CULTURE

“峡谷“空間でアメリカを味わうパビリオン

トレイハン・アーキテクツによる 2025年大阪・関西万博の〈アメリカパビリオン〉

CULTURE2024.02.02

開催まであと436日に迫った、2025年4月13日より大阪で開催される日本国際博覧会(2025年大阪・関西万博)に向け、〈アメリカパビリオン〉のデザインが発表されました。

三角形の平面をもつ2棟の建物とその間に配された、吊り下げ式の大きなキューブで構成された建築です。2棟の内側に向くファサードにはそれぞれ大型LEDスクリーンがあり、そこにアメリカを象徴するイメージやムービーが映し出され、「峡谷」のような空間をつくり出します。アメリカ、ニューオーリンズを拠点に活動するトレイハン・アーキテクツ(Trahan Architects)が設計しました。

(以下、U.S. EMBASSY & CONSULATES IN JAPANから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

2025年大阪・関西万博〈アメリカパビリオン〉

© Trahan Architects

ラーム・エマニュエル駐日米国大使は1月31日、2025年大阪・関西万博に出展する〈アメリカパビリオン〉のデザインを発表した。自見はなこ国際博覧会担当大臣、そしてパビリオンを設計したトレイ・トレイハン(Trey Trahan)が同席する中で大使は次のように語った。

「米国は、この斬新なパビリオンで大阪・関西万博に参加できることを誇りに思う。「Imagine What We Can Create Together(共に創出できることを想像しよう)」をテーマに掲げた〈アメリカパビリオン〉では、来場者が人類の英知を前進させる未来を思い描けるような場所を提供する。万博には2,800万人が訪れると見込まれており、その1人1人に我々のパビリオンで最高の米国を体験していただきたい。」

2025年大阪・関西万博〈アメリカパビリオン〉

© Trahan Architects

パビリオンは、「わび・さび」から着想を得た木製のファサードと三角形の平面をもつ2棟の建物で構成されており、棟の間にはライトアップされた吊り下げ式のキューブが配置されている。

米国の象徴的な画像や名所の映像が流れる2面の大型LEDスクリーンは、「峡谷」のような空間をつくり出し、万博の参加者を米国探検へといざなう。

2025年大阪・関西万博〈アメリカパビリオン〉

© Trahan Architects

キューブの照明は夕方になると柔らかな光へと変わり、LEDスクリーンには音楽や、料理・名所の映像が流れ、来場者を米国旅行へと誘う。キューブの下をくぐりぬけると、開放感に包まれた美しい中庭が広がり、わくわくするパフォーマンスが行われるステージが設置されている。

全米各地を代表するミュージシャン、ダンサー、アーティスト、スピーカー、シェフたちが、何百万人もの来場者に学びやエンターテインメント、インスピレーションを提供する。

2025年大阪・関西万博〈アメリカパビリオン〉

© Trahan Architects

パビリオンでは、アメリカの郷土料理が提供され、本格的な小売店も出店する。音楽パフォーマンスや文化イベントを堪能した後には、米国原産の草花が植えられたアメリカン・ガーデンを散策することができる。

パビリオンの斬新なデザインは、人類が共に、そして創造力をもって前進していくことを意味するテーマ「Imagine What We Can Create Together(共に創出できることを想像しよう)」を補完するものである。交流、協力、成長を促すことで、持続可能な社会、宇宙探査、教育、起業家精神の発展に米国も共に取り組んでいくことを目指している。

2025年大阪・関西万博〈アメリカパビリオン〉

© Trahan Architects

2025年大阪・関西万博〈アメリカパビリオン〉

© Trahan Architects

2025年大阪・関西万博〈アメリカパビリオン〉

© Trahan Architects

2025年大阪・関西万博〈アメリカパビリオン〉

© Trahan Architects

2025年大阪・関西万博〈アメリカパビリオン〉

© Trahan Architects

2025年大阪・関西万博〈アメリカパビリオン〉

© Trahan Architects

2025年大阪・関西万博〈アメリカパビリオン〉

© Trahan Architects

以下、U.S. EMBASSY & CONSULATES IN JAPANのリリース(英文)です。

Ambassador Rahm Emanuel revealed on January 31 the design of the USA pavilion for Expo 2025 Osaka. Joined by Minister for World Expo 2025, Jimi Hanako, and pavilion architect, Trey Trahan, Ambassador Emanuel said, “The United States is proud to participate in Expo 2025 with this innovative pavilion, that together with our theme of ‘Imagine What We Can Create Together,’ invites visitors to envision a future that advances the very best of humanity. Twenty-eight million visitors are expected, and we want every one of them to come through the USA pavilion that will show the best of America.

The striking wabi-sabi inspired exterior of the USA Pavilion consists of two triangular buildings with wooden facades, juxtaposed by an illuminated, suspended cube. Two large LED screens projecting iconic images and landmarks from the United States of America form a “canyon,” welcoming Expo attendees to visit and explore the USA.

The Pavilion cube exudes a soft glow in the evening, and the LED screens invite visitors to listen, taste, and explore. As visitors pass under the cube, they will enter a beautiful open-air courtyard with an electrifying performance stage. Musicians, dancers, artists, speakers, and chefs representing various regions throughout the United States will provide education, entertainment, and inspiration to millions of visitors. The Pavilion will also offer regional American cuisines and an authentic retail experience. After watching a musical or cultural performance, visitors may explore the American garden comprised of plants, grasses, and flora native to the United States.

The innovative pavilion design complements the USA Pavilion theme “Imagine What We Can Create Together” which empowers humanity to make advances collectively and creatively — joining the United States in our efforts to develop advances in sustainability, space exploration, education, and entrepreneurship by encouraging exchange, collaboration and growth.

The State Department selected ES Global Inc., a global firm specializing in the planning, construction, and dismantling of temporary structures for cultural events, to design and build the USA Pavilion. ES Global partnered with New Orleans-based, Trahan Architects, to develop the innovative design of the building and Alchemy for project management. ES Global also partnered with Los Angeles-based, BRC Imagination Arts, an experiential planning and design firm, to develop immersive exhibits and storytelling allowing visitors to envision themselves studying at U.S. universities, touring various parts of the United States, appreciating our nation’s natural beauty, and joining us for an exciting journey back to the moon as well as exploration of other galaxies. Additional details regarding the exhibition and programming will be released at a later date.

Expo 2025 Osaka will open on April 13, 2025, and is expected to receive almost 30 million visitors over the course of its six-month duration. World Expos, also known in the U.S. as World’s Fairs, are historic opportunities to showcase American values, enterprise, culture, and global leadership and to work with international partners to tackle shared global challenges.

「USA Pavilion Design for Expo 2025 Osaka」U.S. EMBASSY & CONSULATES IN JAPAN 公式サイト

https://jp.usembassy.gov/ambassador-debuts-usa-pavilion-design-for-expo-2025-osaka/

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

2025年大阪・関西万博 Topics

FEATURE2022.07.18

「2025年大阪・関西万博」カウントダウン!

注目のパビリオンなど建築・デザインの最新情報まとめ、随時更新
CULTURE2023.11.30

大阪に現れるサウジアラビアの街を感じる空間

フォスター アンド パートナーズによる 2025年大阪・関西万博の〈サウジアラビア王国パビリオン〉
CULTURE2024.01.23

自然をひと続きの物語で見せるパビリオン

人と他の生物との新たな関わり方を暗示する 2025年大阪・関西万博の〈フランスパビリオン〉
CULTURE2022.07.18

永山祐子氏がパナソニックのパビリオン「ノモの国」を設計

2025年大阪・関西万博 民間パビリオン ニュース
CULTURE2023.06.17

2025年大阪・関西万博〈スイス パビリオン〉概要

ETFE膜構造の最軽量パビリオン、エコロジカルフットプリント(資源消費)も最小で建設
CULTURE2023.06.11

2025年大阪・関西万博〈オランダ パビリオン〉概要

クリーンエネルギーの幕開けを"太陽"と"水"で表現したデザイン

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • “峡谷“空間でアメリカを味わうパビリオン、トレイハン・アーキテクツによる〈アメリカパビリオン〉2025年大阪・関西万博
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ