COMPETITION & EVENT

伊東建築塾が10代向けのクリエイティヴスクール「GAKU」にて、中高生の作品展示&トークイベントを開催

渋谷PARCO(パルコ)9階にある、10代向けクリエイティヴスクール「GAKU」にて、新しい建築教育を進める「伊東建築塾」(塾長:伊東豊雄 / 建築家)による、中高生による作品の展示会と、これからの建築教育を考えるトークイベントが開催されます。

小学生の子どもたちに対する絵画や音楽のジャンルのスクールは、ごく日常的に行われていますが、建築のスクールは、日本ではほとんど例がありません。しかし欧米では、小学校のカリキュラムにも「建築」が組み込まれていることも珍しくありません。
そうした現状に対して、「伊東建築塾」では「子ども建築塾」を開講し、2011年より小学校高学年の子どもたちを対象に、建築やまちを学ぶ機会を提供しています。2020年からは渋谷PARCOの「GAKU」にて、中高生向けのワークショップをスタートし、子どもたちへ「建築」に纏わる知識を深める活動を推進しています。

伊東建築塾×渋谷パルコ「GAKU」

今回の作品展示会は、全10回のワークショップの様子や作品を、作者である子どもたちが披露することを通して、中高生の発表の機会をつくるとともに、これからの教育や建築のあり方を考える場とする考えです。

また、展示会初日には、建築教育をテーマにしたトークイベントも開催されます。
登壇者は、「伊東建築塾」塾長の伊東豊雄、今回の中高生向けのワークショップの講師を務めた家具デザイナーの藤森泰司、「子ども建築塾」の講師である建築家の太田浩史、「GAKU」で建築のクラス「Town Play Studies」を開催している建築家の海法 圭の4氏。それぞれの立場から、10代の想像力を育む、これからの教育のあり方について議論を行う予定です。(en)

伊東建築塾「自分の興味をカタチにする」作品展示会

期間:2021年3月7日(日)〜12日(金)11:00-17:00
会場:渋谷PARCO 9階 GAKU
入場:無料(感染症対策のため入場制限をする場合あり)
内容:中高生の家具デザインモックアップと活動の様子
*作品のうち1部は実際に制作し「GAKU」に設置される

トークイベント「10代の想像力を育む、これからの建築教育を考える」

日時:2021年3月7日(日)14:00-17:00
会場:渋谷PARCO 9階「GAKU」
登壇(敬称略):伊東豊雄(建築家)、藤森泰司(家具デザイナー)、太田浩史(建築家)、海法 圭(建築家)
参加方法
1) オフライン定員:15名(GAKU公式ウェブサイトより要事前申し込み・先着順に受付)
参加費:無料
https://gaku.school/news/ito-juku_exhibition
2) オンライン:当日の様子をライブ配信予定(GAKU公式サイトより要事前申し込み)
聴講費:無料

伊東建築塾ロゴ

伊東建築塾とは
建築家・伊東豊雄が塾長を務める、これからの建築を考えるための新しい建築教育の場として2011年より活動を開始。恵比寿にある伊東建築塾のスタジオでは、小学校高学年の児童を対象に、1年を通して建築やまちについて学ぶ「子ども建築塾」を開講している。中高生を対象にしたワークショップでは、発想力を伸ばすとともに、地域や環境など社会性のあるテーマに取り組む。
http://itojuku.or.jp/

Town Play Studiesとは
「遊び」を都市や空間へアクセスするための直接的な手段として捉え、まちに能動的に関わることから、これからの空間に対する感性、場に関わる積極性、公共性に対する問題意識など育むためのインタラクティブ・メディア・ラボ。
http://www.townplaystudies.com/

「GAKU(ガク)」とは
10代の若者たちがクリエイティヴの原点に出会うことができる「学び」の集積地。渋谷PARCO 9階にて、2020年9月の開校以来、ファッション、アート、音楽、デザイン、建築、映像など、様々なクリエイターと連携したクラスを展開。クラスの空き時間には、10代専用の自習室として無料で開放。その他、podcast「ガクジン」も配信中。
ディレクター:山縣良和 / writtenafterwards
https://gaku.school/

展覧会&トークイベント詳細
https://gaku.school/news/ito-juku_exhibition

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • SCHOOL
  • 伊東建築塾が10代向けのクリエイティヴスクール「GAKU」にて、中高生の作品展示&トークイベントを開催