PRODUCT

芝浦工大と企業のプロジェクト「芝浦ものづくりコラボ」より、傾きで富士山を表現した江戸切子のグラス〈富士山切子〉が誕生

PRODUCT2021.05.12

芝浦工業大学の学生が約3年前にデザインした江戸切子のグラスがこのほど商品化され、〈富士山切子〉として発売されます。

このグラスは、2019年に、芝浦工大デザイン工学部デザイン工学科の4年に在学していた勝山基徳氏が、同大学の橋田規子教授が指導するプロジェクト演習(芝浦ものづくりコラボ)に、卒業研究の一環として参加した際にデザインしたもの。

「芝浦ものづくりコラボ」は、さまざまな素材の加工技術をもつ企業と、学生とが協働することで、デザイナーとして社会に出てから必要とされる実践的なことを、演習を通して学び取るコラボレーションプロジェクト。
勝山氏の作品のほかにも、さまざまなプロダクトが公式ウェブサイト上に公開されています。

「芝浦ものづくりコラボ」公式Webサイト
https://sit-monocolla.com/

「富士山切子 赤富士」

〈富士山切子〉

〈富士山切子〉を商品化したのは、70年以上続く伝統あるガラス加工所で、東京・江東区に工房を構えるGLASS-LAB。同社が有する2つの技術、平らな面を加工してつくりだす「平切子」と、砂でガラス表面を磨りガラス状にする「サンドブラスト」が用いられています。
「芝浦ものづくりコラボ」の作品紹介ページによれば、この「平切子」ができる職人は、全国に10名ほどしかいないとのこと。

〈富士山切子〉の接地部分は、グラスを斜めに置いて飾ることができるように平らにカットされ、三角形の上部で富士山の積雪を表現しています。

カラーバリエーションは、瑠璃色の〈富士山切子〉と、赤色の〈富士山切子 赤富士型〉の2タイプを展開します。(en)

商品名:富士山切子
サイズ(直立時):W7.5cm×D7.5cm×H9cm
カラーバリエーション:瑠璃色、赤色
販売価格(税込):各色14,850円(2つセット29,700円)
製造・販売:GLASS-LAB
販売開始日:2021年5月12日
詳細https://glasslab.official.ec/

  • TOP
  • PRODUCT
  • GOODS
  • 芝浦工大と企業のプロジェクト「芝浦ものづくりコラボ」より、傾きで富士山を表現した江戸切子のグラス〈富士山切子〉が誕生