COMPETITION & EVENT

箱根・ポーラ美術館 HIRAKU Project Vol.15「大西康明 境の石」展

銅箔を素材とした新作を披露、空間への彫刻的なアプローチによるインスタレーション

2023年12月26日初掲、12月27日会場写真追加

神奈川県・箱根町のポーラ美術館のアトリウム ギャラリーにて、HIRAKU Project Vol.15「大西康明 境の石」展が開催されています。会期は2024年5月19日まで(会期中無休)。

「HIRAKU Project」とは、美術の表現と美術館の可能性を「ひらく」という思いを込めてポーラ美術館が実施しているプロジェクトです。アトリウム ギャラリーで展示される作品を誰でも無料で観覧することができます。

本展では、作家が近年取り組んでいる銅箔を素材とした作品の新作が披露されています。

箱根・ポーラ美術館 HIRAKU Project Vol.15「大西康明 境の石」展

展示風景:HIRAKU Project Vol.15「大西康明 境の石」ポーラ美術館 2023年 Photo: Ken Kato

箱根・ポーラ美術館 HIRAKU Project Vol.15「大西康明 境の石」展

展示風景:HIRAKU Project Vol.15「大西康明 境の石」ポーラ美術館 2023年 Photo: Ken Kato

箱根・ポーラ美術館 HIRAKU Project Vol.15「大西康明 境の石」展

展示風景:HIRAKU Project Vol.15「大西康明 境の石」ポーラ美術館 2023年 Photo: Ken Kato

箱根・ポーラ美術館 HIRAKU Project Vol.15「大西康明 境の石」展

大西康明〈境の石 凹に凸〉2023年 銅箔 サイズ可変(部分) Photo: Ken Kato

大学時代に彫刻を学んだ大西は、型取り作業の経験から、ポジとネガの関係性や、ものそれ自体ではなく、その周囲を把握することに関心を持ち、これまで一貫して余白や空洞、体積、境界などをテーマに制作してきました。

本展では、大西が近年取り組んでいる銅箔を素材とした作品の新作を展示します。
銅箔は、多くの電子機器の内部で重要な役割を果たしていますが、人の目に触れることはなく、多くの人はほとんどその存在を意識することもありません。大西は、私たちの日常を裏側から支える銅箔をその機能から離し、河原の石に被せて叩くことによって成型し、大型のインスタレーションへと組み上げていきます。

箱根・ポーラ美術館 HIRAKU Project Vol.15「大西康明 境の石」展

大西康明〈境の石 凸に凹〉2023年 銅箔、鉄 サイズ可変(部分) Photo: Ken Kato

長い時間をかけて地表を移動してきた無数の石の表面には、これまでに削られ磨かれたことによる物理的な喪失と引き換えに、途方もない時間の蓄積と、この地球の記憶が宿っています。大西が生みだす銅箔は、型取り作業を通してそうした不在/存在を提示するとともに、ものごとを認識するためには表層を知るだけでなく想像力を豊かに働かせることが不可欠なこと、あるいは想像力を以てしてもすべてを見通すことはできないことをも、示唆しています。

そこにないもの、見えないものに焦点を当てる大西の作品は、この複雑で多様な世界を、私たちがより自由で柔軟な感覚によって捉えるための助けとなることでしょう。(本展プレスリリースより)

これまでの主な作品展示

箱根・ポーラ美術館 HIRAKU Project Vol.15「大西康明 境の石」展

〈虚実の距離〉2020年
展示風景:「高松コンテンポラリーアート・アニュアル vol. 09」高松市美術館 2020年 写真:表 恒匡(提供:高松市美術館)

箱根・ポーラ美術館 HIRAKU Project Vol.15「大西康明 境の石」展

大西康明×福田金属箔粉工業〈石と柵〉2022年
展示風景:「KYOTO STEAM 2022 国際アートコンペティション」京都市京セラ美術館 2022年

箱根・ポーラ美術館 HIRAKU Project Vol.15「大西康明 境の石」展

〈境の石 室見川〉2022年
展示風景:「境界を縁どる―石、呼吸、埋立地」福岡アジア美術館 2022年

箱根・ポーラ美術館 HIRAKU Project Vol.15「大西康明 境の石」展

〈境の石 大阪〉2022年
展示風景:「ART OSAKA 2022 Expanded」クリエイティブセンター大阪 2022年

箱根・ポーラ美術館 HIRAKU Project Vol.15「大西康明 境の石」展

〈stacking emptiness〉2023年
展示風景:「Taoyuan Land Art Festival」Longtan Sports Park  桃園・台湾 2023年

箱根・ポーラ美術館 HIRAKU Project Vol.15「大西康明 境の石」展

〈distance between presence and absence Werdenberg〉2023年
展示風景:「SCHLOSSMEDIALE」Schloss Werdenberg  グラープス・スイス 2023年

大西康明(おおにし やすあき)プロフィール
1979年、大阪府生まれ。大阪府在住。2001年、筑波大学芸術専門学群美術専攻卒業。2004年、京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。2011年度ポーラ美術振興財団在外研修員(イギリス)。

箱根・ポーラ美術館 HIRAKU Project Vol.15「大西康明 境の石」展

大西康明氏 Photo: Minako Yoshida

近年の主な個展に、「Permeating Landscape」Bellagio Gallery of Fine Art(ラスベガス、アメリカ、2019年)、「reverse of volume」Weber State University, Kimball Visual Arts Center, Mary Elizabeth Dee Shaw Gallery(オグデン、アメリカ、2019年)、「Hidden Landscapes: Yasuaki Onishi」COCONINO Center for the Arts(フラッグスタッフ、アメリカ、2018年)など。

主なグループ展に、「Taoyuan Land Art Festival」Longtan Sports Park(桃園、台湾、2023年)、「SCHLOSSMEDIALE」Schloss Werdenberg(グラープス、スイス、2023年)、「境界を縁どる―石、呼吸、埋立地」福岡アジア美術館(福岡、2022年)、「ART OSAKA 2022 Expanded」クリエイティブセンター大阪(大阪、2022年)などがある。

HIRAKU Project Vol. 15「大西康明 境の石」開催概要

会期:2023年12月16日(土)〜2024年5月19日(日)
※会期中無休
会場:ポーラ美術館 1Fアトリウム ギャラリー
所在地:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285(Google Map
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料:無料
主催:公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
協力:福田金属箔粉工業、アートコートギャラリー

展覧会特設サイト
https://www.polamuseum.or.jp/sp/hiraku-project-15/

※同時開催:「モダン・タイムス・イン・パリ 1925―機械時代のアートとデザイン」※別途入館料が必要

ポーラ美術館 公式ウェブサイト
https://www.polamuseum.or.jp/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

箱根・ポーラ美術館 HIRAKU Project

COMPETITION & EVENT2023.01.27

ポーラ美術館 HIRAKU Project Vol.14 丸山直文「水を蹴る—仙石原—」

会場構成を建築家の青木淳氏が担当

箱根・ポーラ美術館 TOICS

FEATURE2021.05.24

Monet: In The Light (Exhibition Design: Hideyuki Nakayama)

「モネ-光のなかに 会場構成:中山英之」箱根ポーラ美術館にて開催
CULTURE2021.08.10

ALTEMYがデザインした「Spectra-Pass」をポーラ美術館が導入

ニューノーマル時代のチケットカウンター前誘導装置
COMPETITION & EVENT2021.12.30

ポーラ美術館にてロニ・ホーンの日本初個展

「ロニ・ホーン:水の中にあなたを見るとき、あなたの中に水を感じる?」
COMPETITION & EVENT2023.07.20

箱根 ポーラ美術館「シン・ジャパニーズ・ペインティング 革新の日本画―横山大観、杉山寧から現代の作家まで」

会場構成を中川エリカ建築設計事務所が担当【読者プレゼントあり】

KYOTO STEAM 2022

COMPETITION & EVENT2021.12.21

「KYOTO STEAM-世界文化交流祭-」

藤本壮介がパビリオンを設計、前川國男建築のスクエアにて展示

RECOMENDED ARTICLE

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ