COMPETITION & EVENT

11/3開幕「ATAMI ART GRANT 2022」

HOTEL ACAO ANNEX(旧ニューアカオ館)を含む熱海市内にアートを展開、今年の見どころは?【現地レポート】

2022年11月2日初掲、11月6日プレスツアー参加時撮影の会場写真を追加

熱海の温泉リゾート・ACAO SPA & RESORT(アカオ スパ&リゾート)内の施設・HOTEL ACAO ANNEX(旧ニューアカオ館)を含む、熱海の市内各所にアートが展開する「ATAMI ART GRANT 2022」が11月3日に開幕する。東京発のオフィシャルバスツアーも催行。会期は11月27日まで。

静岡県熱海市にて、アートの祭典「ATAMI ART GRANT 2022」が11月3日(木・祝)から27日(日)にかけて開催されます(主催:PROJECT ATAMI 実行委員会)[*1]

「ATAMI ART GRANT(アタミ アート グラント)」とは、アーティストの制作活動を支援しつつ、熱海の魅力をアートにより再発見することを目的に開催されるもので、ホテルニューアカオ(静岡県熱海市)と東方文化支援財団(東京都品川区)が2021年3月に発足させた「PROJECT ATAMI」の取り組みの1つ(活動の2本柱のうち、もう1つの柱が、アーティストが熱海に滞在して作品を制作する「ACAO ART RESIDENCE」プロジェクトがあり、今回の「ATAMI ART GRANT 2022」にあわせて作品を展示する)

11月4日にメディア向けに開催されたプレスツアーに『TECTURE MAG』編集部は参加、現地の写真を中心としたレポートを追加掲載します。

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

「ATAMI ART GRANT 2022」キービジュアル(デザイン:河野未彩)

今年のテーマは「渦 – Spiral ATAMI」

2022年の「ATAMI ART GRANT」では、「渦 – Spiral ATAMI」をテーマに、熱海の街に彩りをつくるアーティストを公募し、30組のGRANT授与作家が決定[*2]。この授与者と「ACAO ART RESIDENCE」参加者を合わせて50組のアーティストが、熱海市内の各所にて作品を発表、展示を行います(以下、敬称略)。

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

來宮神社での竹久直樹の作品展示(※薬膳喫茶gekiyakuでも展示あり)
©︎ATAMI ART GRANT 2022, Artwork by Naoki Takehisa,〈谷エルス牙/Arrows or else Shadows〉, photo by Naoki Takehisa

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

会場の1つ、キュレーションホテル 桃山雅園 外観

熱海「ATAMI ART GRANT」

人の「顔」をモチーフに作品を制作している大野光一の作品
©︎ATAMI ART GRANT 2022, Artwork by Kouichi Ohno, photo by Naoki Takehisa(会場:熱海魚市場)

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

熱海魚市場会場での大野光一作品の展示(Photo by TEAM TECTURE MAG)

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

「ATAMI ART GRANT 2022」起雲閣エリア 熱海魚市場会場(Photo by TEAM TECTURE MAG)

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

熱海中心部にある市の指定有形文化財〈起雲閣〉の広い館内の1室・ギャラリーでの展示、髙木彩圭〈無声の詩〉 Photo by TEAM TECTURE MAG

合宿所yutorie 外観

「ATAMI ART GRANT 2022」会場の1つ、クリエイター向け合宿所〈yutorie〉/「日本空間デザイン賞2022」サービス・ホスピタリティー部門 金賞受賞(企画・設計・運営:株式会社ユトリエ 代表取締役 近藤 尚)/ 2022年3月22日開業時のプレスリリースはこちら)

合宿所〈yutorie〉

〈yutorie〉内部では、小松千倫作品〈Orient〉を展示中(Photo by TEAM TECTURE MAG)

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

井上 岳、大村高広、齋藤直紀、棗田久美子、赤塚 健による建築コレクティブ・GROUPによる、空き地に取り残された風呂にスポットをあてた作品〈浴室の手入れ/Repair of a Bathroom〉で使用された”浴槽”と、〈yutorie〉および〈薬膳喫茶gekiyaku〉は隣接している(Photo by TEAM TECTURE MAG)

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

©︎ATAMI ART GRANT 2022, Artwork by GROUP,〈浴室の手入れ/Repair of a Bathroom〉, photo by Naoki Takehisa

参加アーティスト

ATAMI ART GRANT2022
ARIKA、飯川雄大、内田 涼、大野光一、小畑亮平、Gali Sharf、岸 裕真、島田清夏、添田奈那、髙木彩圭、髙橋 銑、田中勘太郎、Daniel Champell×Laure Julien×Kana Kitty、中島 崇、丹羽優太×KEITAMARUYAMA、BIRDMAN、vug、深田拓哉、藤田クレア、MANTLE (Shu Isaka+Soshi Nakamura)、MES、森 貴之、やんツー、やんばる・いってみ隊!(金島隆弘×佐々木真純×杉本裕一)

ATAMI ART GRANT2022 公式プログラム「East-East: UAE meets Japan Vol.5, Atami Blues」:Bady Dalloul(バディ・ダルル)、布施琳太郎(Rintaro Fuse)、Lamya Gargash(ラミア・ガーガッシュ)、GROUP、Shaikha Al Ketbi(シャイハ・ アル・ ケトビ)、Hashel Al Lamki(ハシル ・アル・ラムキ)、NTsKi、Nimyu(ニミュ)、waiwai research and design agency

ACAO ART RESIDENCE
Amanda Moström、金島隆弘、小金沢健人、小松千倫、CMTK(Chihiro Mori×Teppei Kaneuji)、Sophie Mayuko Arni、高村佳典、竹久直樹、冨安由真、中村壮志、Bady Dalloul、細野晃太朗、藤生恭平、藤倉麻子、松田将英、森山泰地、Lucas Dupuy

HOTEL ACAO ANNEX(旧ニューアカオ館)

HOTEL ACAO ANNEX(旧ニューアカオ館)外観(入館受付を行うACAO SPA & RESORT側より) Photo by TEAM TECTURE MAG

あの旧ニューアカオ館にも入れる!

熱海有数のリゾートホテルの1つ、ACAO SPA & RESORT(アカオ スパ&リゾート)内にある、HOTEL ACAO ANNEX(ホテル アカオ アネックス / 旧ニューアカオ館)では、40組以上の作家がインスタレーションを展開。

ホテルのフロアをまるごと使用して現実と虚構を行き来する没入型空間を生み出した冨安由真。森山泰地による旧プールに演出された庭。小金沢健人は、建物の看板自体をモチーフに、夜の熱海のランドスケープとなるような作品が館内のさまざまな場所に展示されます。

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

旧ニューアカオ2階 旧メインダイニング錦 窓の外と画面右手に作品展示あり(Photo by TEAM TECTURE MAG)

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

後述する「East-East: UAE meets Japan Vol.5, Atami Blues」に参加しているLamya Gargashの作品〈MAjilis〉 Photo by TEAM TECTURE MAG

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

NFT作品も出展している岸 裕真作品の展示は屋外にて(Photo by TEAM TECTURE MAG)

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

旧メインダイニング錦 入口脇の階段の上では、藤田クレアの作品ほか展示あり(矢印掲示板の誘導あり) Photo by TEAM TECTURE MAG

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

初島を望むルーフテラスでの展示 Lucas Dupuy〈Seashore instrumental another time〉 / 後述「East-East: UAE meets Japan Vol.5, Atami Blues」参加作品(Photo by TEAM TECTURE MAG)

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

旧メインダイニング錦へのアプローチでは、伊坂 柊 / Shu Isaka と 中村壮志 / Soshi Nakamura にりよるアートユニット・MANTLEによる映像作品〈simulation#01〉を上映(Photo by TEAM TECTURE MAG)

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

藤倉麻子〈温室制作者の足跡を辿る温室夢想者の部屋〉 Photo by TEAM TECTURE MAG

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

旧ニューアカオ館 1階フロア / 画面右の木製ドアは、館内の客室で実際に使われていたもの。開けた先で展示している冨安由真作品のために壁を開口して取り付けている(内部撮影禁止)Photo by TEAM TECTURE MAG

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

東京とドバイを拠点とする、山雄和真とWael Al Awarが率いるデザイン事務所・waiwai research and design agencyによる作品〈Wetland〉の展示は、衣裳室の前にて。窓の外は全面海で、波の音がBGM(Photo by TEAM TECTURE MAG)

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

waiwai research and design agencyによる作品〈Wetland〉(一部) Photo by TEAM TECTURE MAG

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

前述・GROUP作品の上映会場はこの先の突きあたり。旧室内温水プールに行くには途中の左手にある階段で2階へ上がる(Photo by TEAM TECTURE MAG)

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

GROUP〈浴室の手入れ / Repair of a Bathroom〉上映会場は旧ニューアカオ館 1階 旧浴場にて(Photo by TEAM TECTURE MAG)

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

GROUP〈浴室の手入れ / Repair of a Bathroom〉の撮影で使用された浴槽が実際に使用されていた頃の民家の平面図は、上映室隣の脱衣所のロッカーに投影されている(Photo by TEAM TECTURE MAG)

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

1階旧浴場での田中勘太郎作品〈rip←→tide〉の展示(一部)注.左右を向いた矢印の表記は正式ではない(Photo by TEAM TECTURE MAG)

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

森山泰地〈濡れることについて/About get wet〉展示会場(HOTEL ACAO ANNEX 2階 旧温水プール) Photo by TEAM TECTURE MAG

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

森山泰地による、今は水が抜かれた旧室内温水プール空間に演出された庭(日没後にスポットがあてられた状態)
©︎ATAMI ART GRANT 2022, Artwork by Taichi Moriyama,〈濡れることについて/About get wet〉, photo by Naoki Takehisa

森 貴之の作品〈View Traning #4 “KUROSHIO”〉は15階の和室”黒潮の間”にて(協力:カラーキネティクス・ジャパン) Photo by TEAM TECTURE MAG

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

「ACAO ART RESIDENCE」参加 冨安由真作品(会場:HOTEL ACAO ANNEX 16階フロアの2室とその間の通路を使った展示で、館内1階に展示された作品と対になっている)
©︎ATAMI ART GRANT 2022, Artwork by Yuma Tomiyasu,〈Unison_Circle_Reverse (The Passageway)〉, photo by Naoki Takehisa

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

「六本木アートナイト2022」でも話題を呼んだ松田将英による巨大なバルーン作品(会場:HOTEL ACAO ANNEX 17階)
©︎ATAMI ART GRANT 2022, Artwork by Masahide Matsuda,〈The Big Flat Now〉, photo by Naoki Takehisa

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

国道に面した旧ニューアカオ17階 レセプションでの展示は、飯川雄大による〈デコレータークラブ 新しい観客〉ほか(Photo by TEAM TECTURE MAG)

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

HOTEL ACAO ANNEX(ホテル アカオ アネックス / 旧ニューアカオ館), Atami, Japan. Photo by Naoki Takehisa. Image courtesy of ATAMI ART GRANT

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

©︎ATAMI ART GRANT 2022, Artwork by Takehito Koganezawa,〈ニュー ア/New A〉, photo by Naoki Takehisa
小金沢健人は、ホテルの看板自体をモチーフにした、夜の熱海のランドスケープとなる作品を発表

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

©︎ATAMI ART GRANT 2022, Artwork by Takehito Koganezawa,〈ニュー ア/New A〉and Masahide Matsuda,〈The Big Flat Now〉, photo by Naoki Takehisa

HOTEL ACAO ANNEX館内では、アラブ首長国連邦(UAE)と日本の国交50周年を記念した展覧会「East-East: UAE meets Japan Vol.5, Atami Blues」も開催されています。
UAEと日本を拠点とする8人のアーティストによる展示で、サイトスペシフィックインスタレーションが初公開されます(キュレーション:ソフィー・麻由子・アルニ)。

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

「East-East: UAE meets Japan Vol.5, Atami Blues」参加作品(会場:HOTEL ACAO ANNEX 15階 サロン・ド・錦鱗)
©︎ATAMI ART GRANT 2022, Artwork by Hashel Al Lamki,〈Lucy〉, photo by Naoki Takehisa

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

旧ニューアカオ館 ダンスホール サロン・ド・錦鱗に展示された Hashel Al Lamki〈Lucy〉 Photo by TEAM TECTURE MAG

UAE-日本 国交50周年記念展「East-East: UAE meets Japan Vol.5, Atami Blues」

「East-East: UAE meets Japan Vol.5, Atami Blues」
メディアパートナー:Arab News Japan 記念事業認定:日本・アラブ首長国連邦(UAE)外交関係樹立50周年事業(2022年)
グラフィック・デザイン:Heijiro Yagi
セノグラフィー:Akira Sakashita

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

アネックス(旧ニューアカオ館)での展示を見るには、ACAO SPA & RESORT(アカオ スパ&リゾート)1階にて受付・入館手続きを済ませ、螺旋階段またはエレベーターでフロアを下がり、館内連絡通路を通る(途中にも各種展示あり) Photo by TEAM TECTURE MAG

ACAO SPA & RESORT(アカオ スパ&リゾート)館内

ACAO SPA & RESORT(アカオ スパ&リゾート)館内 ロビーミュージアムの回廊(画面奥にアネックス館への受付カウンターがある) Photo by TEAM TECTURE MAG

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

ACAO BEACH 入口での展示、谷川果菜絵(KANAE)と新井 健(TAKERU)のアーティストデュオ・MES〈ア ミ / A-MI〉の作品は日没後の鑑賞がおススメ。作品の電源はトヨタ自動車の「電気が動くとできること」プロジェクトとのコラボレーションで、クルマから電気を取り出せる給電車から作品の電源をまかなっている(詳細 TOYOTAプレスリリース) Photo by TEAM TECTURE MAG

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

ホテル棟会場とアカオのローズガーデン・ACAO FOREST 会場の間にて、アーティストレジデンスに参加中の作家2名が屋外作品を制作中(Photo by TEAM TECTURE MAG)

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

Photo by TEAM TECTURE MAG

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

アカオのローズガーデン・ACAO FOREST エリア(注.入園料が必要)での屋外展示藤倉麻子〈日の光保存場〜ドラセナ大会〜〉は、旧ニューアカオ館1階に展示されている藤倉の〈温室制作者の足跡を辿る温室夢想者の部屋〉と対になっている(Photo by TEAM TECTURE MAG)

隈 研吾〈COEDA HOUSE〉

ローズガーデンには隈 研吾氏が設計したカフェ〈COEDA HOUSE〉もあり(注.入園料が必要) Photo by TEAM TECTURE MAG

隈研吾建築都市設計事務所〈COEDA HOUSE〉模型

隈研吾建築都市設計事務所〈COEDA HOUSE〉模型は、前述の飯川雄大作品の向かいに展示されている(旧ニューアカオ17階 レセプション) Photo by TEAM TECTURE MAG

新宿発のバスツアーも催行!

また、今回から新たな試みとして、NFTを活用したスタンプラリーを開催。スタートバーンが開発した、NFTのオフライン体験を実現するWebアプリ「FUN FAN NFT」を活用し、「ATAMI ART GRANT 2022」の展示会場や、計20カ所のNFT設置箇所を巡ってQRコードをスキャンすると、アーティストが制作したオリジナルのNFT作品を数量限定で受け取ることができるとのこと。
さらに、会期中は東京・新宿発のオフィシャルバスツアーも催行されます(有料、要申し込み)。

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」バスツアー

「ATAMI ART GRANT 2022」オフィシャルバスツアー:旅行実施企画:東海バストラベル(東海バス自動車)

「ATAMI ART GRANT 2022(アタミ アート グラント 2022)」開催概要

会期:2022年11月3日(木)〜11月27日(日)
開場時間・休館日:会場により、開場時間や閉場・閉館日、および定休日は異なる(詳細は公式ウエブサイト各ページを参照)
※ACAO SPA & RESORT(旧ニューアカオ館を含む)は月・火曜休館、11:00-18:00(17:00入館受付終了 / 詳細はこちら

熱海「ATAMI ART GRANT 2022」

会場広域マップ

会場:ACAO SPA & RESORT、ACAO FOREST、Article Atelier & Gallery、熱海魚市場、熱海倶楽部リゾート&スパ、熱海温泉 古屋旅館、Atelier&Hostel ナギサウラ、cafebar&guesthouse ennova、起雲閣、來宮神社、キュレーションホテル 桃山雅苑、月の栖 熱海聚楽ホテル、バーコマド、姫の沢公園、nagisArt café、marunowa、薬膳喫茶gekiyaku、合宿所yutorie など熱海の協力施設や公共スペース
鑑賞パスポート(会期中有効):一般 3,500円(11月2日まで前売り:3,000円)/ 大学生・高校生・専門学生(入場時に学生証の提示要)3,000円(11月2日まで前売り:2,500円)/ 中学生以下無料
※施設によっては別途入館料、またはワンオーダーが必要な場合あり
※一部の会場は無料観覧可
※HOTEL ACAO ANNEX館にて展示制限がかかる日時あり(詳細は公式ウェブサイトを参照)
※HOTEL ACAO ANNEX館の入館受付はACAO SPA & RESORT(アカオ スパ&リゾート)1階ロビーフロア「ATAMI ART GRANT 2022」専用受付で入館証を受け取り、館内を移動(入館証は退館時に要返却)

「ATAMI ART GRANT」公式ウェブサイト
https://atamiartgrant.com/


「ATAMI ART GRANT 2022」オフィシャルバスツアー詳細

催行日:会期中の金・土曜(1日1回、スタンダードプラン計5回、スペシャルライブツアープラン1回)
参加方法:要申込・有料
協力:オリエンタルコンサルタンツ
旅行実施企画:東海バストラベル(東海バス自動車)

スケジュール(スタンダードプランの予定)
11:00 新宿駅発(途中、海老名サービスエリアにて休憩)
13:00 熱海着後、会場周遊(薬膳喫茶gekiyaku、来宮神社、熱海魚市場、起雲閣)
15:45 HOTEL ACAOにてアート鑑賞
17:00 HOTEL ACAOにて解散
スタンダードプラン料金:9,800円(税込)
スタンダードプラン定員:各回43名
※スペシャルライブツアー(ゲスト:七尾旅⼈)プラン定員:30名(料金:19,800円)

申込受付・詳細(東海バストラベル):
https://www.tokaibus.jp/tour/tokaibustravel.html



*1.PROJECT ATAMI TEAM
発起人:東方文化支援財団 中野善壽
実行委員会 実行委員長:赤尾宣長
実行委員:姫の沢公園パートナーズ
総合ディレクター:伊藤 悠

ACAO ART RESIDENCE プログラムディレクター:冠 那菜奈
ATAMI ART GRANT プログラムディレクター:鳥本健太
PROJECT ATAMI アドミニストレーター:竹内初津美
PROJECT ATAMI アートコンセルジュ:小澤幸代
PROJECT ATAMI 事務局:上戸晶子、勝又麻耶、鈴木夢乃、戸塚愛美
ATAMI ART GRANT キュレーターチーム:城光寺美那、鈴木夢乃、ソフィー・麻由子・アルニ、羽田美恵子、細野晃太朗、吉田山
PR:TANK
SNS企画・運営:しゃかいか!
デザイン:YUTA Design Studio
オフィシャルグッズ・ツアー企画・デザイン:ユトリエ
キービジュアル:河野未彩
MAPデザイン:高村佳典
チケッティング・運営マニュアル:ロケットペンシル
※文化庁「観光再開・拡大に向けた文化観光コンテンツの充実事業」採択事業

*2.「ATAMI ART GRANT 2022」審査委員:襟川文恵(横浜美術館渉外担当リーダー)、來住尚彦(アートプロデューサー、演出家)、隈 研吾(建築家、東京大学特別教授・名誉教授)、施井泰平(スタートバーン代表取締役、アートビート代表取締役)、中野善壽(東方文化支援財団代表理事)、南條史生(美術評論家)、三輪美恵(JTB常務執行役員)

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

「ATAMI ART GRANT」TOPICS

COMPETITION & EVENT2021.08.10
熱海を彩るアーティスト30組に制作費と滞在費を贈る「ATAMI ART GRANT」公募概要、審査員に隈研吾氏ら
COMPETITION & EVENT2021.12.05

宿泊営業を終えたニューアカオ本館での特別キュレーション展「Standing Ovation 四肢の向かう先」12/20まで会期延長

熱海市内での「ATAMI ART GRANT」は12/12まで
FEATURE2021.12.09

【会場レポート】熱海のニューアカオ本館 再生へ向けたアートイベント

特別キュレーション展「Standing Ovation|四肢の向かう先」ほか12/20まで会期延長!

ACAO SPA & RESORT TOPICS(注.2021年4-5月の情報)

BUSINESS2021.04.03
隈研吾設計のカフェで朝食を。20万坪の庭園を1時間独占できるホテルニューアカオの1日1組限定宿泊プラン

熱海 PROJECT TOPICS

PROJECT2021.11.25

熱海の茶房 / 山﨑健太郎デザインワークショップ

自然から身を守り自然を味わうRCと木の喫茶空間

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • EVENT
  • 「ATAMI ART GRANT 2022」11/3開幕! 旧ニューアカオ館(現 HOTEL ACAO ANNEX)を含む熱海市内にアートを展開、今年の見どころは?【現地レポート】
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ