PRODUCT

裸眼で高精細3DCG映像を見ることができる空間再現ディスプレイをソニーが発売

PRODUCT2020.10.19

ソニーから、高精細の3DCG映像を裸眼で見ることができる、次世代型の空間再現(SR)[※1]ディスプレイ〈ELF-SR1〉が発売されます。
※1.SR:Spatial Reality(スペーシャル・リアリティ)。映像を立体空間に再現することを表す

〈ELF-SR1〉は、ヘッドマウントディスプレイなどを装着しない状態で、あたかもそこにモノが実在するかのように映像が見えるのが特長です。VR(バーチャル・リアリティ)が仮想のデジタル世界で映像を体験するのに対し、SR(スペーシャル・リアリティ)では空間そのものを、そこに実在しているかのように目の前に再現します。

リアルタイム映像生成アルゴリズムにより、物体が実際にそこにあるかのような体験を可能に

圧倒的な精細感を与えるこの空間映像体験は、ゲームやCGクリエイターはもちろんのこと、建築家やデザイナーなど、あらゆる制作者のコンテンツ表現の幅を拡げる可能性をもっています。

〈ELF-SR1〉は、制作物の奥行き感、質感、佇まいなどを、利用者がリアルに確認することができるので、プロダクトデザインを複数人で同時に共有し、クオリティの向上、制作コストの削減、リードタイムを短縮を可能するだけでなく、クリエイター側の思いを忠実に表現することができます。
また、アパレルやハウスメーカーのショールームや店舗では、従来はスペースや費用などの面から展示できる品数に制限があったものでも、本機に表示させることで、数多くの商品を、カラーや形のバリエーションを含めて展示できるようになります。

高速・高精度のリアルタイムセンシング技術により、見る人の目の位置を常に正しく検出

機能としては、高速ビジョンセンサーと視線認識技術により、見る人の目の位置情報を常に正しく検出。見る角度にかかわらず、視点の変化に合わせた映像を確認し、自然な裸眼立体視を可能にしています。被写体が動いていても、立体的に見える映像に遅延やズレがほとんど生じないとのこと。

独自のマイクロオプティカルレンズをパネル全面に超高精度に貼り付け、リアルタイムに生成した映像を左右の目に届ける

〈ELF-SR1〉の活用方法として、デザインの立体的な確認だけでなく、美術館でのディスプレイ展示、店舗などでの立体サイネージなど、これまでにない新しい映像表現とプレゼンテーションの提供を可能にすると考えられます。


#【ソニー公式】YouTubeチャンネル「空間再現ディスプレイ:3Dクリエイションの現場を刺激する Spatial Reality Display:ELF-SR1」(2020/10/15)

noiz / 豊田啓介氏コメント(プロモーション動画より抜粋):
「最初にSpatial Reality Displayを見せてもらって、とにかく感じたのは『モノ感すげー』ってことなんですけど。(略)noizという設計事務所は東京と台北に事務所があって、両方でディレクションしなければならない。(略)カタチをお互いに伝えるとか、もっと気軽に、いろんな人の間にモノの転送をできることに半歩近く感じがすごくリアルにあるなって思います」


#【ソニー公式】YouTubeチャンネル 豊田啓介氏インタビュー「空間再現ディスプレイ:ELF-SR1 インタビュー<建築家編>」(2020/10/16)


#【ソニー公式】YouTubeチャンネル So Morimoto氏インタビュー「空間再現ディスプレイ:ELF-SR1 インタビュー<プロダクトデザイナー編>」(2020/10/16)

空間再現ディスプレイ〈ELF-SR1〉は10月31日(土)より発売を開始。先行して、東京・銀座のソニーショールーム〈ソニーストア 銀座〉にて、10月16日(金)に展示されています。札幌、大阪、福岡の各ソニーストアでは10月23日(金)より、名古屋では11月6日(金)より展示される予定です。(jk)

ソニー 空間再現ディスプレイ(Spatial Reality Display)〈ELF-SR1〉オープン価格

ソニー 2020年10月16日プレスリリース
https://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/202010/20-1016/


豊田啓介氏がAR三兄弟の川田十夢氏と建築のデジタライズについて対談した【TECTURE MAG】記事はこちら↓

豊田啓介× 川田十夢 特別対談
#01「常識からどんどん外れよう! 空間の未来を楽しく切り拓く」(2020/10/12)
https://mag.tecture.jp/feature/20201012-keisuketoyoda_tomkawada01/

#02「ビル大爆破ゲームでサバイブ! 建築と情報をつないで拡張する」(2020/10/15)
https://mag.tecture.jp/feature/20201015-keisuketoyoda_tomkawada02/

#03「街でジェットコースター!? 発想の転換でジャンルを飛び越える」(2020/10/17)
https://mag.tecture.jp/feature/20201017-keisuketoyoda_tomkawada03/

  • TOP
  • PRODUCT
  • TECHNOLOGY
  • 裸眼で高精細3DCG映像を見ることができる空間再現ディスプレイをソニーが発売