FEATURE
「2025年大阪・関西万博」カウントダウン!
民間パビリオン、シグネチャーパビリオンほか最新情報
FEATURE2022.07.18

「2025年大阪・関西万博」カウントダウン!

注目のパビリオンなど建築・デザインの最新情報まとめ、随時更新

開催まであと1000日!(2022年7月18日初掲)

2025年4月13日から10月13日までの日程で、大阪市此花区にある人工島・夢洲(ゆめしま)にて、「2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)」が開催されます。

「いのち輝く未来社会のデザイン」を大きなテーマに掲げ、未来社会の実験場(People’s Living Lab)として、184日間にわたる展示や、準備期間を含めた各種情報発信やイベントなどを通じて、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献するとともに、日本の産業・文化の発展を目指しています。

2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)夢島 鳥瞰イメージ

「2025年大阪・関西万博」会場 夢洲 鳥瞰イメージ 夕景(2022年7月13日時点) 提供:2025年日本国際博覧会協会

2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)開催概要

テーマ:「いのち輝く未来社会のデザイン DESIGNING FUTURE SOCIETY FOR OUR LIVES」
サブテーマ:Saving Lives(いのちを救う)/ Empowering Lives(いのちに力を与える)/ Connecting Lives(いのちをつなぐ)
コンセプト:People’s Living Lab(未来社会の実験場)
5つの基本計画
1.海と空を感じられる会場
2.世界中の「いのち輝く未来」が集う万博
3.未来の技術と社会システムが見える万博
4.本格的なエンターテインメントを楽しめる万博
5.快適、安全安心、持続可能性に取り組む万博

会場デザインプロデューサー:藤本壮介(建築家、藤本壮介建築設計事務所代表)
会場運営プロデューサー:石川 勝(プランナー、プロデューサー、シンク・コミュニケーションズ代表取締役)

日程:2025年4月13日(日)〜10月13日(月)/ 184日間
会場:大阪府大阪市此花区「夢洲(ゆめしま)」
想定来場者数:約2,820万人
実施主体:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会
「2025年大阪・関西万博」公式サイトhttps://www.expo2025.or.jp

2025年大阪・関西万博 ロゴマーク

本日7月18日に「2025年大阪・関西万博」の開幕まで1,000日前となりました。
『TECTURE MAG』ではこれまで、建築・デザインに関する主要なニュースをトピックスで取り上げてきました。
本稿は、これまでのニュースをまとめたインデックスページです。今後も随時、情報を更新していきます。

民間パビリオン

・パナソニックグループパビリオン「ノモの国」/ 設計:永山祐子建築設計(2022年7月18日発表 /『TECTURE MAG』ニュース掲載)

民間パビリオン 出展者リスト

民間パビリオンの出展者は、13の企業・団体が2022年2月10日に内定。
5月30日に各社による構想概要が発表されています。

民間パビリオン出展者(50音順)
・飯田グループホールディングス
・一般社団法人大阪外食産業協会
・住友 EXPO2025 推進委員会
・特定非営利活動法人ゼリ・ジャパン
・玉山デジタルテック
・電気事業連合会
・一般社団法人日本ガス協会
・日本電信電話
・バンダイナムコホールディングス
・パソナグループ
・パナソニック
・三菱大阪・関西万博総合委員会
・吉本興業ホールディングス

2025年大阪・関西万博 民間パビリオン配置図

民間パビリオン 会場配置図

企業・団体等による大阪・関西万博「パビリオン出展」参加者が内定(2022年2月10日)
https://www.expo2025.or.jp/news/news-20220210/

大阪・関西万博 民間パビリオン出展者が構想概要を発表(2022年5月30日)
https://www.expo2025.or.jp/news/news-20220530-03/

シグネチャーパビリオン

テーマ事業「いのちの輝きプロジェクト」では、以下の8つのテーマが設定され、落合陽一氏ら各界のトップランナー8人がプロデューサーを務めます。

2025年大阪・関西万博 シグネチャーパビリオン

8つのシグネチャーパビリオンそれぞれでプロデューサーを務める8氏

8氏それぞれの哲学から語り深める、創造力を主体とした事業構築手法(クリエイティブ・ドリブン)により、8つの「シグネチャーパビリオン」や「シグネチャーイベント」が、リアル会場とバーチャル会場で展開される予定とのこと。

“テーマ”&〈パビリオン名〉&プロデューサー
・”いのちを知る”〈いのち動的平衡 I am You〉福岡伸一(生物学者、青山学院大学教授)
・”いのちを育む”〈LIVE EARTH × SPACE LIFE〉河森正治(アニメーション監督、メカニックデザイナー)
・”いのちを守る”〈いのちのあかし〉河瀨直美(映画監督)
“いのちをつむぐ”〈EARTH MART〉小山薫堂(放送作家、脚本家)
“いのちを拡げる”〈いのちの未来〉石黒 浩(大阪大学教授、ATR石黒浩特別研究所客員所長)
“いのちを高める”〈いのちの遊び場 クラゲ館〉中島さち子(音楽家、数学研究者、STEAM教育家)
“いのちを磨く”〈null²〉落合陽一(メディアアーティスト)
“いのちを響き合わせる”〈Co-being〉宮田裕章(慶応義塾大学教授、飛騨高山大学[仮称]学長候補)

大阪・関西万博テーマ事業「いのちの輝きプロジェクト」基本計画策定(2022年4月18日)
https://www.expo2025.or.jp/news/news-20220418-02/

プロジェクト詳細
https://www.expo2025.or.jp/overview/project/

自治体館 / 大阪パビリオン


地元・大阪もパビリオンを建設。名称を「大阪ヘルスケアパビリオン Nest for Reborn」とすることが、2025年日本国際博覧会大阪パビリオン推進委員会より7月15日に発表されました。

出展テーマは「REBORN」。”「人」は生まれ変われる”、”新たな一歩を踏み出す”という意味が込められています。

企画・推進:2025年日本国際博覧会大阪パビリオン推進委員会
実行組織(上記委員会より存続・新設):一般社団法人2025年日本国際博覧会大阪パビリオン
総合プロデューサー:森下竜一(大阪大学教授)
クリエイティブディレクション:Whatever Inc.
設計・デザイン:東畑建築事務所

大阪パビリオン建築基本設計概要
平面計画は、楕円の平面が有機的に重なり合う構成とし、各展示エリアをゆるやかなス ロープによって連続させ、ひとつながりの回遊性を生み出すなど、ユニバーサルデザインを 積極的に進めます。楕円はたまご、らせん階段はDNAから着想しています。

敷地面積:10,500m²
建物構成:本館棟(鉄骨造・木造、2階建)/ ミライのエンター テインメント棟(鉄骨造、平屋)/ バックヤード棟(鉄骨造、2階建)

自然を感じる環境共生建築
屋根のトラス材などに積極的に木を活用した木とスチールのハイブリッド建築とするなど、 脱炭素社会の実現に向けた建築を提案します。 屋根からは自然光がこぼれ落ち、頂部から風を抜くことで、建物内にいながらも風を感じ ることができます。水が屋根を流れ、アトリウムは、水の中にいるような幻想的な空間とし、 光、風、水に包まれた環境共生建築を体験することができます。(2022年6月17日大阪府報道資料より)


#2025年日本国際博覧会大阪パビリオン推進委員会YouTubeチャンネル
「大阪パビリオン建物外観動画 2025年日本国際博覧会大阪パビリオン推進委員会(令和4年6月17日)」(2022/06/22)

「大阪パビリオン」特設サイト
https://2025osaka-pavilion.jp/

大屋根(リング)は世界最大級の木造建築

「2025年大阪・関西万博」のシンボルとなる大屋根(リング)のデザインは、会場デザインプロデューサーを務める建築家の藤本壮介氏によるもの。2022年7月13日に最新パースが公開されています。

2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)大屋根(リング)イメージ 提供:2025年日本国際博覧会協会

2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)大屋根(リング)外観 イメージパース(2022年7月時点) 提供:2025年日本国際博覧会協会

『TECTURE MAG』2022年7月13日掲載
2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)ニュース
藤本壮介がデザインした大屋根(リング)の最新パースと万博会場内配置図を公開
https://mag.tecture.jp/culture/20220713-expo2025/

迎賓館・大催事場・小催事場


上記・万博テーマ展示の「シグネチャーパビリオン」と「民間パビリオン」のほか、迎賓館・大催事場・小催事場も建設されます。
これらの施設は、藤本壮介、佐藤可士和、妹島和世の3氏が審査員を務めたコンペティションにより、それぞれの基本設計者(最優秀提案事業者)が選出されています。

2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)施設コンペ

評価委員(左から、敬称略):藤本壮介、佐藤可士和、妹島和世(妹島氏近影 ©︎Aiko Suzuki)

迎賓館:日建設計 大阪オフィス
大催事場:伊東豊雄建築設計事務所
小催事場:安井・平田設計共同企業体

『TECTURE MAG』2021年11月18日審査結果掲載
https://mag.tecture.jp/event/20210731-35178/

20施設の設計はプロポーザルで決定、20組の若手建築家を選出


会場内の休憩所(全4棟)、ギャラリー(全1棟)、展示施設(全1棟)、ポップアップステージ(全4棟)、サテライトスタジオ(全2棟)、トイレ(全8棟)の計20施設は、プロポーザルで設計者を選出しています(2022年8月8日プレスリリース)。

「2025年日本国際博覧会 休憩所他 設計業務」
審査方法:一次審査(書類審査)、二次審査(ヒアリング審査)
評価委員:平田晃久、藤本壮介、吉村靖孝
応募事業数:256事業者

2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)会場内MAP

20施設の配置図(提供:2025年日本国際博覧会大阪パビリオン推進委員会)

休憩所1:大西麻貴+百田有希/o+h
休憩所2:工藤浩平建築設計事務所
休憩所3:山田紗子建築設計事務所
休憩所4:Schenk Hattori + Niimori Jamison 服部大祐、新森雄大
ギャラリー:teco 金野千恵
展示施設:KOMPAS JAPAN 小室 舞
ポップアップステージ(東):KIRI ARCHITECTS 桐 圭佑
ポップアップステージ(西):三井嶺建築設計事務所
ポップアップステージ(南):萬代基介建築設計事務所
ポップアップステージ(北):axonometric 佐々木 慧
サテライトスタジオ(東):ナノメートルアーキテクチャー 野中あつみ
サテライトスタジオ(西):佐藤研吾建築設計事務所
トイレ1 :GROUP 棗田久美子
トイレ2 :Studio mikke 小林広美
トイレ3:小俣裕亮建築設計事務所 小俣裕亮
トイレ4:浜田晶則建築設計事務所 AHA
トイレ5:米澤隆建築設計事務所
トイレ6:KUMA&ELSA 隈 翔平
トイレ7:HIGASHIYAMA STUDIO + farm + NOD 鈴木淳平、村部 塁、溝端友輔
トイレ8:斎藤信吾建築設計事務所

募集概要・詳細
https://mag.tecture.jp/event/20220316-55116/

「2025年大阪・関西万博」建築・デザイン関連の主なスケジュール
2018年11月23日 2025年万博 開催国が日本に決定
2020年7月13日 会場デザインプロデューサー、会場運営プロデューサー、テーマ事業プロデューサー決定
2020年8月25日 公式ロゴマーク決定
2020年12月25日 会場マスタープラン発表
2021年7月30日 迎賓館・大催事場・小催事場の基本設計者を公募
2022年3月22日 公式キャラクターデザイン決定
2022年4月18日 テーマ事業「いのちの輝きプロジェクト」基本計画策定
2022年5月30日 民間パビリオン出展者が構想概要を発表
2022年7月13日 大屋根(リング)の新パース図を発表
2022年7月18日 開幕1000日前、公式キャラクター愛称(ミャクミャク)発表

2025年大阪・関西万博 公式キャラクター

2025年大阪・関西万博 公式キャラクター「ミャクミャク(英語表記:MYAKU-MYAKU)」

『TECTURE MAG』では、パビリオンや各施設のビジュアルなど、建築・デザインに関する情報が公表され次第、本稿に順次追加、ニュースも掲載していく予定です。

2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)公式ウェブサイト
https://www.expo2025.or.jp/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

「2025年大阪・関西万博」TOPICS

CULTURE2020.07.13

藤本壮介氏が「大阪・関西万博」会場デザインプロデューサーに就任

各テーマ事業のプロデューサーは福岡伸一、落合陽一ら8名を発表 Sou Fujimoto ©David Vintiner
COMPETITION & EVENT2020.12.25

2025年「大阪・関西万博」マスタープラン発表

会場デザインプロデューサーを務める藤本壮介氏によるデザイン
CULTURE2022.07.13

2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)ニュース

藤本壮介がデザインした大屋根(リング)の最新パースと万博会場内配置図を公開

民間パビリオン TOPICS

CULTURE2022.07.18

「2025年大阪・関西万博」建築関連ニュース

永山祐子氏がパナソニックのパビリオン「ノモの国」を設計

シグネチャー パビリオン TOPICS

CULTURE2021.12.24

落合陽一「いのちを磨く」パビリオンの製作チームが法人設立

大阪・関西万博へ向け、noiz architects、WOWらが参画する(一社)計算機と自然

「2025年大阪・関西万博」関連コンペティション

COMPETITION & EVENT2021.07.31

【審査結果】大阪・関西万博が迎賓館・大催事場・小催事場の各設計者を公募

審査を藤本壮介、妹島和世、佐藤可士和が担当 / 日建設計 大阪オフィス、伊東豊雄建築設計事務所、安井・平田設計共同企業体が最優秀に
COMPETITION & EVENT2022.03.16

【審査結果】2025年日本国際博覧会 休憩所他 設計業務

会場内のトイレ、休憩所、ギャラリーなど20施設の設計者をプロポーザルで公募、若手建築家が対象

「ドバイ万博」TOPICS

COMPETITION & EVENT2021.07.20

ドバイ万博「EXPO2020」まであと73日、公式チケット7/18より販売中

アンリアレイジが日本館のアテンダントコスチュームをデザイン!
FEATURE2021.12.13

2020年ドバイ国際博覧会 注目パビリオン10+1選

TECTURE MAG厳選 主要パビリオンを一挙に紹介!
  • TOP
  • FEATURE
  • まとめ記事
  • 2025年大阪・関西万博 カウントダウン! 注目のパビリオンなど建築・デザインの最新情報まとめ
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ