COMPETITION & EVENT

メディア変革時代におけるデザインの役割を問う「VISUALIZE」開催概要を日本デザインセンターが発表

株式会社日本デザインセンター(Nippon Design Center, Inc. / 代表取締役社長 原研哉)は、2020年9月7日(月)から2021年3月14日(日)まで、メディア変革時代におけるデザインの役割について、本質を可視化する「VISUALIZE(ヴィジュアライズ)」という視座から問い直すイベント「VISUALIZE 60」の開催概要を先ごろ発表しました。

「VISUALIZE 60」は、主に4つの展覧会を中心としたコンテンツから構成。創立60年を経た日本デザインセンターの実践と構想の一端である60のプロジェクトを通して「VISUALIZE」を紹介し、その考え方を皆さまと共有するものです。(en)

全体スケジュール(予定)

「VISUALIZE 60」オフィシャルWebサイト開設・SNS配信開始
開設日:2020年9月7日(月)
11月10日から開催する展覧会「VISUALIZE 60」に向けて、随時コンテンツの充実を図り、情報を発信。会期中は、原 研哉、色部義昭、大黒大悟、三澤遥によるVISUALIZEをめぐる対話をはじめ、ポッドキャスト等のオンラインイベントも開催予定。
https://visualize60.ndc.co.jp

第767回デザインギャラリー1953企画展「VISUALIZE なるほど/だったりしてのデザイン」
会期:2020年9月16日(水)〜10月12日(月)
会場:松屋銀座7階デザインギャラリー1953
開場時間:10:00-20:00(最終日17:00閉場)※一部開場時間が変更になる日あり
主催:日本デザインコミッティー
展覧会概要
VISUALIZEの入り口となる展覧会。「なるほど、そうだったのか」「もしかしたら、こうだったりして」をカタチにした6プロジェクトを通じて、VISUALIZEというデザインの捉え方に触れてもらう場。展示では、プロジェクトの本質へと導く「トビラ絵」が、来場者のVISUALIZE体験をナビゲートする。入場無料。
展示作品数:無印良品 企業広告 気持ちいいのはなぜだろう。/ Osaka Metro / TAKAO 599 MUSEUM /
AI図鑑アプリ“LINNÉ LENS”/ テキストエディタ“stone” / 山のアプリの構想“MOUNTONE”
関連イベント
会期中、「VISUALIZE」をテーマとしたオンライントークイベントのライブ配信(計2回)を予定。詳細は決まり次第、「VISUALIZE 60」オフィシャルウェブサイトおよびSNSにて発表。

展覧会「VISUALIZE 60 Vol.1」
会期:2020年11月10日(火)〜12月18日(金)
会場:POLYLOGUE(日本デザインセンター東京本社13階)

書籍『VISUALIZE 60』刊行
刊行予定日:2020年11月10日(火)

展覧会「VISUALIZE 60 Vol.2」
会期:2021年1月12日(火)〜2月19日(金)
会場:POLYLOGUE(日本デザインセンター東京本社13階)

企画展示「VISUALIZE 60のトビラ絵展(仮)」
会期:2021年3月2日(火)〜3月14日(日)
会場:森岡書店 銀座店

 

代表取締役社長 原研哉より皆さまへ

イノベーションの連鎖により、かつてないスピードで新たなサービスやビジネスが産み落とされる時代となり、デザインやクリエイションに求められる役割が変わってきました。
ブランドイメージや製品の魅力を理想的に表現するのみならず、ものやことに潜在する価値や、産み出されるサービスの本質、あるいは、新しい産業やそこに潜んでいる可能性を見極め、わかりやすく可視化する力が求められています。私たち日本デザインセンターはこれを「VISUALIZE」という言葉に集約してみます。

人工知能はどのようなサービスやシステムを世の中に提供するのか、そこにどのような幸福や喜びが生みだされてるのか、あるいは、伝統や文化によって蓄えられてきた技や美意識がいかなる価値を持つ資源として、未来に開花していくのか・・・。企業やブランドが新たな商品やサービスを構想し、それによってもたらされる豊かさや心地よさを訴求していく局面で、VISUALIZEは不可欠であり、専門家の担う役割も重要になります。デザインやクリエイションの守備範囲も、環境、空間、Web、映像、編集、プロダクト、UX、インタラクションなど多彩な領域を横断・融合して拡がりはじめています。

「VISUALIZE 60」は、60年間の仕事を反芻しながら、新たな領域全てを視野に入れつつ進行している現在の仕事や構想中のプロジェクトを通して、未来を見通し、日本デザインセンターを捉え直す試みです。VISUALIZEというクリエイション、そして私たちのこれからについて、皆さまと共有できれば幸いです。

開催にあたり寄せられたメッセージ 株式会社Takram 代表取締役 田川欣哉氏

60という数は、時計が一回りする数でもある。多くの才能によるデザインの営みが、ひとつのらせんを描いて、なめらかに未来へとつながる。「VISUALIZE 60」は「0」をまたぐ時計の針のようだ。深化と進化がオーバラップする。日本デザインセンターの意思はこの瞬間、重厚で軽やか、オーセンティックで新鮮だ。

日本デザインセンター:

1959年創業のデザインプロダクション。日本のデザインの発展と質的水準の向上を図る組織として、亀倉雄策、原弘、山城隆一、永井一正、梶 祐輔らのクリエイターにより創立。現在は、グラフィックにとどまらず、空間、プロダクト、Web、映像など、多様な領域を横断してデザイン・クリエーションの守備範囲を拡張。
「本質を見極め、可視化する」VISUALIZEという技術により、最高の経営資源の形成に寄与することを志向している。
https://www.ndc.co.jp/
SNSオフィシャルアカウント
Instagram @nippondesigncenter
YouTube NipponDesignCenter
Twitter @ndccojp
Facebook @NDCcojp