PROJECT
PROJECT2023.01.12

25° / KIRI ARCHITECTS

“大きな家具”で居場所をつくるマンションリノベーション

(English below)

マンション1室の改修プロジェクト。

壁や天井といった内装を施す代わりに、高さや幅の違う5つの大きな家具を分散して配置した。

大きな家具は、RCの既存躯体に対して25°に角度を振って配置されることで、三角形状の小さな居場所がつくられる。三角形平面は一辺を長くもつことができるので、収納や机の幅を十分に確保したり、小さいながらも広がりを生むのに効果的な形状である。入口が狭く奥に広がる囲われた書斎や、オープンで広がりのある子供のスタディスペースなど、変化に富んだ居場所がつくられる。

リビングから東側の部分には、東西の窓をつなぐ長い廊下を通すことで、視線の広がりを最大化した。明るさを引き込むために白く塗り込まれた、風と光が通り抜ける明るい廊下である。

大きな家具と呼んでいるさまざまな形状の箱は、設備配線を覆い隠すという内装の役割も果たす。それぞれが本棚や飾り棚、AV機器やおもちゃ収納、DJブースであるだけでなく、コンセントや照明スイッチ、LANや音響機器コードなどあらゆる設備が統合されている。天井高さや面積を確保するために躯体を現して設備配管などを露出するという多くのリノベーション設計に見られる定型化した手法を避け、空間の中に独立して立ち現れる新しい内装のかたちを目指した。「躯体-内装-空間」という順序から「躯体-空間-内装」への転換である。建物を構成する秩序を反転させると同時に見出される、1人ひとりの居場所にフォーカスした暮らしの風景を目指した。(桐 圭佑)

Renovating a condominium to create a place with "big furniture"

Single Apartment unit Renovation project.

Rather than letting the surface treatment of the existing building set the tempo of the design,
Five large pieces of furniture varying in both size and proportion were placed inside the living space.

Large furniture units are aligned 25 degrees to the existing grid – hence creating a series of triangular spaces. The diagonal segment of the triangle geometry not only introduces a new grid, but the elongated dimension accommodates much-needed length for various uses such as storage and counter within a small space.
In addition, creating a unique user experience such as an enclosed study space that gradually widens as you move deeper into the space and the Child’s playroom, which opens proudly for maximum visibility for parents.

A long corridor painted White is positioned on the Eastern side of the living area to capture maximum daylight from the East-West opening and allow wind to naturally ventilate throughout the space.

The large furniture units also serve mundane yet vital functions to mask various cables from living appliances. Such furniture units become not only Book-shelves, Audio-Visual millwork, and Storage units but also become the hub for all switches, LANs, and all other interfaces of needs.

Rather than stripping the building apart and exposing bare structures and services in exchange for legroom, this project seeks to address the existing while augmenting a new sense of richness.
A departure from the conventional “Structure-Finishes-Space” order and re-imagining the space as “Structure-Space-Finishes.”
Inverting the vernacular and instead focusing on highlighting the multitude of moments for the new Living space. (Keisuke Kiri)

【25°】

所在地:北海道札幌市
用途:集合住宅・共同住宅
クライアント:個人
竣工:2018年

設計:KIRI ARCHITECTS
担当:桐 圭佑
施工:リノベーションクラフト

撮影:佐々木育弥

工事種別:リノベーション
構造:RC造
延床面積:85.20m²
設計期間:2017.06-2017.11
施工期間:2017.12-2018.03

【25°】

Location: Sapporo-shi, Hokkaido, Japan
Principal use: Housing complex
Client: Individual
Completion: 2018

Architects: KIRI ARCHITECTS
Design team: Keisuke Kiri
Contractor: Renovation Craft

Photographs: Ikuya Sasaki

Construction type: Renovation
Main structure: Reinforced Concrete construction
Total floor area: 85.20m²
Design term: 2017.06-2017.11
Construction term: 2017.12-2018.03

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ