COMPETITION & EVENT

「クリストとジャンヌ=クロード "包まれた凱旋門"」

21_21 DESIGN SIGHTにて6/13より開催

上の画像 / Photo: Benjamin Loyseau ©2021 Christo and Jeanne-Claude Foundation

東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTにて、企画展「クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門” 」が6月13日より開催されます。

20220613christo-and-j_poster

クリストとジャンヌ = クロード ニューヨーク、ソーホーの自宅にて、2004年9月26日 (Photo: Wolfgang Volz ©2004 Christo and Jeanne-Claude Foundation)

現代美術作家のクリストは、1935年ブルガリア生まれ。同じ年に、ジャンヌ=クロードは、当時はフランス領だったモロッコ・カサブランカにて、フランス人の両親の元に生まれました。
クリストは 1956年にブルガリアを離れ、チェコスロバキア・プラハに移ったあと、1957 年にはオーストリアのウィーンに亡命。その後はスイスのジュネーブに移り住みます。
彼の生涯にわたるパートナーとなるジャンヌ = クロードとの出会いは1958年、パリにて。以降の活動は、初期の「包まれたオブジェ」、「パッケージ」から、モニュメンタルな屋外プロジェクトまで、2人が共同制作者として世に送り出したものです。絵画、彫刻、建築といった従来の創作の枠を超越した作品群としてすべてが傑出しています。

惜しまれつつ、ジャンヌ=クロードは2009年に、クリストは2020年にこの世を去りました。

本展では、2人が手がけた数あるプロジェクトの中でも、その完成を見ることができなかった最新作にスポットがあてられます。クリストとジャンヌ=クロードが出会い、創造活動の一歩を踏み出したパリで1961年に構想されながら、没後の2021年9月にようやく実現したプロジェクト「L’Arc de Triomphe, Wrapped, Paris, 1961-2021(包まれた凱旋門)」です。

「クリストとジャンヌ=クロード "包まれた凱旋門”」

Photo: Benjamin Loyseau ©︎2021 Christo and Jeanne-Claude Foundation

「包まれた凱旋門」とは、19世紀初頭に、初代皇帝ナポレオンの命により建設された、現在のシャルル・ド・ゴール広場の中心に建つエトワール凱旋門を、16日間にわたり、25,000m²もの巨大な布と全長3,000mの赤いロープで覆い尽くしたアートプロジェクトです。
布は、再生可能な青い布に銀色のコーティングを施したもので、ロープを含め、すべてクリストの指示のもと、凱旋門を包むために制作されました。

「クリストとジャンヌ=クロード "包まれた凱旋門”」

Photo: Benjamin Loyseau ©2021 Christo and Jeanne-Claude Foundation

「クリストとジャンヌ=クロード "包まれた凱旋門”」

Photo: Benjamin Loyseau ©︎2021 Christo and Jeanne-Claude Foundation

「クリストとジャンヌ=クロード "包まれた凱旋門”」

Photo: Benjamin Loyseau ©︎2021 Christo and Jeanne-Claude Foundation

会場では、2人のパリでの出会いに始まり、「包まれた凱旋門」の実現までの約60年間という長い道のりを、構想、準備、設置、実現という段階に沿って展示しています。

「クリストとジャンヌ=クロード "包まれた凱旋門”」

会場写真(撮影:吉村昌也 / Photo: Masaya Yoshimura)

地下のロビーでは、ニューヨークのスタジオで「包まれた凱旋門」のドローイングを描くクリストの様子を紹介する動画を上映。続くギャラリー1では、凱旋門の模型を中心に、「包まれた凱旋門」の準備を行うクリストの様子が映像で紹介されます。

「クリストとジャンヌ=クロード "包まれた凱旋門”」

会場写真(撮影:吉村昌也 / Photo: Masaya Yoshimura)

「クリストとジャンヌ=クロード "包まれた凱旋門”」

会場写真(撮影:吉村昌也 / Photo: Masaya Yoshimura)

「クリストとジャンヌ=クロード "包まれた凱旋門”」

会場写真(撮影:吉村昌也 / Photo: Masaya Yoshimura)

最大の展示室・ギャラリー2では、「包まれた凱旋門」をさまざまな視覚手法で再構成する空間インスタレーションを展開。フランスの国家的モニュメントを創つけないよう、最大限の工夫を凝らして設置していく、貴重な設営の裏側を垣間見ることができます。
プロジェクトが実現し、完成を見守る人々の驚きと、携わった人々の歓喜の声に包まれるまで、あたかも1本の映画を見るように、鑑賞者もその中にいるかのような没入感も、展示空間を通して味わうことができるでしょう。

「クリストとジャンヌ=クロード "包まれた凱旋門”」

会場写真(撮影:吉村昌也 / Photo: Masaya Yoshimura)

「クリストとジャンヌ=クロード "包まれた凱旋門”」

会場写真(撮影:吉村昌也 / Photo: Masaya Yoshimura)

展覧会ディレクター:パスカル・ルラン
グラフィックデザイン:野間真吾
会場構成:中原崇志
テクニカルディレクション:遠藤 豊(LUFTZUG)

関連企画として、6月23日にはオンラインでのトークイベントも開催されます。

オープニングトーク「『包まれた凱旋門』の実現とこれから」

日時:2022年6月23日(木)20:00-21:30
会場:オンライン(Zoom配信)
出演:パスカル・ルラン(展覧会ディレクター)、ヴラディミール・ヤヴァチェフ(クリスト・アンド・ジャンヌ=クロード財団)、ロレンツァ・ジョヴァネッリ(クリスト・アンド・ジャンヌ=クロード財団)、川上典李子(21_21 DESIGN SIGHTアソシエイトディレクター)
言語:日本語、英語(逐次通訳)
特別協賛:三井不動産

参加方法・詳細
http://www.2121designsight.jp/program/C_JC/events/220623.html

「クリストとジャンヌ=クロード "包まれた凱旋門”」

「クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”」開催概要

会期:2022年6月13日(月)〜2023年2月12日(日)
開館時間:10:00-19:00(各日とも入場は18:30まで)
注.6月13日(月)〜17日(金)の開館時間は13:00-19:00
休館日:火曜、年末年始(12月27日〜1月3日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT
所在地:東京都港区赤坂 9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
入場料:一般 1,200円、大学生 800円、高校生 500円、中学生以下無料
※会期中、ギャラリー3は入場無料

主催:21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
後援:文化庁、港区教育委員会、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
特別協賛:三井不動産
協賛:イッセイミヤケ
特別協力:クリスト・アンド・ジャンヌ=クロード財団、柳 正彦

21_21 DESIGN SIGHT 公式Webサイト
http://www.2121designsight.jp/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

プレイベント

COMPETITION & EVENT2022.02.18

クリストとジャンヌ=クロードの展覧会

21_21 DESIGN SIGHTにて今年6月より開催決定!
COMPETITION & EVENT2022.05.09

オンライントーク「二人が見た『包まれた凱旋門』」

クリストとジャンヌ=クロードをテーマにした21_21 DESIGN SIGHT次回展プレイベント

クリスト&ジャンヌ=クロード(Christo & Jeanne-Claude)

CULTURE2020.07.20

クリスト&ジャンヌ=クロードの作品をARで体験!

Christo and Jeanne-Claude, ​The London Mastaba

21_21 DESIGN SIGHT 企画展 アーカイブ

COMPETITION & EVENT2021.07.18
21_21 DESIGN SIGHT 企画展「ルール?展」
COMPETITION & EVENT2021.12.20

21_21 DESIGN SIGHT企画展「2121年 Futures In-Sight」展

コロナ禍を経た100年後の未来を we+、永山祐子、深澤直人、山崎 亮ら72人が視覚化する!

RECOMENDED ARTICLE

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ