PROJECT

PROJECT2020.04.08

山口酒造場改修計画 / ケース・リアル

2棟をつなげ直して連続性を高めた酒造

福岡県久留米市にある酒蔵、山口酒造場の部分改修計画。同じ敷地内にある大きな母屋と土蔵はどちらも築年数が古く、施主はこれら2棟の建屋をかねてより連続性をもたせつつ、その間にある中庭を有効に使いたいと考えていた。
計画ではこれらを洗い出しの床と階段とでつなぎ、さらに母屋側のラウンジを大開口のある空間として整え直すことで、よりそれぞれの建物を近くに感じられるようにした。(二俣公一)

Sake brewery that reconnected two buildings to increase continuity

A partial renovation plan of for Yamaguchi Sake Brewery based in Kurume city Fukuoka prefecture. The client wished to effectively use the courtyard between the aged main house and warehouse on the same premise, while maintaining the continuity of the two structures. As a solution, we connected the two with a washed finished cement floor and stair, and by re-arranging the large opening of the lounge space in the main house we were able to create a closer connection between the buildings. (Koichi Futatsumata)

【山口酒造場改修計画】

所在地:福岡県久留米市北野町今山534-1
用途:ラウンジ・中庭・休憩所
竣工年:2017年

設計:ケース・リアル
担当:二俣公一、下平康一
施工:時空建築工房

計画面積:115.92m²
工期:2017年8月~2017年11月

■主な仕上げ
床:モルタル金ゴテ押え 防塵クリア塗装仕上げ 艶消し
モルタル い草型押し仕上げ 防塵クリア塗装仕上げ 艶消し
モルタル下地 小砂利洗い出し仕上げ
壁:木軸+PB t=12.5mm下地 目地寒冷紗パテシゴキ白漆喰 金ゴテ押え仕上げ
天井:既存板張り天井 染色補修仕上げ
[休憩所手洗]
水栓:CET930T / セラトレーディング
便器:CES959系 / TOTO

【COURTYARD for YAMAGUCHI SAKE BREWERY】

Location: 534-1 Imayama, Kitano-cho, Kurume, Fukuoka, Japan
Principal use: Lounge, Courtyard
Completion: 2017

Architects: CASE-REAL
Design team: Koichi Futatusmata, Koichi Shimohira
Contractor: Jikuu-kenchiku-koubou

Total area: 115.92m²
Construction term: 2017.08-2017.11