PROJECT
PROJECT2021.03.12

The Playhouse / Haruki Oku Design + PAN-PROJECTS

余白を生み出し、これからの店舗像を再定義した商業施設

(English below)

本計画は東京、青山の骨董通りに建つ3層テナントビルの改修計画である。1、2階には英国ブランドを取り扱う店舗が、3階にはオーダーメイドウェディングを行う企業が入居する。我々には既存建物全体のリ・ブランディングを行うこと、またコロナ禍とそれ以降に求められる店舗像への解答という課題が与えられていた。

COVID-19が生み出した社会的変化としてオンライン化の加速があり、それはショッピングの体験が実店舗から切り離されていく未来を示唆している。こうした社会状況に対し我々は新たな店舗像として、物を売る場所から、新たな文化を生み出し体験する場への転換を提案している。商品の売買がオンラインで行うことができる現状において、実店舗の存在意義は来場客の興味を掻き立てること、ブランドのつくり上げる文化を伝え、コミュニティを生み出すことであり、その体験を通し(たとえオンライン上であれ)商品の購入へとつなげていく。店舗としての根源的な機能である「商品を売ること」を見直した結果として、本計画は商品の売買機能を実空間から一部切り離し、余白を生み出すことで、さまざまな出来事を許容する空間として、店舗の再定義を行っている。

〈The Playhouse〉は、ビル全体を劇場として見立て、各エリアに舞台装置を挿入することで、館全体のさまざまな場で多様な催しが行われることを可能としている。
メインエントランスの吹き抜けはフライタワーと見立てられ、可動式の天幕を用いることで即席のステージとして使用できるよう設計されており、50人規模の観客を収容するトークショーやコンサートが催される場となる。
また1階の店舗は、回転壁により空間を構成することでさまざまなアクティビティを受け入れる場となり、マーケットやワークショップなどの活動をフロア全体で行うことを可能としている。各壁はそれぞれ定期的に入れ替わるブランドごとに割り当てられ、フロア全体で小さなポップアップストアの集合体のような様相を生み出している。
2階は、3階のイベントホールへの動線をホワイエとして演出すると同時に、既存店舗を一部残すことで新旧の空間をつなぎ合わせ、旧来より本店舗が取り扱う常設のブランドが展示されるエリアとなる。
3階のイベントホールは空間全体が布で構成されており、空間のスケールを自由に伸縮させることで多様なスケールの活動を包み込む場を提供している。

本計画は新たな店舗像として、従来の物品の売買に特化した空間的機能を、現代の情勢に合わせ再考し、一部機能をバーチャル空間へ切り離すことにより、文化や公共性が入り込む余地をもつ新たな店舗空間を提案している。オンライン化が加速する中で変化せざるを得ない実空間の機能的役割の再定義を我々は本計画を通して試みた。
本プロジェクトはロンドンを拠点に活動するPAN-PROJECTSが、日本でのプロジェクトコラボレータとして奥 晴樹をチームに迎え実現した。(奥 晴樹+八木祐理子、高田一正)

Movie: Kenji Seo

A commercial facility that creates a margin and redefines the store image in the future

The Playhouse is a full renovation project of 3 stories high building locates in a busy fashion district of Tokyo, Aoyama in Japan. The building accommodates a British fashion store on the ground and first level, and a hall for a wedding and event planning company on the second level. Our design team was challenged to envision a new spatial model of Post-COVID store by reconsidering the existing function of physical shops.

One of the impacts caused by the global coronavirus pandemic is a remarkable acceleration of digitalization. This ongoing rapid movement indicates the future in which the shopping experience will be greatly more common to be done through virtual stores. In response to this social situation, the team proposed to reimagine the spatial function of the physical store from a conventional concept of a place to purchase goods into a place to learn, discover and experience the cultures related to the brands of products. If the act of purchase can be done virtually, the ultimate purpose of a physical store should be to elevate potential customers’ interest which will connect them to product sales.

The project is started by considering the whole building as an alternative form of theatre by designing transformable architectural elements that allow a variety of events to take place throughout the building. The entrance atrium is designed as a fly tower with a movable curtain that creates a temporary stage for events such as talks and concerts, accommodating up to 50 people. The shop area on the ground level is composed with multiple rotatable walls, providing flexible space for hosting various activities like pop-up market, fashion show or workshops. Each wall is allocated to a different brand that regularly changes in every few months, creating a collection of small pop-up stores across the floor. The foyer placed in the centre of the first floor leading guests to the main hall on the second level while shaping a display space for the shop’s permanent brands’ products on its periphery. The hall on the second floor is composed with various textiles that allow the space to fluctuate its size in order to host events of various scales and contents.

The Playhouse challenged the conventional spatial model of shops by creating rooms for culture and diverse activities to co-exist whilst the sales space rather than dedicate entire floor for displaying products. The project aimed to explore one of the possible future of shop space for Post-COVID society where virtualization of our living lives become more established. (Haruki Oku + Yuriko Yagi, Kazumasa Takada)

【The Playhouse】

所在地:東京都港区南青山5-8-5
用途:その他文化施設
クライアント:CRAZY+BLBG
竣工:2020年

設計:Haruki Oku Design+PAN-PROJECTS
担当:奥 晴樹(Haruki Oku Design)+ 八木祐理子、高田一正(PAN-PROJECTS)
テキスタイルデザイン(天幕):Studio Onder de Linde
天幕製作:フジハル商事
施工:アカンプリッシュ
施工補佐:リライブ

撮影:瀬尾憲司

工事種別:リノベーション
延床面積:1356.00m²
設計期間:2020.04-2020.08
施工期間:2020.08-2020.10

【The Playhouse】

Location: 5-8-5, Minamiaoyama, Minato-ku, Tokyo, Japan
Principal use: Other cultural facilities
Client: CRAZY + BLBG
Completion: 2020

Architects: Haruki Oku Design + PAN-PROJECTS
Design team: Haruki Oku / Haruki Oku Design + Yuriko Yagi, Kazumasa Takada / PAN-PROJECTS
Textile design / tent: Studio Onder de Linde
Tent production: Fujiharu Shoji
Contractor: accamplish
Construction assistant: Relive

Photographs: Kenji Seo

Construction type: Renovation
Total floor area: 1356.00m²
Design term: 2020.04-2020.08
Construction term: 2020.08-2020.10

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ