CULTURE

フォスター アンド パートナーズによる金色に輝くスタジアム

FIFAワールドカップ・カタール2022とカタールの計画都市ルサイルを象徴する〈ルサイル・スタジアム〉

CULTURE2022.09.27
〈ルサイル・スタジアム〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

カタールの計画都市ルサイルに建つ〈ルサイル・スタジアム(Lusail Stadium)〉は、三角形の開口が連続した金色のファサードと、スタジアムを覆う直径307mの世界最大級の引張式ケーブルネットルーフが特徴的な建築です。

FIFAワールドカップ・カタール2022にて中心的な存在となるスタジアムとして、ノーマン・フォスター(Norman Foster)率いるイギリスの建築設計事務所フォスター アンド パートナーズ(Foster+Partners)が設計しました。

(以下、Foster + Partnersから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈ルサイル・スタジアム〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

〈ルサイル・スタジアム〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

「ワールドカップ」と「計画都市」を象徴する建築

フォスター アンド パートナーズが設計した、FIFAワールドカップ・カタール2022の中心的な会場となる〈ルサイル・スタジアム〉は、8万人の観客を収容できるワールドクラスのサッカー施設である。

30億人以上の観客を動員すると予想される、4年に1度のスポーツイベントであるワールドカップは、土地に根ざした創造性と革新性を表現する大事な機会となっている。

〈ルサイル・スタジアム〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

カタールの計画都市であるルサイルは、開発が完了すると50万人近い人々が住む都市となる。ワールドカップにおいてだけでなく、この新たな都市においても〈ルサイル・スタジアム〉は、中心的な存在として構想されている。

FIFAワールドカップ・カタール2022や、この都市の将来においても重要な役割を果たすことだろう。

〈ルサイル・スタジアム〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

カタールの気候や文化的遺産への理解や、クライアントの要望の深い分析がデザインの基礎となっている。

このスタジアムは、太陽光を受けて輝く「金色の器」として表現されている。ファサードに施された三角形の開口が内部コンコースに日陰をつくり、光を遮るスクリーンとして機能する。ファサードと革新的な屋根デザインや外気冷房技術により、エネルギー消費量を削減し、オープンエアーのスタジアムの快適性を最大限に高めている。これらにより、グローバル・サステイナビリティ・アセスメント・システムにて5つ星を獲得している。

〈ルサイル・スタジアム〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

〈ルサイル・スタジアム〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

試合やイベントの際に命を吹き込む「器」として機能する〈ルサイル・スタジアム〉は、この地域最大のスタジアムとして、最も華やかな国際的イベントを開催することができる。

直径307mの「スポークホイール型」ケーブルネットルーフは、スタジアムに設置された世界最大級の引張式ケーブルネットルーフであり、1つの屋根でスタジアム全体が覆われているのが特徴である。外側の圧縮リングと中央の張力リングは、複雑なケーブルシステムで接続されており、これにより支柱を必要としない広大な屋根が実現した。

〈ルサイル・スタジアム〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

全体の色味を落ち着いたサンドカラーで統一することで、チームカラーを身にまとったサポーターの活気とエネルギーをスタジアムや座席に反映する。

スタジアムの純粋でシンプルなフォルムは、まちのスカイラインを象徴するものとなっている。遊び心のあるスケールと、幾何学的な美しさを備えた〈ルサイル・スタジアム〉は、FIFAワールドカップの後もカタールを象徴する存在となるだろう。

〈ルサイル・スタジアム〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

〈ルサイル・スタジアム〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

以下、Foster + Partnersのリリース(英文)です。

2022 – Lusail, Qatar
Lusail Stadium

Conceptualised by Foster + Partners, the design for Lusail Stadium – the centrepiece venue for the FIFA World Cup Qatar 2022™ – is a world-class football facility for 80,000 spectators. With an estimated global audience of over three billion, the quadrennial sporting event presents a unique opportunity to express an image of creativity and innovation, rooted in the sense of place.

When fully built, Lusail City will be home to almost half a million people. Conceived as a singular, unified centrepiece at the heart of the new city, the stadium will be the central focus for the FIFA World Cup Qatar 2022™ celebrations and will play a key part in the future of the city. Located at the end of the grand boulevard that links to the corniche along the coast, the stadium is part of an urban vision for Lusail City along with the Lusail Towers and Plaza.

In-depth analysis of the brief and the client’s requirements, together with an appreciation of the climatic and cultural heritage of Qatar, formed the basis of the design. The seating bowl is expressed externally as a burnished golden vessel, which sparkles against the sunlight. The façade features triangular openings that visually reinforce the bowl’s structural diagrid and form a perforated screen to provide shade and filter dappled light on to the internal concourses. The high-performance façades and an innovative roof design reduce the stadium’s energy consumption. Outdoor cooling technologies are used to maximise comfort within the open-air stadium. It has achieved a five-star rating under the Global Sustainability Assessment System.

With a primary aim of creating an immersive atmosphere for both players and spectators, the pitch and its relationship to the seating bowl was the starting point of the stadium’s design. Access to the stadium via a broad podium gives spectators a grand welcome as they approach the gates. The stadium bowl acts as a contained ‘vessel’ which comes to life during matches and events. As the largest stadium in the region, it has the capacity to host some of the most spectacular international events.

The 307-metre-diameter ‘spoke-wheel’ cable net roof, one of the world’s largest tensile cable-net roof in a stadium, brings environmental comfort while also unifying the entire stadium under a single envelope. Its outer compression ring is connected to a central tension ring by a complex cable system. This method creates a wide-expanse roof without the need for supporting columns.

The muted sand-coloured palette flows into the colours of the seats, which offer a calm backdrop to the vibrancy and energy of the supporters wearing team colours.

Playful with scale and geometrically elegant, the new Lusail Stadium will be an enduring symbol for Qatar’s post FIFA World Cup™ legacy. The purity and simplicity of stadium’s form make it an iconic addition to the city skyline.

Appointment: 2015
Completion: 2022
Area: 925,112m²
Capacity: 80,000
Client: Supreme Committee for Delivery + Legacy
Collaborating Architect: Ara Engineering Bureau
Structural Engineer: Arup
Quantity Surveyor: Rider Levett Bucknall

「Lusail Stadium」Foster + Partners 公式サイト

https://www.fosterandpartners.com/projects/lusail-stadium/

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

フォスター アンド パートナーズ 関連記事

CULTURE2022.05.28

渋谷マルイが本格木造で建て替え

リードデザイナーはノーマン・フォスター率いるフォスター アンド パートナーズ
CULTURE2022.07.19

アイコニックかつサステナブルな300mの超高層ビル

フォスター アンド パートナーズが設計した構造体であり日射を遮るフィンが包み込む〈クウェート国立銀行本社〉
CULTURE2022.06.29

歴史ある建築を活かす木製プラットフォーム

フォスター アンド パートナーズが設計した 築100年以上になる工業建築のビルディング・リユース先進プロジェクト〈Ombú〉
CULTURE2022.05.19

用途に合わせ眺望を変化させる可動式ファサード

フォスター アンド パートナーズとヘザウィックスタジオが設計した〈外灘金融センター〉
CULTURE2022.01.11

歴史ある映画館を再生した荘厳なアップルストア

フォスター アンド パートナーズが設計した〈Apple Tower Theatre〉
CULTURE2022.01.12

緑が通り抜ける建築と自然の間のような空間

フォスター アンド パートナーズが設計した緑あふれるアップルストア〈Apple at The Grove〉
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • フォスター アンド パートナーズによる金色に輝くスタジアム、FIFAワールドカップ・カタール2022とカタールの計画都市ルサイルを象徴する〈ルサイル・スタジアム〉
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ