CULTURE

隈研吾デザイン監修の礼拝空間×有名シェフの食を提供するカフェを併設した 「横濱聖苑」がオープン

CULTURE2020.09.01

隈 研吾氏のデザイン監修、鎧塚 俊彦氏によるカフェ、落合 務氏によるイタリアン、笠原 将弘氏による日本料理という、建築と食の巨匠による技が融合した新しい癒しの空間、室内墓所・葬儀「横濱聖苑」が8月29日にオープンしました。室内墓所の第1期販売(3,000基)を8月29日より開始しています。

同施設はカフェも併設し、宗教・宗派を問わず、日常的にだれでも利用できます。

エントランス

横濱聖苑 施設概要
所在地:神奈川県横浜市港北区篠原町97番地1
アクセス:横浜市営地下鉄ブルーライン「岸根公園」駅 徒歩5分
土地面積:2,894.70m²(875.64坪)
建物面積:建築面積3,665.67m²(1,108.86坪)/ 3棟合計
室内墓所延面積:3,311m²
種類:葬祭場、納骨堂、車庫、礼拝場、集会場、事務所
納骨堂経営許可の取得:1972年3月28日 宗教法人念佛寺
*株式会社ビーロット 2019年5月20日プレスリリースより

デザイン監修:隈 研吾(隈研吾建築都市設計事務所主宰)
カフェ監修:鎧塚俊彦(Toshi Yoroizukaオーナーシェフ)
日本料理監修:笠原将弘(日本料理「賛否両論」店主)
イタリアン監修:落合 務(「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」店主 / 一般社団法人日本イタリア料理協会名誉会長 / 一般社団法人全日本・食学会理事)

待合スペース

参拝室

記念樹が植えられた合祀墓

隈 研吾氏コメント:
癒しの場、供養の場には可能性があると思います。なぜなら、いつもは忙しくて会えない仲間や親戚に会えて、一体感を感じることが出来る場所だからです。そういう場で、おいしい料理を味わいながら、また新しい思い出を作る。横濱聖苑は、都市型のメモリアルホールとして、今後のひとつのスタイルになるのではないでしょうか。」

開放的なガラス張りのカフェ「SKY」Produce by TOSHI YOROIZUKA

ガラス張りのオープンカフェでは、和洋さまざまな料理を提供。また、相続診断士、弁護士、税理士らによる専門的な相談会や、相続をネタにした落語、ミニライブなどのイベント開催も予定しています。

提供されるメニューのイメージ

左から、鎧塚俊彦氏、笠原将弘氏、落合 務氏

〈横濱聖苑〉公式ウェブサイトでは、同施設の建設に関わった隈研吾氏、鎧塚俊彦氏、笠原将弘氏、落合 務氏らのよる座談会や、個別インタビューの様子を収録した動画を配信しています。(en)

横濱聖苑 公式ウェブサイト
https://www.yokohama-seien.co.jp/

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 隈研吾デザイン監修の礼拝空間×有名シェフの食を提供するカフェを併設した 「横濱聖苑」がオープン