COMPETITION & EVENT

「Life in Art "TOKYO MODERNISM 2022"」

中原慎一郎と郷古隆洋が企画協力、ミッドセンチュリーのプロダクトが一堂に。〈MUJI HOTEL GINZA〉客室でのショー展示も

東京・銀座と丸の内の3つの会場にて、展示複合イベント「Life in Art “TOKYO MODERNISM 2022″」が開催されます。

ミッドセンチュリー期(1940-1960年代)のモダンデザインを中心に扱う、全国のヴィンテージショップやギャラリーが3つの会場に集結。それぞれの個性で選んだ家具などのプロダクトが展示され、一部で予約販売も行われるとのこと。

世界各地の優れたデザイナーたちが生み出したプロダクトには、それらが生まれた時代性が背景にあります。本イベントでは、それらのストーリーを紹介するとともに、優れた造形美や機能美だけでなく、絵画や彫刻のようなアートとしても楽しめる、魅力的な要素も紹介。”見立て”のおもしろさについても展示を通して提示されます。

主催は良品計画(IDÉE Life in Art プロジェクト事務局)[*]。企画協力者には、自身の活動の原点の1つに、ミッドセンチュリー期のデザインがあるという中原慎一郎氏(ランドスケーププロダクツ ファウンダー)と、黄金期のモダンデザインを広く伝えようと「MODERNISM SHOW」を開催してきた郷古隆洋(Swimsuit Department) の2氏が迎えられました。

海外では、アメリカ・マイアミの「Design Miami」や、ロサンゼルスの「Downtown Modernism」など、ミッドセンチュリーモダンや20世紀半ばに誕生したモダンデザインのエキシビションやマーケットが開催され、世界中からコレクターやマニアが詰めかけることで知られています。
その一方で、日本国内ではこれまで同様の趣旨の大規模イベントの開催はほぼ例がなく、今回が待望の開催となります。

イベントは3部構成で、ATELIER MUJI GINZA(無印良品 銀座 6F)でのエキシビションと、IDÉE TOKYO でのオークションが2月25日よりスタート(共に入場無料)。そして4月7日からは、銀座の〈MUJI HOTEL GINZA〉7-8F階の客室を舞台に、本イベントのメイン企画となる「Modernism Show」が展開されます(有料、予約制)。

Life in Art "TOKYO MODERNISM 2022"

エキシビション「Modernism Gallery」

会場:ATELIER MUJI GINZA
所在地:東京都中央区銀座3丁目3-5 無印良品 銀座 6F(Google Map
会期:2022年2月25日(金)〜4月10日(日)
営業時間:11:00-21:00(店舗営業時間に準じる)
注.COVID-19(新型コロナウイルス感染症)感染拡大防止のため、状況に応じて会期・イベントなどが変更になる場合あり(最新情報は「TOKYO MODERNISM 2022 」公式サイトにて随時発表

Life in Art "TOKYO MODERNISM 2022"

内容:全国にお店を構える、ミッドセンチュリー期を中心としたヴィンテージ家具やインテリアの素晴らしさを伝えるギャラリー、ショップのオーナーの逸品が出品される。その品に対する想いやデザイナーのストーリーを紹介。展示品は予約販売を予定。入場無料。
https://atelier.muji.com/jp/exhibition/4296/

エキシビジョン&オークション 参加予定者(敬称略):
田丸祥一(dieci代表)/ 南雲浩二郎(クリエイティブ ディレクター)/ 山田 遊 (バイヤー)/ 武末充敏(organ店主 )/ 築地雅人(ビオトープ代表「doinel」オーナー)/ 岡尾美代子(スタイリスト)/ 中原慎一郎(ランドスケーププロダクツ ファウンダー)/ 小山泰之(SNORK MODERN AND CONTEMPORARYバイヤー)/ 熊谷隆志(ディレクター)/ 窪川勝哉(インテリアスタイリスト)/ 松澤 剛(E&Y代表)/ 藤谷鉄弥(インテリアショップ経営)/ 永冨裕幸(NEW LIGHT POTTERY)/ 筒井啓仁(AXCIS,INC代表取締役社長)/ 石村由起子(空間プロデューサー、くるみの木代表)/ 村上雄一(CONTOUR店主)/ 森 一磨(LULLABY代表、バイヤー)/ 楳澤 茂(NICK WHITE Director / Buyer)/ 小林 恭+小林マナ(設計事務所ima、インテリアデザイナー)/ 大熊健郎(CLASKAディレクター)/ 冷水希三子(料理家)/ 沼田寛彦(Chickadee&HOME 代表)/ 吉田安成(ELEPHANT 店主)/ 郷古隆洋(Swimsuit Department代表)/ 村上 周(アーティスト)/ 荒井健次(Ph.D.)/ 柴田祐治(raum店主)/ 谷 俊介(on the shore 店主)/ 丸山達也(眼鏡屋ガラージュ店主)/ 山口太郎(北欧家具 TALO)/ 梨野雅揮(NOW代表)/ 保里正人(サンク代表、サムエル・ワルツ店主) / 泉 美貴子(PATINA)/ 福原進太郎(also オーナー)/ 大島忠智(IDÉEディレクター)ほか(2022年1月28日発表時点 計35組)

Life in Art "TOKYO MODERNISM 2022"

オークション「Modernism Auction #Chairs」

会場:IDÉE TOKYO
所在地:東京都千代田区丸の内1丁目9-1 JR東京駅構内グランスタB1F JR東日本東京駅改札内 グランスタ東京 B1F スクエアゼロエリア 48番(Google Map
会期:前期 2022年2月25日(金)〜3月16日(水)/ 後期 3月18日(金)〜4月10日(日)
営業時間:11:00-21:00(店舗営業時間に準じる)

Life in Art "TOKYO MODERNISM 2022"

内容:今回の“TOKYO MODERNISM 2022”に参加するショップオーナーや、クリエイターやアーティストが、愛着を持って使ってきたチェアを次へとつなげることを試みるオークション企画。入場無料。


Life in Art "TOKYO MODERNISM 2022"

ショー「Modernism Show」

会場:MUJI HOTEL GINZA
所在地:東京都中央区銀座3丁目3-5 6F(Google Map
会期:2022年4月7日(火)〜4月10日(日)
注.会期や時間の予定変更、またはイベントなどにより、展示品の一部を観覧できない日時が発生する場合あり

Life in Art "TOKYO MODERNISM 2022"

〈MUJI HOTEL GINZA〉客室での展示イメージ

内容:国内約30のギャラリーやヴィンテージショップが〈MUJI HOTEL GINZA〉7-8F階の客室を”店舗”として展開するスペシャルなショー。アメリカ、ブラジル、北欧、ヨーロッパ、日本を中心に、モダンデザインの名品が一堂に。購入も可。
入場方法:日時指定のチケット予約制(時間入れ替えあり)、開催日時と各日料金は以下の通り(消費税込)
4月7日(木)17:00-20:00 5,000円 *プレビュー
4月8日(金)、9日(土)11:00-20:00 3,000 円
4月10日(日)11:00-17:00 2,000円
チケット予約ページ
https://idee-lifeinart.peatix.com/

Life in Art "TOKYO MODERNISM 2022"

Life in Art "TOKYO MODERNISM 2022"

〈MUJI HOTEL GINZA〉内観

「Life in Art “TOKYO MODERNISM 2022″」開催概要

会期・会場:上記のとおり
主催:良品計画(IDÉE Life in Art プロジェクト事務局)
企画協力:中原慎一郎(ランドスケーププロダクツ ファウンダー)、郷古隆洋(Swimsuit Department 代表)
協力:UDS

*.Life in Art:日常芸術をテーマにした、IDÉEと無印良品によるアートプロジェクト名。「アートのある暮らし」を提案する。

Life in Art 公式ウェブサイト
https://www.idee-lifeinart.com/

公式Instagram @ideelifeinart
https://www.instagram.com/ideelifeinart/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

ミッドセンチュリー関連記事

FEATURE2021.10.01

「リノベる。」直伝! インテリアを整えるテクニック

Vol.1「フレンチミッドセンチュリーを極める」
COMPETITION & EVENT2021.08.19

展示・販売イベント「Chalet Haute」伊勢丹新宿店にて開催

シャルロット・ペリアン、ジョゼ・ザニーネ・カルダスらフレンチ&ブラジリアンミッドセンチュリーの家具が一堂に!

〈IDÉE TOKYO〉店舗概要

PRODUCT2020.08.03

イデーの新業態店舗〈IDÉE TOKYO〉

深澤直人氏キュレーション、東京駅エキナカにオープン

ATELIER MUJI GINZA アーカイブ

COMPETITION & EVENT2021.05.14

「長く生きる。 ウィンザーチェアの場合 展」

藤森泰司、DRILL DESIGNらによる《Windsor Department》 10年の活動を振り返る
  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • EVENT
  • ミッドセンチュリーのプロダクトが一堂に会する「Life in Art “TOKYO MODERNISM 2022″」企画協力:中原慎一郎、郷古隆洋
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ