BUSINESS

日建設計×ハチハチ×ロフトワーク

地方と都市の新たな関係性をつくる新会社・Q0(キューゼロ)を3社合同で設立

BUSINESS2022.09.09

日建設計、林 千晶氏が今年8月に設立したハチハチ、諏訪光洋が代表を務めるロフトワークの3社が、新会社「Q0」を9月9日に設立した。地方と都市の新たな関係性をつくることなどを目指し、秋田と富山の4つのエリアでプロジェクトを開始する。

日建設計(東京都千代田区 代表取締役社長:大松 敦)、ハチハチ(東京都渋谷区、代表取締役:林 千晶)、ロフトワーク(東京都渋谷区、代表取締役社長:諏訪光洋)の3社が、「地方と都市の新たな関係性をつくる」ことを目的に、3社合同で新会社・Q0(キューゼロ)を9月9日 (金)に設立しました。。

新会社のネーミングが、問いである「Question」と、ゼロエネルギー化を意味する「0(数字のゼロ)」の頭文字を組み合わせたもの。
いくつかの地域を拠点に、地元企業や創造的なリーダーとコラボレーションしながら、持続可能(サステナブル)な未来の創出を目指した、実験的なプロジェクトを企画・実装し、時代を代表するような「継承される地域」のデザインを実現していく計画です。

Q0の基本方針

“Listen”
地域に足を運び、今まで聞こえなかった声に耳を傾け、問いかけ、対話をする

“Design”
人・場・活動を巻き込み、継承される魅力的な地域をデザインする

“Zero Energy”
エネルギー収支を考え、地球にやさしい施策を実施する

設立の背景

プレスリリースによれば、日本の地方の地域では、高齢化・過疎などによる産業力の低下や空洞化など、多くの課題が都市部に先行して存在しています。その一方で、世界から高く評価されている日本の文化の多くもまた、地方に存在しています。

生活者の視点に立脚し、デザインによる課題解決を率いてきた、ハチハチを率いる林 千晶氏、まちづくりを通じて社会価値を創出してきた日建設計、クリエイターとともに地方にある資源や人の可能性を解放するプロジェクトを行ってきたロフトワーク、この3社がそれぞれ持っている経験やノウハウを掛け合わせることが、Q0設立の狙いです。
「地方と都市の“あいだ”」へと眼差しを向けることで、環境やサステナビリティをはじめとする社会の諸課題を解決する糸口を探っていきます。かつ、実践的な取り組みのもと、成長可能な事業を創出し、地域の可能性を開拓していくことを目指すとのこと。

単に「解決策を提案する」「ビジネスの機会を発見する」ことに限らず、解決の道筋を見出す「人」をみつけ出し、都市と地域をつなぐ実験的な活動の「場」を創造、より多くの人を巻き込みながら、成長する「コミュニティ」を生み出すための取り組みを推進していく計画です。

新会社・Q0(キューゼロ)今後の活動計画

新会社・Q0(キューゼロ)今後の活動イメージ

Q0の活動イメージ

Q0では主に、以下の2つの活動を行う予定です。

1.地域でのプロジェクト実装
地域課題の解決につながるプロジェクトの企画・実装や運営をサポートし、地方と都市の新たな関係を構築する。
まずは、秋田と富山を拠点とし、4つのエリア(秋田市、にかほ市、富山市、南砺市)でプロジェクトをスタートさせる予定。

2.地域プロジェクトを束ね、WEBやイベントを通し情報発信を行う
Q0メンバーシップを立ち上げ、互いに知見を共有しながら、地域活性化のための新しいプロセスやルールを議論していく。

新会社・Q0(キューゼロ)取締役メンバー

Q0(キューゼロ)を設立した3社を率いる3氏(左から、大松 敦、林 千晶、諏訪光洋)

3社概要と代表者コメント

日建設計 会社概要
建築・土木の設計監理、都市デザインおよびこれらに関連する調査・企画・コンサルティング業務を⾏うプロフェッショナル・サービス・ファーム。創業以来120年にわたって、社会の要請とクライアントの皆様の様々なご要望にお応えすべく、顕在的・潜在的な社会課題に対して解決を図る「社会環境デザイン」を通じた価値創造に取り組む。2021年3月には、「気候非常事態宣言」を発出。脱炭素社会に向けた新たなモデルとなるプロジェクトを推進する。
https://www.nikken.jp/ja/

大松 敦(日建設計 代表取締役社長)コメント
「日建設計は、社会環境デザインプラットフォームに向けて進化している。そのためには社会課題に対する感性を磨き続けなければならないが、都会で仕事をしていると案外難しい。大きなプロジェクトの部分を最適化することに囚われて、つい全体像を見失ってしまうこともある。
地方の魅力は自らの視点を大切にして、地域の社会課題解決に取り組む環境があること。そんな環境だからこそゼロエネルギーへの道筋が見えたプロジェクトもあった。地域の環境に飛び込み、さまざまな人たちとの交流を通じて自らの五感を刺激することで、ひとりの生活者として社会課題解決の全体像をイメージする。Q0は、そんな機会をたくさんつくり、人が生まれ、繋がるハブとしていきたい。」


ハチハチ 会社概要
株式会社ロフトワークを22年間率いた林千晶が、2022年8月に設立。企業や自治体とともに、プロジェクトマネジメント、デザインリサーチ、デザイン経営など、さまざまなクリエイティブの手法や思考方法を実践した経験を生かし、地方と都市の新たな関係性をつくるQ0の活動を中心に行う。

林 千晶(ハチハチ 代表取締役)コメント
「”地方”と呼ぶと、急に遠くなる。でも”地域”と表すと、毎朝『おはよう』と声をかけたくなるおばさんやおじさんの笑顔、白い泡をはきながら往来する波や海、真冬に一面を覆ってしまう神々しい白い雪がふっと消えてしまい、具体性に欠けてしまう。
人口減少の時代に入り、どう人口を維持していくのか、どう経済をまわしていくのか、日本は問われている。地方は問題の最先端とも言える。でも地方、あるいは田舎の魅力は変わらずにあることも確かだ。地方の魅力をもう一度定義し、都市との関係で読み解く中で、継承される地域をデザインしてみたい。」


ロフトワーク会社概要
すべての人のうちにある創造性を信じ、オープンコラボレーションを通じてWeb、コンテンツ、コミュニケーション、空間などをデザインするクリエイティブ・カンパニー。グローバルに展開するデジタルものづくりコミュニティ「FabCafe」、素材の新たな可能性を探求する「MTRL(マテリアル)」、オンライン公募・審査でクリエイターとの共創を促進する「AWRD(アワード)」などのコミュニティやプラットフォームを運営。さまざまな才能と共創することで、幅広いクリエイティブサービスを提供する。
https://loftwork.com/

諏訪光洋(ロフトワーク 代表取締役社長)コメント
「地方企業のデザイン経営を支援するプログラム、地方大学のキャンパスのコンセプト策定、茨城の芸術祭、諏訪市など地方行政との取り組み、今年7年目を迎えた飛騨市との官民共同事業体・株式会社 飛騨の森でクマは踊る。気がつけばロフトワークもたくさんの地域プロジェクトに取り組んできました。
そこで思うことは“必勝法“がないこと。地域には、必ず核と原石となる人と魅力がある、けれど気づかれていない。語りかけるべき人々は誰だろう? 原石をどう磨こう? どんなコミュニティが必要だろう? このQ0が『なんか最近、あそこいいよね』と、日本全国をそう思わせていく取り組みになればいいなと思っています。」

株式会社Q0 会社概要

所在地:東京都千代田区一ツ橋1丁目1−1 パレスサイドビルディング 8F
取締役:林 千晶、奥森清喜(日建設計 取締役 常務執行役員、都市・社会基盤部門統括)、諏訪光洋
資本金:4,500万円
設立日:2022年9月9日

Q0 公式ウェブサイト
https://Q0.io

プレスリリース(各社代表プロフィール掲載)

日建設計
https://www.nikken.co.jp/ja/news/press_release/2022_09_08.html

ロフトワーク
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000092.000004703.html

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶
  • TOP
  • BUSINESS
  • MANAGEMENT
  • 日建設計、ハチハチ、ロフトワークの3社が、地方と都市の新たな関係性をつくる新会社「Q0」を設立、
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ