FEATURE

【Archives】隈研吾氏へのインタビュー動画・まとめ(その1)

FEATURE2020.12.20

【Archives】隈研吾氏へのインタビュー動画・まとめ(その1)

緊急対談「隈研吾・西澤明洋が語るアフターコロナの建築とデザイン」

2020年5月15日に開催された、ブランディングデザイナーでエイトブランディングデザイン代表の西澤明洋氏と、隈研吾氏との対談。イベントの主催者である建築倉庫ミュージアムのYouTube公式チャンネルにて当日ライブ配信された内容が、約42分に編集され、同年6月19日より同チャンネルで公開されています。隈氏の発言に特化した約6分弱のスペシャルエディションも合わせて公開されています。

【TECTURE MAG】(2020年5月11日初掲、公開された動画を追記)
緊急特別企画「隈研吾・西澤明洋が語るアフターコロナの建築とデザイン」オンライン対談
https://mag.tecture.jp/event/20200511-5189/

緊急特別企画「隈研吾・西澤明洋が語るアフターコロナの建築とデザイン -建築倉庫×クリエイティブナイト-」

緊急特別企画「隈研吾・西澤明洋が語るアフターコロナの建築とデザイン -建築倉庫×クリエイティブナイト-」イベントバナー

〈グランドセイコースタジオ 雫石〉の設計コンセプトを語る!

セイコーウオッチが2020年7月20日に岩手県・雫石町の盛岡セイコー工業内に開設した、腕時計ブランド「グランドセイコー」の機械式時計を製造する新施設〈グランドセイコースタジオ 雫石〉に関する動画。
設計を隈研吾建築都市設計事務所が担当。建築について、隈研吾氏が語っています。盛岡セイコー工業の組立師と呼ばれる職人、同社の代表取締役社長へのインタビュも収録。60秒ver.の限定公開だった動画を、3分に再編集して10月7日より公開されています。

【TECTURE MAG】(2020年7月22日掲載)
隈研吾設計〈グランドセイコースタジオ 雫石〉がオープン、隈氏と組立師へのインタビュー動画も公開
https://mag.tecture.jp/culture/20200722-10429/

〈グランドセイコースタジオ 雫石〉

〈グランドセイコースタジオ 雫石〉外観

隈研吾氏が語る「ルービックキューブ」とコラボ作品

ルービックキューブ誕生40周年を記念して、東京・麻布十番のハンガリー文化センター(Hungarian Culture Tokyo)にて、2021年2月1日まで開催されるコラボ展に関連した動画です。隈研吾、大樋年雄(陶芸家・美術家 十一代大樋長左衛門)氏ら、コラボレーションしたアーティストへのインタビューを、同センターが公開しています。

隈氏へのインタビュー動画は、1分23秒という短いものですが、木製の家具としても使えるようにデザインされた、隈氏が考える新しい”ルービックキューブ”の動画もあわせて披露され、デザインコンセプトについても隈氏が語っています。

【TECTURE MAG】(2020年11月26日掲載)
隈研吾氏らがルービックキューブとコラボ! 企画展開催にあわせてインタビュー動画をハンガリー文化センターが公開
https://mag.tecture.jp/event/20201126-18471/

「ルービックキューブ・アーティストコラボ展」

隈 研吾「Box To Rubik」サイズ:約120×120×120cm

氏が浴室をデザイン! ラグジュアリーユニットバス〈WABURO KUMA(ワブロクマ)〉

アステック(USTECH)とのコラボレーションにより、2020年12月17日に発売されたばかりのラグジュアリーユニットバス〈WABURO KUMA(ワブロクマ)〉のデザインコンセプトについて、隈氏が語っています。

【TECTURE MAG】(2020年12月17日掲載)
隈研吾×USTECH コラボレーションモデル〈WABURO KUMA〉発売
https://mag.tecture.jp/product/20201217-19441/

隈 研吾 氏×USTECH ラグジュアリーユニットバス〈WABURO KUMA〉

隈 研吾 氏×USTECH ラグジュアリーユニットバス〈WABURO KUMA〉

サイボウズ 青野慶久社長と「時間と空間の再設計」について対談

今夏より2021年にかけて、渋谷区内の公園などに建築家らがデザインした新しい公衆トイレを設置するプロジェクト「THE TOKYO TOILET」で話題を集めた、公益財団法人日本財団が、期間限定で配信している動画番組「STARTLINE」。コロナ禍における空間設計・アート・メディア・テクノロジー・政治などにおける社会変化について、さまざまな分野で活躍する諸氏が意見を交わします。
隈研吾氏は、サイボウズ社長を務める青野慶久氏との対談(視聴は有料)。「時間と空間を再設計する」をテーマに、ソフト面での働き方の視点からも「人が集まる意味」を問い直す内容です。

【TECTURE MAG】(2020年11月30日掲載)
コロナ禍における空間設計・アート・メディア・テクノロジー・政治などの社会変化を紐解く動画番組「STARTLINE」が12/1より配信開始! 隈研吾氏ら登壇
https://mag.tecture.jp/culture/20201130-18620/

日本財団主催「STARTLINE」番組収録風景

青野慶久×隈研吾 セッション収録風景(写真提供:日本財団)

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • FEATURE
  • INTERVIEW
  • 【Archives】隈研吾氏へのインタビュー動画・まとめ(その1)