CULTURE

〈エースホテル京都〉の見どころを紹介した記事

CULTURE2020.04.20

Photograph by Stephen Kent Johnson

開業日の延期が発表されている、京都市〈エースホテル京都〉(京都市中京区姉小路通東洞院西入車屋町245-2)の建築的な見どころや客室の様子について、『カーサ ブルータス(Casa BRUTUS)』が速報しています(2020年4月14日)。

同ホテルは、京都の歴史的建造物である旧京都中央電話局(設計:吉田鉄郎氏)の一部を保存して修復した棟と、新築棟とを融合した、複合商業施設「新風館」の中に新たにオープンするもの。建築家の隈研吾氏と、エースホテルの長年のパートナーでLAを拠点とするコミューンデザイン(Commune Design)とのコラボレーションによってデザインされました。アメリカやイギリスに9つのホテルを展開する、シアトル初の「エースホテル」のアジア初進出ということも大きな話題です(2020年4月6日NTT都市開発株式会社プレスリリースより)。

「VIEW MORE」をクリックすると、ライターの平塚桂氏による『カーサ ブルータス』の記事を読むことができます。(yam)