BUSINESS

木下グループが「新型コロナPCR検査センター」を新橋駅前に12/4開業

BUSINESS2020.12.02

木下工務店などを傘下におく木下グループは、同グループ100%子会社の新型コロナ検査センターを設立し、新橋駅前に店舗来店型の〈新型コロナPCR検査センター 新橋〉を、2020年12月4日(金)より開業すると発表しました(2020年12月2日プレスリリース)。

営業は完全予約制(特設サイトまたは店頭にてQRコードでの受付、5分入れ替え制)で、店舗にて唾液を採取(所要時間:3分前後)した後、翌日に検査報告書を本人に通知する方式。検査には、国立感染症研究所による「感染研法」との陽性一致率および陰性一致率が100%とされるキットを用いるとのこと。検査価格は2,900円(税別)で、12月2日(水)10時より、ウェブサイトにて予約の受付を開始しています。

同ウェブサイトでは、50名から配送・集配が可能な、企業団体、自治体向けの検査の受付も開始(1人あたり2,500円・税別)。この配送・集配式検査と店舗来店型検査との合計で、2021年1月には1日2万件の検査実施を目指します。

また、店舗では、木下グループの医療法人和光会の医師によるオンライン診察も受け付けます。渡航時に必要な医療機関の検査証明書も発行できます(費用:検査費に加え、別途6,000円・税別が必要)。

開業までの経緯
この度開業する〈新型コロナPCR検査センター 新橋〉は、グループ内の医療法人和光会が監修し、木下工務店や木下不動産、木下のリフォーム、木下抗菌サービスといった事業のノウハウを結集して実現しました。木下グループでは、これまでグループ従業員へのPCR検査を行い、希望に応じてグループ外の企業(スポーツ団体・映画・エンタメ関連団体)にもPCR検査サービスを提供してきました。それらの経験を活かし、店舗来店型の「新型コロナPCR検査センター」の開業を進め、併せて配送・集配式にて企業団体への検査の提供を強化しながら、2021年1月には、店舗来店型検査と配送・集配式検査の合計で1日2万件の検査実施を目指します。
新型コロナウイルスの蔓延、日常生活の不安や経済活動の停滞。木下グループでは、それらの解消に向け、できる限り安価で気軽に受けられる検査体制を供給し、少しでも安心できる日常生活を送れるような環境づくりに貢献できれば、と考えております。

企業・団体へのPCR検査の実績(一部)や、検査キット・検査結果の信頼性については、木下グループのプレスリリース(VIEW MOREをクリック)を参照してください。(en)

※上記内容は、2020年12月2日 10:11プレスリリース発表時点での情報です。今後変更となる場合がありますので予めご了承ください

木下グループが開業する店舗来店型「新型コロナPCR検査センター 新橋店」イメージ

「新型コロナPCR検査センター 新橋店」イメージ

〈新型コロナPCR検査センター 新橋〉

所在地:東京都港区新橋2丁目16-1 ニュー新橋ビル1F 西側角
特設サイトhttps://covid-kensa.com/

木下グループ公式ウェブサイトhttps://www.kinoshita-group.co.jp/

  • TOP
  • BUSINESS
  • MANAGEMENT
  • 木下グループが「新型コロナPCR検査センター」を新橋駅前に12/4開業