PROJECT
PROJECT2022.07.11

NANZUKA UNDERGROUND / SNARK

建物自体がアートピースとなる旗艦ギャラリー

(English below)

ポップカルチャーと現代美術の接続を目指す実験的なアートギャラリーを運営するナンヅカの新しいフラグシップギャラリーである。市街地再開発によるビル建て替えに伴い渋谷から神宮前へ移転、多目的に使えるスペースを備えた新築のギャラリーを構えることとなった。

建物のヴォリュームは法的な広さ、高さの制限と、1・2階にできるだけ天井の高い展示空間、3・4階に容積率を使い切るように多目的なスペースを確保したいという要望から導き出された。
4層を積み上げることでできた屋外部分を展示スペースやテラスとして使えるように、階段、手すり、庇といったヴォリュームに取り付くエレメントをすべて亜鉛メッキされた鉄で制作した。庇に取り付くロゴのデザインと扉の鏡面仕上げのアイデアは空山 基氏、1・2階外壁のカスタムペイントは中村哲也氏といったナンヅカ所属アーティストによるものである。

ラスティックなペイントを施された即物的なヴォリュームに、同じマテリアルで統一されたエレメントと鏡面仕上げの扉やロゴが対比的に取り付きフラグシップギャラリーにふさわしい象徴的な佇まいを獲得した。(山田 優)

Flagship gallery where the building itself is an art piece

This is the new flagship gallery of NANZUKA, an experimental art gallery that aims to connect pop culture and contemporary art. The gallery moved from Shibuya to Jingumae due to the reconstruction of the building they had been housed in and built a new building with a multi-purpose space.

The volume of the building was derived from the legal restrictions on the size and height of the building and the desire to secure an exhibition space with as high a ceiling as possible on the first and second floors and to have a multi-purpose space on the third and fourth floors. Elements such as stairs, handrails, and eaves are made of galvanized iron so that the outdoor area can be used as an exhibition space or a terrace. The design of the logo on the eaves and the idea of using mirrors for the door were brought by Mr. Hajime Sorayama. The painting of the exterior walls on the first and second floors was done by Mr. Tetsuya Nakamura. They both are artists affiliated with NANZUKA.

The elements such as stairs, handrails, and eaves made of the same material, and the mirrored door and logo were attached to the building contrastingly, which creates a symbolic appearance suitable for a flagship gallery. (Yu Yamada)

【NANZUKA UNDERGROUND】

所在地:東京都渋谷区神宮前3-30-10
用途:ギャラリー
クライアント:NANZUKA
竣工:2021年

設計:SNARK Inc.
担当:山田 優、嶋貫真子、小阿瀬 直
構造設計:テクトニカ
施工:丸昂建設

撮影:新澤一平

工事種別:新築
構造:鉄骨造
規模:地上4階
敷地面積:168.07m²
建築面積:100.60m²
延床面積:266.03m²
設計期間:2019.12-2020.10
施工期間:2020.10-2021.05

【NANZUKA UNDERGROUND】

Location: 3-30-10, Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo, Japan
Principal use: Gallery
Client: NANZUKA
Completion: 2021

Architects: SNARK Inc.
Design team: Yu Yamada, Mako Shimanuki, Sunao Koase
Structure engineer: TECTONICA
Contractor: Marukou Construction

Photographs: Ippei Shinzawa

Construction type: New building
Main structure: Steel
Building scale: 4 stories
Site area: 168.07m²
Building area: 100.60m²
Total floor area: 266.03m²
Design term: 2019.12-2020.10
Construction term: 2020.10-2021.05

Other works

PROJECT2021.03.23

中郷の家 / SNARK + OUVI

母屋や周囲に配慮し寄り添う方形屋根の家
PROJECT2021.04.01

通町の家 / SNARK + OUVI

オープンスペースに向けた窓をもつ吹き抜けを介して空気感を共有する二世帯住宅
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ