COMPETITION & EVENT

展覧会「日本の映画館」

建築としての変遷も含めて日本の映画館の歴史を辿り、観客の映画史に迫る企画展

日本の映画館の歴史を辿り、観客の映画史に迫る企画展が、東京・京橋の国立映画アーカイブにて開催されます。

いま全国の映画館は、1カ所に多くのスクリーンを持ち、効率的経営を行うシネマコンプレックス(シネコン)が主流となり、映画が”娯楽の王”だった時代に建てられた豪勢な大型劇場や、どの都市の街角にもあった小さな映画館など、その多くは姿を消してしまいました。東京・浅草に日本初の映画常設館が誕生してから120年近く経ちますが、その間、私たちはどんな空間で映画を楽しんできたのでしょうか。

「映画館で映画を見る」という何げない行為も、震災、戦争、復興、経済成長、さらには昨今のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)のような疫病の流行といった社会情勢や、人々のライフスタイルや暮らしのモードの変化とともに移り変わってきました。

この展覧会では、映画館の写真、プログラム、雑誌・書籍、実際に映画館で使われた品々などを通して、映画館の誕生、映画興行の発展期からミニシアターの時代まで、シネマコンプレックス登場以前の日本の「観客の映画史」に迫ります。
とりわけ、往年の貴重な興行資料を軸に、2つの大都市(川崎・北九州)の例を通して、映画館と人々のかかわりを示すとともに、建築としての映画館の変遷や、人の目に触れにくいフィルムの映写という技能にも着目します。

見どころは、映画興行発展の象徴となった東京浅草六区、戦前期の映画館建築、劇場が発行したプログラム・雑誌、戦時下の映画館の状況、フィルム映写、大型劇場が開場した戦後の映画黄金期、映画館を飾った絵看板、日本各地の映画館、1980年代のミニシアターブーム、映画館をめぐる本といった多彩なトピックで、日本の映画館の歴史を辿ります。

本企画は、映画館に人々が集うことの意義を再び確認するとともに、映画の持つパワーを映画館という場所から捉え直す好機となるでしょう。

現時点で関連イベントの開催は未定。
5月18日は「国際博物館の日」につき、入場無料となります。

展覧会「日本の映画館」

英題:Movie Theatres in Japan)
会期:2022年4月12日(火)〜7月17日(日)
休室日:月曜、5月24日(火)〜5月27日(金)
開室時間:11:00-18:30(入室は18:00まで)
*毎月末の金曜のみ開室時間を20:00まで延長(入室は19:30まで)
会場:国立映画アーカイブ 7F展示室
所在地:東京都中央区京橋3丁目7-6(Google Map
料金:一般250円、大学生130円、
※65歳以上、高校生以下及び18歳未満、障害者(付添は原則1名まで)、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料
※割引を希望する学生、65歳以上、障害者、キャンパスメンバーズは入室の際、証明できるものを要提示
※5月18日「国際博物館の日」は無料

主催:国立映画アーカイブ
協力:チネチッタ、北九州市松永文庫
問合わせ先:050-5541-8600(ハローダイヤル)

詳細
https://www.nfaj.go.jp/exhibition/movietheatres2022

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

映画 / CINEMA トピックス

CULTURE2020.05.22
映画「プラド美術館 驚異のコレクション」7月24日公開決定、ノーマン・フォスターへのインタビューも収録
CULTURE2020.09.03
【予告編公開】ドキュメンタリー映画『建築と時間と妹島和世』10月公開、撮影・監督はホンマタカシ
CULTURE2021.01.31
小津安二郎へのオマージュ作品、建築愛に溢れた映画『コロンバス』がミニシアター系サブスクで配信開始
CULTURE2021.05.29
ヘッドフォン装着による映画鑑賞で防音壁も遮音扉も不要の〈シアターギルド代官山〉6/1オープン
COMPETITION & EVENT2021.09.19
渋谷スクランブルスクエア展望施設「SHIBUYA SKY」で映画鑑賞!「ROOFTOP “LIVE” THEATER」10月開催
CULTURE2022.01.11

歴史ある映画館を再生した荘厳なアップルストア

フォスター アンド パートナーズが設計した〈Apple Tower Theatre〉
COMPETITION & EVENT2022.01.24

「日韓ソ映画における団地イメージの変遷」

団地が果たした社会的役割を映画から読み解くウェビナー
CULTURE2022.01.25

下北沢のまちのラウンジ (tefu) lounge 開業

小田急線路跡地「下北線路街」における最後の開発エリア
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ