PROJECT
PROJECT2021.11.25

熱海の茶房 / 山﨑健太郎デザインワークショップ

自然から身を守り自然を味わうRCと木の喫茶空間

(English below)

〈熱海の茶房〉は60m²ほどの小さな建築で、仕事をリタイアしたご夫婦が営む茶房である。
敷地は、来宮神社から急な坂を登ってしばらくのところにある。
斜面地を敷地分だけ削り取られたその環境は、暴力的に感じられた。しかしながら、奥行きの長い敷地には、奥に向かってわずかに勾配があったり、敷地に沿って、心地よいせせらぎの音が聞こえる。
力強い環境から客を守り、周辺に見え隠れする小さな魅力を存分に味わえる建築をイメージした。

崖条例のため、細長い敷地の長手方向に崖上からの土砂崩れに対してコンクリート擁壁を設け、一方で崖下からは安息角の下まで基礎を下げた深基礎になっている。
この地面から持ち上げられたL字型のRC造の上に、軽やかな木造の架構をかけた。
RC造は客を激しい環境から守り、木架構は柔らかく人包みこむ。この敷地において、最適な構造形式だと考えた。
また水平力はRC造が担うので、上部の木造部分には風景の邪魔になるような構造材を設けずに済んだ。
天井高さを2,100mmと低く抑えた空間で、客はRC造と一体になったベンチに体を預け、軒の先に広がる樹木と小川のせせらぎだけを楽しむことができる。(山﨑健太郎)

RC and wooden cafe space that protects you from nature and enjoys nature

〈Tea house in Atami〉 is a small building of about 60m², run by a couple who have retired from work.
The site is located a short walk up a steep hill from the Kinomiya Shrine.
The slope is cut down to the size of the site, and the environment feels violent. However, the site is long and deep, with a slight slope towards the back, and customers can hear a pleasant sound along with the site.
We imagined an architecture that would protect the guests from the violent environment and allow them to enjoy the small charms hidden in the surroundings fully.

Due to the cliff ordinance, the long and narrow site is protected from landslides by a concrete retaining wall, while from the bottom of the cliff, the foundation is lowered to the bottom of the angle of repose.
On top of this L-shaped RC structure, raised from the ground, is a light wooden structure.
The RC structure protects the guests from the harsh environment, while the wooden structure softly envelops them. The RC structure protects the guests from the harsh environment, while the wooden frame softly surrounds the guests, making it the most suitable structure for this site.
The RC structure takes care of the horizontal forces so that the upper wooden part of the building does not have any structural elements that would interfere with the landscape.
With a low ceiling height of 2,100mm, visitors can lean back on the benches integrated into the RC structure and enjoy only the trees and the babbling brook beyond the eaves. (Kentaro Yamazaki)

【熱海の茶房】

所在地:静岡県熱海市西山町22-23
用途:カフェ
クライアント:椎名由紀江、大塚博道
竣工:2019年

設計:山﨑健太郎デザインワークショップ
担当:山﨑健太郎、村田翔太郎
構造設計:多田脩二構造設計事務所
施工:MD住まい工房
ランドスケープ:稲田ランドスケープデザイン事務所

撮影:黒住直臣

工事種別:新築
構造:混構造
規模:地上1階
敷地面積:444.04m²
建築面積:58.75m²
延床面積:49.93m²
設計期間:2017.02-2017.09
施工期間:2018.11-2019.03

【Tea house in Atami】

Location: 22-23 Nishiyama-cho, Atami-shi, Shizuoka, Japan
Principal use: Cafe
Client: Yukie Shiina, Hiromichi Otsuka
Completion: 2019

Architects: YAMAZAKI KENTARO DESIGN WORKSHOP
Design team: Kentaro Yamazaki, Shotaro Murata
Structure engineer: Shuji Tada Structural Consultant
Contractor: MD Housing Studio
Landscape: Inada Landscape Design Office

Photographs: Naoomi Kurozumi

Construction type: New Building
Main structure: Mixed structure
Building scale: 1 Story
Site area: 444.04m²
Building area: 58.75m²
Total floor area: 49.93m²
Design term: 2017.02-2017.09
Construction term: 2018.11-2019.03

Other works

PROJECT2021.11.16

糸満漁民食堂 / 山﨑健太郎デザインワークショップ

伝統と文化を現代につむぐ 手積み石のレストラン
PROJECT2021.11.22

さやのもとクリニック / 山﨑健太郎デザインワークショップ

自然と本棚に囲まれた認知症に家族で向き合う穏やかな医療空間
  • TOP
  • PROJECT
  • CAFE
  • 熱海の茶房 / 山﨑健太郎デザインワークショップ
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ