PROJECT

PROJECT2020.05.04

Mendel's greenhouse

Mendel's greenhouse / CHYBIK + KRISTOF

近代遺伝学の基礎が築かれた温室を蘇らせる

科学者グレゴール・メンデルが現代遺伝学のルーツとなる実験を行った、聖アウグスチノ修道院の19世紀の温室を復活させる計画。14世紀の聖アウグスチノ修道院の庭園に建てられたこの建物は1870年代に起こった嵐で流されてしまい、現在では基礎部分だけが残っている。メンデルの生誕200年を記念して、歴史的に重要な場所をブルノの旧市街に戻す計画は、2022年に完成予定である。
街の中心部に位置する聖アウグスチノ修道院には、隣接する修道院の修道士グレゴール・メンデルが1856年から1863年までの8シーズンにわたり、エンドウ豆の栽培と繁殖に費やした温室の跡がある。修道院を科学研究の中心地として確立しようとしていたキリル・ナップ修道院長の支援を受けて建設された温室は、僧侶の野外実験室の延長線上に建設された。そこで行われた実験は、1884年にメンデルが亡くなって初めて認知されたが、現在では近代遺伝学の礎として広く認知されている。
私たちは、敷地の歴史、科学的遺産、資料にもとづき、オリジナルのプランに沿って元の建物を彷彿とさせるデザインを作成した。構造のなかに統合され、目に見えるかたちで保存された基礎は、私たちの再解釈の礎でもある。台形をしたボリュームは元の建物と同様であるが、再び設計された鉄骨造からは、メンデルの法則と遺伝システムのドローイングから起こるインスピレーションと呼応する。同様に、広大なガラス面からなる屋根は、メンデルの分離と遺伝的な形質の分布の法則を反映しており、モジュール状の覆いによって補完されている。
開放的で、周囲の庭園と強くつながっているこの建物は、100周年記念の修道院に隣接する科学者の像に面している。さまざまな目的に適応する柔軟な設計は、視覚的な障壁を取り除く。地下に設置したヒートポンプと冷暖房システム、また影を調節する埋め込み型のブラインドにより、夏の自然な冷却と換気、冬の暖房を得る。これは温室がもつ特性を反映し、再検討するものである。
修道院の遺産を保存するために必要な専門家だけでなく、地元や海外からの訪問者を惹きつけることを目的として、再生された構造物は、メンデルの仕事と現代の遺伝学への貢献を祝う多目的スペースとして機能する。広々とした空間は、会議や講演会から臨時の展示会まで、さまざまなイベントに対応できるようになっている。(CHYBIK + KRISTOF、抄訳:tecture)

Revive the greenhouse with the foundations of modern genetics

CHYBIK + KRISTOF Architects & Urban Designers unveil the new design for the 19th-century greenhouse of St. Augustin Abbey in Brno, in which scientist Gregor Mendel conducted the experiments at the roots of modern genetics. Nested in the 14th-century Augustinian monastery’s gardens, the original building was swept away by a storm in the 1870s, leaving to this day only its foundations. Building on the latter, the architects revisit the structure and, in commemoration of Mendel’s birth 200 years ago, will return the historically significant site to Brno’s old city in 2022.

Located in the heart of the town, St. Augustin Abbey houses the remains of the greenhouse where Gregor Mendel, an Augustinian friar at the adjacent monastery, spent eight seasons, from 1856 to 1863, cultivating and breeding pea plants in his endeavor to uncover the biological mechanism through which physical traits are passed down from one generation to the next. Built with the support of the abbot, Cyrill Napp, who sought to establish his monastery as a leading center for scientific research, the greenhouse was erected as an extension of the monk’s outdoor laboratory. The experiments conducted there, although acknowledged only after Mendel’s passing in 1884, are now widely recognized as the foundation stone of modern genetics.

Drawing on the history, scientific legacy and archival materials of the site, and following the original ground plan, CHYBIK + KRISTOF have created a design reminiscent of the original building. Integrated in the structure and left visible, the preserved foundations are at the basis of the architects’ reinterpretation – echoing the orientation, shape and distinct roof of the greenhouse. While the trapezoidal volume is identical to the original edifice, the reimagined supporting steel structure seeks inspiration from Mendel’s three laws of inheritance – and the drawings of his resulting heredity system. Likewise, the pitched roof, consisting of a vast outer glass surface, reflects his law of segregation and the distribution of inherited traits, and is complemented by a set of modular shades.

Open onto and deeply connected with the surrounding gardens, the edifice looks onto the nearby statue of the scientist adjacent to the centennial monastery. The flexible design, conceived to adapt to a variety of purposes, is entirely exposed to the exterior with fully open side walls, preventing any visual barriers. A concealed system of heat pumps, shading and heating, located underground, reveal the building’s sustainable scheme, reliant on its adjustable shades and embedded blinds to ensure natural cooling and ventilation in the summer and heating in the winter – thereby mirroring and revisiting the regulative properties of a greenhouse.

With the aim of attracting local and international visitors as well as a professional public essential to preserving the monastery’s legacy, the revived structure acts as a versatile space celebrating Mendel’s work and contributions to modern genetics. The vast, adaptable volume allows for a diversity of events from conferences and lectures to temporary exhibitions, while the integrated blinds enable the space to be darkened for projections and concerts. (CHYBIK + KRISTOF)

【Mendel's greenhouse】

主用途:文化施設
所在地:チェコ共和国ブルノ
竣工:2019-
デザインチーム:オンドル・チビク、ミハエル・クリシュトフ、オンドル・シュヴァンカラ、クリシュトフ・フォルトゥン、イングリッド・スパチロヴァ、ローラ・エミリヤ・ドルケテニテ
計画面積:160㎡

画像: monolot

【Mendel's greenhouse】

Principal use: cultural
Location: Brno, Czech Republic
Year: 2019 –
Design Team: Ondřej Chybík, Michal Krištof, Ondřej Švancara, Kryštof Foltýn, Ingrid Spáčilová, Laura Emilija Druktenytė
Size: 160㎡

Images: monolot