COMPETITION & EVENT

【終了】 9/5(土)角川武蔵野ミュージアム竣工記念対談|隈研吾×松岡正剛「石の超建築」を読み解く2つの対話

埼玉・東所沢市に2020年8月1日にプレオープンした、《角川武蔵野ミュージアム》にて開催中の竣工記念展「隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 − 石と木の超建築」関連イベントが開催されます。

図書、美術、博物の複合施設として現代における新たなミュージアム像を提案する施設を目指す同ミュージアムの館長である松岡正剛氏と、ミュージアムのデザイン監修を担当した隈研吾氏の対談です。両氏は共に同ミュージアムのボードメンバーでもあります。
テーマは、「ミュージアムと建築」と「方法のデザイン」。角川武蔵野ミュージアムの着想から設計、建造までの歩みを振り返りつつ、世界の人々の心をとらえる隈建築の魅力とそのデザインの本質に、松岡正剛館長が迫ります。

左:「本棚劇場」/ 右:角川武蔵野ミュージアム外観 ©︎角川武蔵野ミュージアム

角川武蔵野ミュージアム竣工記念対談|隈研吾×松岡正剛「石の超建築」を読み解く2つの対話

開催日:2020年9月5日(土)
タイムスケジュール
第一部「ミュージアムと建築」14:00-15:30(開場13:30)
第二部「方法とデザイン」16:30-18:00(開場16:00)
*COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大防止の観点から、2部構成・全席入替制での実施
登壇者:松岡正剛(編集工学者 / 角川武蔵野ミュージアム館⻑)、隈 研吾(建築家 / 隈研吾建築都市設計事務所主宰)
会場:ジャパンパビリオン ホールB (埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3 ところざわサクラタウン内)
入場料:各回2,000円(全席自由)
定員:各回90名
申込方法:会場公式ウェブサイトのイベント案内ページ「チケット購入」からチケットを予約・購入

角川武蔵野ミュージアム公式ウェブサイト https://kadcul.com/


【TECTURE MAG】(2020/08/05)
内覧会Report: 隈研吾最新作〈角川武蔵野ミュージアム〉
https://mag.tecture.jp/culture/20200805-kadokawa-culture-museum/

【TECTURE MAG】(2020/07/28)
開館までの舞台裏を追った関係者インタビュー公開!隈研吾デザイン監修〈角川武蔵野ミュージアム〉まもなくプレオープン
https://mag.tecture.jp/culture/20200728-9030/

【TECTURE MAG】(2020/07/12)
角川武蔵野ミュージアム竣工記念展「隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 ― 石と木の超建築」
https://mag.tecture.jp/event/20200712-9039/

  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • TALK EVENT
  • 9/5(土)角川武蔵野ミュージアム竣工記念対談|隈研吾×松岡正剛「石の超建築」を読み解く2つの対話