COMPETITION & EVENT

前川建築「東京海上ビル」解体をめぐる講演会

「建築物の可変性と社会の可変性を複数の時間スケールから考える~東京海上日動ビル保存改修計画を例として~」6/24開催、講師は豊田啓介氏

東京海上ビルディングを愛し、その存続を願う会が主催する講演会が、6月24日に東京・日比谷で開催されます。

今秋に解体され、地上19階のオフィスビルに建て替えられることが、建物の所有者である東京海上日動より発表されている「東京海上ビル」(現称:東京海上日動ビル・本館)。
前川國男(1905-1986)が設計し、今では考えられない「美観論争」が建設当時に巻き起こったビルとして、日本建築史上、エポックメイキング的なオフィスビルです。

そのような背景から、解体・建て替えが明らかになって以降、建物の保存を求める声があがり、広く日本における都市景観について考察するシンポジウムなども開催されてきたなかで、レンゾ・ピアノと三菱地所設計が新・本店ビルの設計を担当することが公表される2021年9月28日に、建築・デザイン事務所のnoiz(ノイズ)が、あくまで自主的な提案として、「Tokio Marine Nichido Headquarters Building Renovation(東京海上日動ビル本館 保存改修計画)」を発表し、注目を集めました(プラン詳細はこちら)。

本講演会では、noizの共同設立者である豊田啓介氏が講師を務めます。聴講は無料、要申し込み。

東京駅前 行幸通りから皇居方向の眺め

東京駅前 行幸通りから皇居方向の眺め(右側:赤いレンガ色のタイルの外装をもつビルが〈東京海上日動ビル・本館〉)

講演会「建築物の可変性と社会の可変性を複数の時間スケールから考える~東京海上日動ビル保存改修計画を例として~」開催概要

登壇者:豊田啓介(東京大学生産技術研究所特任教授、noiz、gluon)
日時:2022年6月24日(金)19:30-21:00(19:00開場)
会場:千代田区立日比谷図書文化館
所在地:東京都千代田区日比谷公園1-4(Google Map
定員:200名
参加費:無料
主催:東京海上ビルディングを愛し、その存続を願う会
問合せ先:jimu[@]tmiblove.com ※[@]を@に変えて送信してください
参加方法:下記URLの専用フォームから申し込み

申込フォーム
https://t.co/46k6ccdtQx

東京海上ビルディングを愛し、その存続を願う会 Webサイト
https://tmiblove.com/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

「東京海上ビル」建て替えを巡るTOPICS

CULTURE2021.11.08

建て替えられる前川國男建築「東京海上ビルディング」

設計者発表前にnoizが提示したリノベーションプラン
BUSINESS2021.10.03

前川國男建築「東京海上ビル」が来秋解体

レンゾ・ピアノと三菱地所設計が新・本店ビルの設計を担当
  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • TALK EVENT
  • 前川建築「東京海上ビル」解体をめぐる講演会「建築物の可変性と社会の可変性を複数の時間スケールから考える~東京海上日動ビル保存改修計画を例として~」6/24開催、講師は豊田啓介氏
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ