CULTURE

インターナショナルギャラリー ビームス旗艦店がリニューアル

DAIKEI MILLSが1Fウィメンズフロアの空間デザインを担当

CULTURE2022.03.23

東京・原宿の〈International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)〉が3月18日にリニューアル。
1階に移転したウィメンズのフロアの設計を、DAIKEI MILLS(ダイケイ・ミルズ)が担当しています。

〈International Gallery BEAMS〉は、インターナショナルな感覚で、よりトレンドを意識したインポート商品を中心に、1981年にスタートしたレーベルです。
ウィメンズは、国内外の期待のインディペンデントから、ハイエンドなデザイナーズまで、幅広いイメージを混在させたファッションを提案しています。

今回、リニューアルした店舗は、レーベルの旗艦店です。
先行して、20221年10月に、メンズメインの2Fがリニューアル。ファッションの街・原宿でも歴史ある旗艦店の1つである「BEAMS F」が隣接するビルからこの2Fに移転し、修理専門の「ビームス工房」とあわせて、2フロアをあわせて「International Gallery BEAMS」の世界観が形成されることになります。

International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)旗艦店

前回のリニューアルでは、「BEAMS F」のクラシックな世界観を”歴史的建造物”に、「International Gallery BEAMS」のモードな世界観を”近代建築物”にというコンセプトに置き換え、相反する店舗を共存させることで生まれる美しさを表現していました。

今回のウィメンズの移転リニューアルのデザインコンセプトは、“既存と新規の美しい重なり”。 前述・既存の西洋的な装飾に対し、現代的な手法で有機的な素材をシンプルに重ねていき、新旧のコントラストを明確にしながら、両者が持っている美しい部分を際立たせることを目指したとのこと。ジェンダーの境界線がない、ミニマルな空間となっています。

〈International Gallery BEAMS〉ウィメンズディレクター 片桐恵利佳コメント
今回のウィメンズリニューアルは1つの節目であり、地下1階からスタートした店舗が2階に移り、2021年のタイミングでミニマムスケールの中で展開することが決まりました。
今回のリニューアルにあたり、「店舗で購入する」という付加価値として、人との関係性を生み出し、コミュニケーションが発生する場所となるよう、フロアの設計を「DAIKEI MILLS」に依頼しました(以下の画像は竣工前のイメージパース)。

International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)旗艦店 1Fウィメンズフロア 改装イメージ

International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)旗艦店 1Fウィメンズフロア 改装イメージ

新しい空間が内包するのは、継承と、これから先の未来に大切にしていきたいこと。「原宿」という場所に長く存在し続けている〈International Gallery BEAMS〉は、「原宿」の表と裏の通りを行き交う人々の、多種多様で自由な雰囲気と同じように、年齢やスタイルを限定せずに、ファッション、美術、音楽、食文化を含め、生活にまつわるさまざまな分野に興味のある人達の為の「セレクトショップ」であることを目指しています。

International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)旗艦店 1Fウィメンズフロア 改装イメージ

1つの建物の中に集結している、BEAMSのさまざまなイメージのレーベルが交差する1階に、ウィメンズのフロアを構えることで、ファッションの「キュリオシティ(好奇心)」を刺激する「入口」という感覚も大切にしています。

International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)旗艦店 1Fウィメンズフロア

International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)旗艦店 1Fウィメンズフロア

DAIKEI MILLSコメント
これまでの「ショップデザイン」には、時代の匂いを瞬時に取り込み、「なう」を纏(まと)った場をつくり続ける、短距離走スタイルが主流でした。ただ、本当にそれが根源的に豊かな空間といえるのでしょうか。今回のプロジェクトでは、BEAMSチームとその疑問に真摯に向き合い、これからのショップには「何を」纏った場であるべきかを徹底的に追求しました。
時代の大変革期に、この大きな議題とともに新しい〈International Gallery BEAMS〉を共につくり上げられたことを非常に嬉しく思います。
ただこのショップはオープンした日が完成ではありません。あくまでもそれは中継地点であり、お客さまを含めたみんなと共に成熟させていく場なのです。さまざまな寄り道をしながらも、豊かな長距離走を一緒に楽しんでいけたらと願っています。(DAIKEI MILLS 一同)

International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)旗艦店 1Fウィメンズフロア

International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)旗艦店 1Fウィメンズフロア

International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)旗艦店 1Fウィメンズフロア

DAIKEI MILLS(ダイケイ・ミルズ)プロフィール
中村圭佑によって設立された、東京を拠点に活動する設計事務所。
商業空間や公共施設などさまざまなプロジェクトに取り組んできた中村は、人と空間の在り方について一貫してデザインの実践を通して考え続けてきた。
中村の創作の源泉には、アートの抽象性や緻密性からの影響が色濃く表れている。
既存の空間と将来の用途に対して真摯に向き合い、彫刻的な造形と単純な平面を緩やかに結びつけ、卓越した素材使いを以ってして、その場でしか生まれ得ないサイトスペシフィックな空間を生み出す。
2020年より、都市に存在するVOID(遊休施設や社会的隙間)を時限的に占有し、さまざまな手法を用い、一般へ解放する運動「SKWAT」を始動。

DAIKEI MILLS Web Site
http://daikeimills.com/

International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)旗艦店

〈International Gallery BEAMS〉店舗概要

所在地:東京都渋谷区神宮前3-25-15 神宮前テラス 1F(Google Map
営業時間:11:00-20:00
定休日:不定休

International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)旗艦店

オリジナルのナップサック / リニューアルオープン記念のノベルティ(BEAMSとDAIKEI MILLSとの共同デザイン)

International Gallery BEAMS 公式インスタグラム
https://www.instagram.com/internationalgallerybeamswomen/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

DAIKEI MILLS が手がけたプロジェクト

COMPETITION & EVENT2021.12.26

追加公募!Stool 60と401 Armchair のリデザイン

SKWAT/ARTEK Open Call Online Competition
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • インターナショナルギャラリー ビームス旗艦店がリニューアル、DAIKEI MILLSが1Fウィメンズフロアの空間デザインを担当
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ