BUSINESS

隈研吾がデザインしたVR校舎でのオンライン授業を角川ドワンゴ学園が来春配信

BUSINESS2020.10.16

学校法人角川ドワンゴ学園は、インターネットと通信制高校の制度を活用した新しい高校「N高等学校」と「S高等学校」(共に設置認可申請中)において、株式会社ドワンゴおよび株式会社バーチャルキャストの開発・協力のもと、最新のVR(Virtual Reality)技術とデバイスを活用した、体験型の学びができる「普通科プレミアム」(認可申請中)を、2021年4月よりスタートすると発表しました(2020年10月15日プレスリリース)。

「普通科プレミアム」では、単位認定授業と多彩な課外授業を、スタンドアローンVRヘッドセット「Oculus Quest2(オキュラス クエスト 2)」にあわせて再構築した、オンライン教育の独学の弱点を克服する、実用的なVR学習プラットフォームを提供。生徒は、在籍を条件に学園から無償で貸し出されるVRデバイスを装着して、学習空間にワープし、360度の視覚と聴覚と獲得します。
学習アプリ「N予備校」とのシームレスな連携も特長で、従来の動画授業を受けながら、必要に応じて、VR空間を自在に行き来して学ぶことが可能となっています。

授業ではVRの特性を活かし、立体的な教材を動かす、分子模型を立体的に観察、名所や歴史遺産を360度の視野で見てまわるいったことが可能に。動きやスケール感を直感的に理解できる体験型のVR教材を用意しています。
生徒はアバターとなってVR空間上の教室で授業を受け、共に学ぶ仲間の存在も周りに感じとることができます。仲間の存在が、学習継続のモチベーションを維持に効果をあげるとしています。

N予備校とVR教材のUI(ユーザーインターフェース)アドバイザーには、note株式会社CXOの深津貴之氏が就任。ネット時代の学びに最適化された学習プラットフォームとするため、スマートフォンアプリの開発を中心にUI/UX(ユーザーエクスペリエンス)デザイナーとして活躍してきた深津氏の協力のもと、楽しく効率的に学べる新たなプラットフォームへの改善が計られます。




深津貴之氏プロフィール:
インタラクション・デザイナー。株式会社tha を経て、Flash コミュニティで活躍。2009 年の独立以降は活動の中心をスマートフォンアプリのUI設計に移し、株式会社Art&Mobile、クリエイティブユニットTHE GUILDを設立。note株式会社CXOなどを務める。執筆、講演などでも勢力的に活動。

深津貴之氏コメント:
N高を見ていて、面白いコンセプトの学校だなと思っていました。面白い授業をする先生が、日本中の生徒に授業すればよく、デジタルで教育していくことはとても効率がよいことだと思っているので、注目していました。教育の非効率な部分をシステムでどんどん削り、今まで教育が行き届いてなかった部分まで届けられること、ワンランクの上の教育をローコストで届けられることに期待して、お手伝いをさせていただこうと思っています。

©︎ Kengo Kuma & Associates

「次世代に活躍する人材を育む、新しい学び舎」というコンセプトのもと、VR空間の校舎は隈研吾氏がデザイン。大きな螺旋が分岐しながら、植物のように天高く伸びていくこの塔は、進化・成長を続ける若者たちの「学びのスパイラル」を表現しています。

Kengo Kuma & Associates(Photo © J.C. Carbonne)

隈 研吾氏コメント:
「『次世代に活躍する人材を育む、新しい学び舎』。大きな螺旋が分岐しながら、植物のように天高く伸びていくこの塔は、進化・成長を続ける若者たちの「学びのスパイラル」を表しています。スパイラルのそこかしこからは、淀みなく美しい水が「創造の滝」となって溢れ出し、若く瑞々しい感性と生命力に満ちた空間を演出します。現実の建物では決して体験することができない、複雑に絡み合う「邂逅の回廊」を歩けば、多様な個性や才能との出合いを通じて、新たな自分を見つけることができるでしょう」

©︎ Kengo Kuma & Associates

普通科プレミアムの学費は、1,099,000円 / 3年間(税込)。
「VIEW MORE」をクリックすると、本件のプレスリリースを確認できます。

N高等学校・S高等学校「普通科プレミアム」公式ページ:
https://nnn.ed.jp/learning/premium/

  • TOP
  • BUSINESS
  • SERVICE
  • 隈研吾がデザインしたVR校舎でのオンライン授業を角川ドワンゴ学園が来春配信