CULTURE

ザハが手がける クリエイターをつなぐメタバース!

世界の名だたる建築スタジオの作品が集結したデジタル空間〈METROTOPIA〉

CULTURE2023.05.16

2023年5月16日初掲、6月15日画像追加

〈METROTOPIA〉

© Zaha Hadid Architects

〈METROTOPIA〉

© Zaha Hadid Architects

(以下、Zaha Hadid Architectsから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

ザハ・ハディド・アーキテクツ(Zaha Hadid Architects)とシカゴを拠点とするアーキアジェンダ(ArchAgenda)は、世界のデザインコミュニティにおける「仮想コミュニケーションハブ」となるメタバース〈METROTOPIA〉を発表、ローンチした。

バーチャル・ヴェネツィア建築ビエンナーレのオープニングイベント「ナレッジ・トランスファー(Knowledge Transfer)」の開始とともに始動した〈METROTOPIA〉は、OMAやUNStudio、MADアーキテクツ、藤本壮介建築設計事務所、そしてザハ・ハディド・アーキテクツなど、世界有数の建築スタジオによる作品を展示している。

また、今年末に開催されるシカゴ建築ビエンナーレへの参加も予定している。

流線形のデザインに託された未来のビジョン、ザハ・ハディド・アーキテクツが思い描く未来へ向けた5つのプロジェクト

〈METROTOPIA〉

Masterplan ©︎ Zaha Hadid Architects

〈METROTOPIA〉

Masterplan ©︎ Zaha Hadid Architects

デザインにまつわるあらゆる分野が集まる「ハブとなる空間」

〈METROTOPIA〉は、Unreal Engine 5で構築されたマルチプレイヤー仮想環境であり、デザインされたオブジェクトや空間の特性や品質を忠実に視覚化できるリアルな設定の中で、リアルなコミュニケーションのための空間音響を備えている。ホストとなるプラットフォームは、〈METROTOPIA〉のテクノロジーパートナーでもあるMytaverseである。

〈METROTOPIA〉は、都市デザイン、建築、インテリア、家具デザイン、プロダクトデザイン、ファッションデザイン、グラフィックデザインなどのあらゆるデザイン分野と、関連する学校、ギャラリー、美術館、展示会、デザインウィーク、ビエンナーレ、賞、会議、関連する出版社、雑誌、ウェブメディアが集まる、デザインエコシステムの仮想都市と創造文化産業ハブを目指している。

〈METROTOPIA〉における最初のインキュベーター・ビルと都市のコアは、ザハ・ハディド・アーキテクツが設計を行なった。今後、さらに多くの建築家やインテリアデザイナーが集まり、多様で多作な街並みをつくり上げ、活気のある都市のために私たちが最も重要視している「集まることによる相乗効果」を発揮していく。

〈METROTOPIA〉

MainBuilding ©︎ Zaha Hadid Architects

〈METROTOPIA〉

MainBuilding ©︎ Zaha Hadid Architects

〈METROTOPIA〉

オーディトリアム ©︎ Zaha Hadid Architects

メタバースが浸透した後の世界に向けた クリエイターのためのメタバース

UE5というゲーム産業が開発しテクノロジーを導入しているが、〈METROTOPIA〉が対象としているユーザーは、文化的なコミュニケーションやグローバルな展開、展示、ネットワーク、コラボレーションの方法を広げたいと考えているクリエイターである。

現在、アーリーアダプターは、NFTやメタバースデザインを通じてWeb 3.0を開拓している。しかし、空間ブラウジングナビゲーションやリアルタイムでのマルチユーザー・インタラクションを可能にする「没入型のデジタル空間」としてのメタバースが、まもなく誰もが参加できるようになることは間違いないだろう。

ひとたび普及が一定の閾値を超えれば、止めようのないネットワーク効果(製品やサービスの利用者が増えるほど、その製品やサービスのインフラとしての価値が高まること)が発揮される。〈METROTOPIA〉は、この瞬間を予測し、受け入れる準備ができているのである。

世界有数の建築スタジオによる デジタル空間を彩る建築作品

〈METROTOPIA〉

〈Four Frankfurt〉by UNStudio

〈METROTOPIA〉

〈Landmark Tower〉by 藤本壮介建築設計事務所

〈METROTOPIA〉

〈Landmark Tower〉by 藤本壮介建築設計事務所

〈METROTOPIA〉

〈The Hospital of the Future〉by OMA

〈METROTOPIA〉

〈NFTism exhibition: Open Book〉by ザハ・ハディド・アーキテクツ for Kenny Schachter

〈METROTOPIA〉

〈Nodeul Island〉by Minimaforms

〈METROTOPIA〉

〈The Cloudscape〉by MADアーキテクツ

〈METROTOPIA〉

〈Mexico Monde D’eau Hotel Resort〉by LAVA

〈METROTOPIA〉

〈Museum of Contemporary Art and Planning Exhibition (MOCAPE) 〉by Coop Himmelb(l)au

〈METROTOPIA〉

〈RuiXue Multi-Hall〉by Archi-Union Architects

〈METROTOPIA〉

〈Leeza Soho Tower〉by ザハ・ハディド・アーキテクツ

〈METROTOPIA〉

〈Leeza Soho Tower〉by ザハ・ハディド・アーキテクツ

〈METROTOPIA〉

〈Leeza Soho Tower〉by ザハ・ハディド・アーキテクツ

〈METROTOPIA〉

PlatformScreenshot: 〈The Hospital of the Future〉by OMA

〈METROTOPIA〉

PlatformScreenshot: 〈Nodeul Island〉by Minimaforms

〈METROTOPIA〉

PlatformScreenshot: オーディトリアム

〈METROTOPIA〉

PlatformScreenshot: 〈RuiXue Multi-Hall〉by Archi-Union Architects

以下、Zaha Hadid Architectsのリリース(英文)です。

Metrotopia Metaverse launches with ‘Knowledge Transfer’ virtual exhibition and vernissage
A Venice Architecture Biennale collateral event

Zaha Hadid Architects and Chicago-based ArchAgenda announce and launch METROTOPIA, a unique metaverse venture dedicated to becoming the virtual communication hub for the global design community.

The Metrotopia Metaverse launches on the 18 May 2023 with the vernissage and opening of a virtual Venice Architecture Biennale exhibition entitled ‘Knowledge Transfer’ displaying current works from some of the world’s leading architecture studios including OMA, Morphosis, Coop Himmelb(l)au, UnStudio, MAD, Sou Fujimoto, Archi-Union, LAVA, CAP, EcoLogic Studio and ZHA.

The exhibition responds to the overarching theme of the 18th Venice Architecture Biennale put forward by Lesley Lokko, “The Laboratory of the Future”. Metrotopia is a segment of the Architecture Biennale collateral event that includes CityX, a swarm of virtual pavilions hovering above Venice showing the research work of architecture teachers from around the world, as well as a physical exhibition at Palazzo Ca Zenobio hosted by the New York Institute of Technology and presenting student works from many schools of architecture. Metrotopia will also contribute to the Chicago Architecture Biennial later this year.

ZHA principal Patrik Schumacher explains: “We have invited leading firms to feature their most future-oriented work inside Metrotopia. Some of us noted that recent Biennales diverged from presenting the major architectural designs of our time. Our idea therefore is to foreground architecture’s actual contribution to urban development, in its most advanced incarnations.”

Metrotopia Metaverse is multi-player virtual environment built with Unreal Engine 5, featuring spatial sound for realistic communicative interaction within a lifelike setting that allows the character and quality of designed objects and spaces to be faithfully visualized. Metrotopia’s technology partner and hosting platform is Mytaverse.

Aspiring to become a virtual city and creative culture-industry hub for the wider design ecosystem, Metrotopia brings together all design disciplines including urban design, architecture, interiors, furniture design, product design, fashion design, graphic design, plus related schools, galleries, museums, exhibitions, Design weeks, Biennales, awards and conferences, as well as related publishing houses, magazines and web-media.

Metrotopia’s first incubator building and an initial urban core has been designed by ZHA with intervisible spaces now available. More architects and interior designers will soon come together to create a diverse, multi-authored cityscape delivering the kind of co-location synergies we cherish in the most vibrant city districts.

Schumacher elaborates, “While we are transferring the technology developed by the gaming industry, Metrotopia leaves all associations with video-gaming behind. Our audience are creative professionals looking to expand their cultural communication, global reach and ways of displaying, networking and collaborating.

“While early adopters have been those in the ecosystem who are pioneering Web 3.0 via NFTs, or via metaverse designs, there can be no doubt that the metaverse as an immersive web that enables spatial browsing navigation, real-time multi-user interaction and crowd experiences will take off with everybody onboarding soon enough. Once adoption crosses a certain threshold irresistible network effects will be unleashed. Metrotopia stands ready to anticipate and embrace this moment.”

18 May virtual launch event within Metrotopia Metaverse:
• 17:00 – 18:00 CEST: Press Preview with contributors
• 18:00 – 19:00 CEST: Vernissage
• 19:00 – 21:00 CEST: Panel Discussion with editors and authors of ‘Five Critical Essays on the Crit’. Penny Lewis, Patrik Schumacher, Alex Cameron. Moderated by Austin Williams

RSVP to daniela@archagenda.com with your name and email address to register your attendance and receive your personal access link (required) to the 18 May virtual Press Preview within Metrotopia

19 May conversation at Palazzo Ca Zenobio, Venice:
• 14.00 – 15.00 CEST: Reinier de Graaf discusses his new book ‘architect, verb’ with Patrik Schumacher (this public event will be live-streamed to Metrotopia)

「METROTOPIA」Zaha Hadid Architects 公式サイト

https://www.zaha-hadid.com/2023/05/10/metrotopia-metaverse-launches-with-knowledge-transfer-virtual-exhibition-and-vernissage/

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

ザハ・ハディド・アーキテクツ 関連記事

FEATURE2023.02.01

流線形のデザインに託された未来のビジョン

ザハ・ハディド・アーキテクツが思い描く未来へ向けた建築5選
CULTURE2022.12.05

ザハ・ハディド・アーキテクツが提唱する"何も無駄にしない"未来の万博

すべてのパビリオンにモジュールシステムを採用し 終了後はすべての施設をウクライナ復興の資源にできる〈オデッサ万博2030〉
CULTURE2022.10.28

ザハ・ハディド・アーキテクツによる地層のようなスポーツセンター

日射量の分析からルーバーの構成を決定し構造体を最適化することで材料を最小限に抑えた〈杭州国際スポーツセンター〉
CULTURE2022.11.18

ザハ・ハディド・アーキテクツによる 帆のような膜が外壁と一体化するスタジアム

席数を縮小しカタールワールドカップ終了後の運用にも適応する〈アル・ジャヌーブ・スタジアム〉
CULTURE2022.01.18

3Dプリント×石積みの橋が示す建築の未来

ザハ・ハディド・アーキテクツが設計したサステナブルな床システムを用いた歩道橋〈Striatus〉

メタバース 関連記事

CULTURE2022.06.13

国家のバーチャルな分身としてのメタバース

ザハ・ハディド・アーキテクツが設計した現実とリンクする仮想空間〈リベルランド・メタバース〉
BUSINESS2022.07.13

サイバーエージェントが"メタバースアーキテクチャラボ"を設立

隈研吾氏を顧問に迎え、メタバース空間のバーチャル建築物や空間デザインを研究・企画・制作する組織体制を強化
BUSINESS2022.09.06

モスバーガーが“月面“に出店!?

メタバース上に初の仮想店舗「モスバーガー ON THE MOON」9/14オープン
BUSINESS2022.02.22

メタバースサービス基盤「MiraVerse®(ミラバース)」

凸版印刷がビジネス向けに構築、2022年4月より提供開始
BUSINESS2022.01.12

建築メタバースで未来をデザイン

ビジネス向けVR空間共有プラットフォーム「comony」が建築特化型メタバースのティザーサイトを公開

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • ザハが手がける クリエイターをつなぐメタバース!世界の名だたる建築スタジオの作品が集結したデジタル空間〈METROTOPIA〉
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ