CULTURE

隈研吾デザイン〈イッタラ表参道 ストア & カフェ〉2/19オープン

CULTURE2021.02.16

2020年9月26日初掲
2021年2月16日、20日画像と動画を追加

フィンランドのライフスタイルブランド、イッタラ(Iittala)が、直営店とカフェを併設した〈イッタラ表参道 ストア&カフェ(Iittala Omotesando store & café)〉を、東京・表参道にオープンします。

建築家の隈 研吾氏がデザインを手掛ける店舗のイメージビジュアルは、昨年9月に発表され(イッタラ公式ウェブサイト 2020年9月24日ブログ)、【TECTURE MAG】でもニュースとして掲載しています(下記)。

イメージ画像:イッタラ2020年9月24日グログより
https://www.iittala.jp/column/iittalaOmotesado/

〈イッタラ表参道 ストア&カフェ〉がオープンするのは、野村不動産の都市型商業施設〈GEMS AOYAMA CROSS〉の1階になります。
施設の全館開業日(2021年2月19日)と概要が、2月15日に野村不動産がプレスリリースで発表したのに続いて、日本国内でイッタラを展開するフィスカース ジャパンも、最新の店内写真と店舗の詳しい仕様について発表がありました(2月19日プレスリリース
以下は、フィスカース ジャパンのリリースを元に店舗の概要をお伝えします。

〈イッタラ表参道 ストア&カフェ〉内観

〈イッタラ表参道 ストア&カフェ〉内観

フィンランドの森をイメージして、隈 研吾氏が内装デザインを手がけた新店舗〈イッタラ表参道 ストア&カフェ〉は、イッタラにとって初めての試みとなる体験型ショップです。イッタラの製品を通じて、訪れる方々に北欧文化や暮らしを体感できる場を提供することを目的としています。

このコンセプトの背景には、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大の影響で、フィンランドに行くことはできないけれども、この店舗に足を運んでもらえれば体験でき、北欧の雰囲気を楽しんでほしいというイッタラの思いがあります(フィーカスジャパン代表取締役社長 Christophe Ranchoux 談 / YouTubeインタビュー動画より)

北欧の革新性や美意識ある伝統を、隈氏とタッグを組んだ店内のここかしこに散りばめ、インテリアもイノベイティブでサステナブルな新素材や木材を採用、北欧の自然が醸しす穏やかさを演出しています。

上から吊るされた、木の幹をイメージしたと隈氏が語る、有機的なユニークな形状の茶色のガラスは、マウスブロー(吹きガラス)による造作照明で、この店舗のためにデザインされました。その奥の壁に投映されるのは、フィンランドの美しい自然を伝える映像。フィンランドにあるイッタラのガラス工場で使われている、製品を製造するための木型なども展示され、北欧の雰囲気を伝えるプロダクトとインテリアが、訪れた人々を迎えます。

イッタラ表参道 ストア&カフェ

店内の壁のデザインは、フィンランドの森に着想を得たもの。壁とカウンターには、一部がコーヒー豆からできている、持続可能なリサイクル内装材(KMEW / SOLIDO typeF)を用いています。

イッタラ表参道 ストア&カフェ

カフェの天井付近には、細い角材で千鳥格子がレイアウトされています。隈氏らしい造形であり、日本の伝統工芸と自然に対するイッタラの敬意も表現しています。

イッタラ表参道 ストア&カフェ

製品を展示するディスプレー台には、イッタラの工場から出た廃棄ガラス、パルプ、顔料、石膏、Aalto Cellと呼ばれるセルロース(MCC)などの素材を再利用し、人目を引くデザインの什器を採用。この什器は、フィンランドのアアルト大学の学生たちとのコラボレーションで生み出されたものです。

イッタラ表参道 ストア&カフェ

イッタラのルーツは、1881年にフィンランド南部のイッタラという村に設立されたガラス工場。当初は、ヨーロッパ大陸で多く見られた技術と型吹き技法を用いた製造を行っていました。躍進を遂げたのは、モダニズムと機能主義が注目された1930-1940年代、アルヴァ・アアルト、アイノ・アアルト、カイ・フランクなど、今日なお北欧デザインを代表するパイオニアたちが、製造の限界を打ち破り、人々に美しさと機能を提供するというイッタラの哲学を生み出しました。この考え方は、永遠に変わることのないイッタラの基盤です。イッタラは、ただ美しい作品を制作するのではなく、長く愛用されるタイムレスなデザインを生み続けています。

イッタラ表参道 ストア&カフェ

「イッタラ表参道 ストア&カフェ」では、アイコニックな商品はもちろんのこと、レアな製品、特別な限定品などを取り揃えています

例えばバード バイ トイッカのシエッポ(レモン・ブルー)は、同店のみの限定販売。シエッポは、フィンランドの伝説的なアーティストでデザイナーのオイバ・トイッカがデザインした、イッタラが誇るバード バイ トイッカシリーズの1作品。また、ティーマシリーズから今年登場した新色リネンは、他国に先駆け、日本で先行販売を行います。

このほか、アルフレッド・ハベリがデザインしたエッセンスのサービングコレクション[*]、フィンランドのアーティスト サントゥ・ムストネンが生み出した限定のガラス彫刻カルッタ、アルヴァ・アアルトが手掛けたシリアル番号付アーカイブ形状の象徴的なアアルトベース[*]、そして、イッタラのサステナブルを体現する、100%リサイクルガラス素材でつくりだしたコレクションなど、続々と発売していきます(*2021年3月リリース予定)。

これらの商品は季節ごとにリフレッシュされ、イッタラのキュレーションによる、イッタラ以外の高品質なフィンランドデザインも紹介していく予定とのこと。また、ムーミンシリーズをはじめとするアラビア(ARABIA)の製品も店頭に並びます。(en)


#Iittala YouTube公式チャンネル「Iittala Omotesando store & café」(2021/02/17)

イッタラ表参道 ストア&カフェ(Iittala Omotesando store & café)
所在地:東京都渋谷区神宮前5丁目46番地7 GEMS AOYAMA CROSS 1F(Google Map
開業日:2021年2月19日(金)
https://www.gems-aoyama-cross.com/shops/07/
イッタラ(Iittala)公式ウェブサイト(日本語) https://www.iittala.jp/

〈GEMS AOYAMA CROSS〉外観

〈GEMS AOYAMA CROSS〉MAP

〈GEMS AOYAMA CROSS〉MAP

野村不動産 都市型商業施設〈GEMS AOYAMA CROSS〉公式ウェブサイト
https://www.gems-aoyama-cross.com/

隈研吾氏が手がけたカフェ、ホテルほか

FEATURE2020.11.13

Special report: Coverage of the media preview

隈研吾デザイン監修〈角川武蔵野ミュージアム〉11/6 グランドオープン!【Report】
CULTURE2020.11.06
隈研吾が内装デザインによる、マリオットの最高級ブランドホテル〈東京エディション虎ノ門〉10/20開業
CULTURE2020.09.01
隈研吾デザイン監修の礼拝空間×有名シェフの食を提供するカフェを併設した 「横濱聖苑」がオープン
COMPETITION & EVENT2020.10.09
隈建築をガイド付きで。日本交通タクシー「隈研吾 建築ツアー in Tokyo」10/16より運行

アルヴァ&イイノ・アアルト 関連記事

COMPETITION & EVENT2021.04.09
「アイノとアルヴァ 二人のアアルト フィンランド―建築・デザインの神話」展
COMPETITION & EVENT2020.05.28
「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命 木材曲げ加工の技術革新と家具デザイン」竹中大工道具館にて5月28日より開催 注.展覧会フライヤー記載の会期はスケジュール変更前のもの

【販売終了】DRILL DESIGN がアアルト〈stool60〉とコラボ

PRODUCT2020.11.15
DRILL DESIGNが加工方法からデザインを考えた新しいレザープロダクト「case LEFT.」