COMPETITION & EVENT

「INTERSPACE FORUM」4/13開催

デジタル空間記述の体系化と拡張がもたらす未来とは?

東京大学生産技術研究所インタースペース研究センターの主催によるフォーラム「INTERSPACE FORUM~デジタル空間記述の体系化と拡張がもたらす未来~」が、4月13日に開催されます。

同センターは、デジタル空間記述、建築・都市空間、ゲームAI・ゲームエンジン、都市環境数理工学、マルチメディア通信、木質構造デザイン工学、IoTネットワーク、ブロックチェーンなど、各分野の専門家が集結し、次世代の汎用デジタル空間記述に関して、世界をリードする研究拠点として設立されました。
デジタルツイン化がもたらす福利を最大化すべく、サイバー空間とフィジカル空間の境界領域(インタースペース)に両空間の高度な連携の基盤を設計し、その体系化と社会への実装を目指します。

フォーラムでは、同センターの意義と将来展望を発信するため、インタースペースの実装領域と可能性を議論し、センターが担うべき役割と将来の展望について議論される予定です。
登壇者は、関連研究者として名を連ねている、野城智也、豊田啓介、関本義秀、瀬崎 薫、今井公太郎、本間裕大の各氏に加え、民間企業の研究者らも登壇・議論に参加します。

フォーラム「INTERSPACE FORUM~デジタル空間記述の体系化と拡張がもたらす未来~」

[プログラム]
13:00-13:10 開会挨拶
岡部 徹 (東京大学生産技術研究所)

13:10-13:15 ご挨拶
桂 憲司 (PwCコンサルティング合同会社)

13:15-13:45 基調講演1
「モノと情報が重なる共有領域=コモングラウンドとは何か
“インタースペース”体系化の重要性」
登壇者:豊田啓介(東京大学生産技術研究所)

13:50-14:20 基調講演2
「次世代空間記述におけるゲームエンジンの応用可能性」
登壇者:三宅陽一郎(スクウェア・エニックス)

14:30-15:30 パネルディスカッションl
「デジタル空間記述、価値化における実装可能性と展望」
パネリスト:
関本義秀(東京大学生産技術研究所)
今井公太郎(東京大学生産技術研究所)
本間健太郎(東京大学生産技術研究所)
馬渕邦美(PwCコンサルティング合同会社)

三宅陽一郎(スクウェア・エニックス)
施井泰平(スタートバーン)
豊田啓介(東京大学生産技術研究所)

15:35-16:35 パネルディスカッション2
「次世代汎用空間記述の産業応用可能性とユースケースの在り方」
パネリスト:
江崎 浩(東京大学大学院情報理工学系研究科)
瀬崎 薫(東京大学生産技術研究所)
本間裕大(東京大学生産技術研究所)
三治信一朗(PwCコンサルティング合同会社)
石澤 宰(竹中工務店)
野城智也(東京大学生産技術研究所)

16:35-16:40 閉会のご挨拶
野城智也(東京大学生産技術研究所)

開催日時:2022年4月13日 13:00-16:40
会場:オンライン(Zoom)およびオフライン
参加費:両会場とも無料

[オフライン会場]
東京大学生産技術研究所 An棟2階 コンベンションホール
所在地:東京都目黒区駒場4丁目6-1
定員:30名
COVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策のため、ロビーでもフォーラム内容を配信
会場アクセスhttps://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/access/

[オンライン会場]
配信方法:Zoom(事前申し込み不要)
https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/j/83406828719

主催・問合せ先:東京大学生産技術研究所 インタースペース研究センター

インタースペース研究センター
https://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/research/department_center/Interspace-Collaborative-Research-Center/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

デジタルツイン関連記事

BUSINESS2020.12.23
国交省が3D都市空間情報プラットフォーム・Project “PLATEAU”のティザーサイトをオープン
BUSINESS2021.03.27
都市空間をサイバー空間に再現する国交省のプロジェクト「Project PLATEAU」が、東京都23区の3D都市モデルほか整備されたデータを無償で公開
CULTURE2021.01.29
東京都がデジタルツイン構想「3Dビジュアライゼーション実証プロジェクト」のシミュレーション動画で公開、都心の日照や風況などを視覚化

RECOMENDED ARTICLE

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ