PROJECT
PROJECT2022.02.15

雲州平田の家 / 中山建築設計事務所

土地の風景を継承する石州瓦と焼杉の住宅

(English below)

敷地は出雲平野の北部、平田町の市街地にあり、西に商業施設が建ち並び生活に便利な場所である。一方で東や南へ行くと田畑が広がり、石州瓦の家が散在する典型的な出雲平野の風景が広がっている。もともと耕作地であったこの土地は周囲の家とも適度な距離をもっていて、かつ一家4人が暮らすのには十分な広さがある理想的な場所であった。
現代の生活に必要な機能を満たし、家族や財産を守りながら、かつこの地域の典型的な風景や風土の記憶を継承していけるような佇まいを想像しながら設計をした。(中山大介)

Sekishu tiles and baked cedar outer wall houses that inherit the landscape of the land

The site is located in the urban area of Hirata-cho, in the northern part of the Izumo Plain, where commercial facilities stand to the west, making it a convenient place to live. On the other hand, if you go to the east or south, you will see the typical Izumo Plain landscape with rice fields and houses made of Sekishu tiles scattered around. Cultivated initially land, this was an ideal place to live, with enough space for a family of four and a reasonable distance from the surrounding houses.
I designed the house to fulfill the functions necessary for modern life, protect the family and property, and preserve the memory of the typical landscape and climate of the area. (Daisuke Nakayama)

【雲州平田の家】

所在地:島根県出雲市
用途:戸建住宅
クライアント:個人
竣工:2016年

設計:中山建築設計事務所
担当:中山大介
施工:住いる建築工房

撮影:中山大介

工事種別:新築
構造:木造
規模:地上2階
敷地面積:234.41m²
建築面積:79.38m²
延床面積:137.70m²
設計期間:2014.10-2016.04
施工期間:2016.05-2016.10

【House in Hirata】

Location: Izumo-shi, Shimane, Japan
Principal use: Residential
Client: Individual
Completion: 2016

Architects: Nakayama Architect
Design team: Daisuke Nakayama
Contractor: Smile Kenchiku Kobo

Photographs: Daisuke Nakayama

Construction type: New building
Main structure: Wood
Building scale: 2 stories
Site area: 234.41m²
Building area: 79.38m²
Total floor area: 137.70m²
Design term: 2014.10-2016.04
Construction term: 2016.05-2016.10

Other works

PROJECT2022.02.04

奥出雲の家 / 中山建築設計事務所

深い庇の半屋外空間をもつ木の住宅
PROJECT2022.03.03

斑鳩の家 / 中山建築設計事務所

田畑に囲まれた田園風景に馴染む住宅
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ