインの傾斜屋根には、南向きの6つのテラスを設けた。これらのテラスは、歴史ある教会が見える象徴的な景色を眺めながら、内省と休息のための落ち着いた屋外スペースとなっている。屋外とのつながりは、眺望とともに、そこで働く人々の日々の体験を豊かにする。

〈ボンフィリオーリ本社〉は、単なる仕事場ではなく、産業部門におけるサステナブル・デザインの可能性を証明するものである。低炭素でエネルギー自律型の建物のモデルであり、サーキュラーエコノミーの原則を体現し、会社と従業員の進化するニーズに適応することができる。

サーキュラーエコノミーとは?実現のために建築ができること、アダプティブリユース、CLT、3Dプリントなどサーキュラーエコノミーの実現につながる9つの海外プロジェクト

© Gustav Willeit

© Gustav Willeit

以下、Peter Pichler Architectureのリリース(英文)です。

BONFIGLIOLI HQ

Bonfiglioli HQ, a Celebration of Sustainability Through an Intelligent Geometry

Peter Pichler Architecture unveils the recently completed Bonfiglioli Headquarters located in Calderara di Reno, Bologna, Italy. The new Headquarters arose from the need to create an efficient and functional office building that expresses the professionalism, innovation, and proud history of the Italian company.
Founded in 1956, Bonfiglioli is a leading manufacturer and supplier of a complete range of gearmotors, drive systems, planetary gearboxes, and inverters. Bonfiglioli’s solutions are a driving force in industrial automation, mobile machinery, and renewable energy sectors worldwide.

The headquarters is the last missing piece in a larger development called EVO, the Group’s largest industrial site in Italy. EVO is designed to satisfy the most recent energy efficiency standards, offering outstanding performance in terms of environmental impact, powered by a 3 MW peak power photovoltaic plant, mounted not only on the existing new plant roofs but also on the awnings of the staff car park. The new HQ is conceived as NZEB (nearly Zero Energy Building) and features geothermal heat pumps and radiant ceilings to further save energy and obtain additional internal comfort. It stands out as a recognizable landmark that both rises above and integrates itself with the surroundings—a radical approach towards sustainability with intelligent geometry.

The starting point of the design was to incorporate the courtyard typology of the existing masterplan buildings into the massing. This courtyard houses a green garden on the ground floor and enhances natural ventilation through a chimney effect. In response to local sunlight conditions, the building’s roof has been tilted, enlarging the north facade to maximize workspace with indirect natural light. The south-facing facades and roof of the headquarters are clad in a second skin made from a custom continuous pleated aluminum mesh, which filters intense light and ensures a comfortable indoor environment while saving energy. The pleated geometry is inspired by the company’s gears while the aluminum mesh recalls the shavings that are produced daily as a byproduct of the company’s supply chain.

Designed with future flexibility in mind, the building features column-free open spaces through an Exoskeleton façade. Inside, the building is a testament to modern workplace design, fostering connectivity and collaboration. The layout is thoughtfully orchestrated, with departments distributed across various levels, for optimal public interaction and synergy with surrounding buildings. Two sculptural spiral staircases, crafted from steel, are more than a physical connectors between floors, but a symbolic vortex of creativity exchange, inviting a continuous flow of ideas. On the 3rd floor, a bridge through the internal courtyard connects the department to facilitate the workflow and communication.

The building places a special emphasis on health and well-being, incorporating green spaces and maximizing indirect natural light to enhance the work environment. Its unique sloped roof design culminates in six terraces, all oriented towards the south. These terraces provide serene outdoor spaces for reflection and pause, offering views of the iconic Santuario Madonna di San Luca. This connection to the outdoors, together with the views, enriches the daily experience of those who work there.

Bonfiglioli’s new headquarters is not just a place of work but a testament to the potential of sustainable design in the industrial sector. It stands as a model for low-carbon, energy-autonomous buildings and embodies the principles of the circular economy, ready to adapt to the evolving needs of the company and its people.

PROJECT: Bonfiglioli Headquarters
LOCATION: Calderara di Reno, Bologna / Italy
ARCHITECTURE: Peter Pichler Architecture
STATUS: Competition first prize – Completion 2024
CLIENT: Bonfiglioli
AREA: 6200 m²

PETER PICHLER ARCHITECTURE TEAM:
PPA Principals: Peter Pichler, Silvana Ordinas
PPA Team: Peter Pichler, Niklas Knap, Simona Alù, Ugo Licciardi, Cem Ozbasaran, Filippo Ogliani, Giovanni Paterlini, Domenico Calabrese, Nathalia Rotelli, Angela Ferrari, Alessandro Cardellini, Simone Valbusa.

Structure & MEP: ARUP
Electrical engineering: ARUP
Façade planning: Pichler Projects
Fire consultant: ICS Ingegneria
Acoustics: Solarraum
Site supervision: Studio Taddia
General Contractor: Ing Ferrari, Pichler Projects
Project management Bonfiglioli: Federico Mazzanti, Chiara Persi, Vincenzo Lamanna
Photography: Gustav Willeit

「Bonfiglioli Headquarters Bologna」Peter Pichler Architecture 公式サイト

https://peterpichler.eu/projects-item/32-bonfiglioli-headquarters-bologna-italy/

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

ペーター・ピヒラー・アーキテクチャ Topics

CULTURE2022.12.19

分かれながらカーブする家形の空間

クラシックな山小屋を現代的に解釈した ペーター・ピヒラー・アーキテクチャとパヴォル・ミコライジャク・アーキテクツによる〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット〉

イタリア 関連記事

CULTURE2022.04.25

サン・マルコ広場を構成する〈旧行政館〉のリニューアル

デビッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる歴史を紡ぎ、現代に適応するためのデザイン
CULTURE2024.02.05

世界初のグリーン水素ステーションが地中海に誕生

ザハ・ハディド・アーキテクツによる3Dプリント技術を駆使した〈NatPowerH 水素充填ステーション〉
CULTURE2021.06.20
フェンディが本拠を構える〈イタリア文明宮〉を舞台に新作コレクションのショーを開催
CULTURE2024.02.20

ヘルツォーク&ド・ムーロンによる 湖と溶け合うリゾートホテル

コモ湖に浮かぶプールを備えた〈マンダリン オリエンタル ラゴ ディ コモ, 屋外プール&スパ〉
CULTURE2023.01.13

丘の元の姿を取り戻すフェンディの新たな生産拠点

ピウアークが設計した 環境だけでなく作業空間の質も向上する〈フェンディ・ファクトリー〉

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 彫刻のようにそびえ立つ幾何学形状のオフィスビル〈ボンフィリオーリ本社〉ペーター・ピヒラー・アーキテクチャ、イタリア
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ