COMPETITION & EVENT

Vitra×SKWAT「P」期間限定オープン

プルーヴェコレクションのデスクで仕事もできるパブリックスペース

東京・南青山のスペース・SKWAT[*1]に、ヴィトラとの共催でパブリックスペース「P」が期間限定でオープンした。ヴィトラの「プルーヴェ コレクション」の新作・新色を含むデスクやチェアが配置され、自由に使う(use)ことができる。貴重な映像資料も上映。プールヴェの建築とデザインを紐解くトークイベントも開催。

Vitra×SKWAT 公共空間「P」

Vitra×SKWAT 公共空間「P」内観

東京・南青山5丁目にあるスペース[SKWAT(スクワット)]に、ヴィトラ(Vitra)との共催によるパブリックスペース「P」が、9月17日にオープンしました(期間限定)。
「P」とは、Public(公共)、Place(場)、Practice(実践)、Prouvé(プルーヴェ)の頭文字からの命名です。

Vitra×SKWAT 公共空間「P」

Vitra×SKWAT「P」内観

Vitra×SKWAT 公共空間「P」

Vitra×SKWAT「P」内観

「P」では、ヴィトラが2002年から製造・販売している、フレンチミッドセンチュリーを代表するデザイナーで建築家でもあった、ジャン・プルーヴェ(Jean Prouvé, 1901-1984)がデザインした家具などの復刻プロダクトを大きく展開。デスクを使ってみたり、チェアに腰掛けて本を読んだり、休憩したり、使い方は自由で、訪れた人が、見て、触れて、使える、パブリックスペース(公共空間)という位置付けになっています(会場設計:SKWAT)。

ヴィトラ「プルーヴェ コレクション」

9月17日に新色5色が追加された〈スタンダード〉

会場には、オープンと同日に販売開始となった「プルーヴェ コレクション」の新作や、プルーヴェの代名詞ともいえるチェア〈スタンダード〉の新色プロダクトも並び、これらをいち早く体験することができるのが大きな特徴です。

とりわけ、9月20日に世界同時発売となる、100脚限定のラウンジチェア〈フォトゥイユ カングルー〉のリミテッドエディションは貴重で、座り心地を試すことができるのは、日本ではこの「P」だけとなっています。

Vitra×SKWAT 公共空間「P」

ラウンジチェア〈フォトゥイユ カングルー〉リミテッドエディション

そのほかにも、「P」では体験型のコンテンツも用意されています。
自らを「構築家(constructeur)」と称していたプルーヴェは、建築だけでなく、家具のデザインにおいても構造を重視しました。彼が生み出したプロダクトの多くは、解体、再構築が比較的容易となっているのが特徴です。たとえば、〈EM テーブル〉の組み立てや、〈スタンダード〉の材(カラー)の組み替えなど。
会場の一角には、これらの解体・組み立て・交換を実際に行えるコーナーを併設。ジャン・プルーヴェのデザイン哲学と理念を、実体験を通して学び取ることができます。

Vitra×SKWAT 公共空間「P」

〈スタンダード〉の組み立てが体験できるコーナーも

Vitra×SKWAT 公共空間「P」

Vitra×SKWAT 公共空間「P」内観

また、会場内のスクリーンでは、ナンシーの自邸〈プルーヴェハウス〉の映像や、プルーヴェの娘であるカトリーヌ・プルーヴェのインタビューを上映。18時からは、ドキュメンタリー映画「ジャン・プルーヴェ 勇気ある反抗者」(約50分)も連日上映されます。

これらの貴重な資料と「使う」復刻プロダクトとあわせて、フレンチミッドセンチュリーという時代に大きな足跡を残した”Constructeur”の人物像に迫ります。

ジャン・プルーヴェ ナンシーの自邸

ジャン・プルーヴェ自邸(フランス・ ナンシー)

「P」開催期間中は、建築家の山名善之氏らが登壇する、ジャン・プルーヴェをより深く知るためのトークイベントも開催されます(計2回、どちらも要申込)。

期間限定の公共空間「P」について
Public(公共)、Place(場)、Practice(実践)・・・・・・Prouvé(ジャン・プルーヴェ)の家具や建築をはじめとするすべての作品には、彼の社会に対する想いが込められています。それは、より多くの人々のための家具を作り、生活環境全般を快適に変え、社会をより良い方向へと改善することでした。
そのため、彼のデザインの多くは、大学や学校、オフィスなどの公共空間や公共施設のために開発されました。ジャン・プルーヴェが掲げた社会的ビジョンと、自ら手を動かす実践的な方法論を現代へと受け継ぎ、ヴィトラとSKWATは、ヴィトラのプルーヴェ製品が並ぶ、期間限定の公共空間「P」を作り上げます。
「P」は、すべての人に広く開かれた場であり、誰しもが自由な目的で使うことができます。(Vitra×SKWAT)

SKWATからのメッセージ
このプロジェクトを通じて、SKWATは、既存の制度や枠組みを補完し拡大する場を設けることにより、既存制度の境界に挑みます。
パブリックスペース「P」は、開催中のジャン・プルーヴェ展を補完する非公式な活動であり、「P」を訪れる人は、美術館や展示という既存の枠組みの外で、ジャン・プルーヴェのデザインと彼のビジョンに実際に触れ、体験することができます。

Vitra×SKWAT 公共空間「P」

「P」はビルの地下1F

SKWATの地下のスペースは通常、twelvebooks[*2]の倉庫スペースとして活用されており、「P」開催期間中は、それらが共存するかたちで展開されます。お気軽にお立ち寄りください。

*1.SKWAT
都市の遊休施設を一時的に占有し、一般へ解放する運動として2019年に始動。現在では、物理的な空間のみならず、オンラインや公共電波にも範囲を拡大し、場づくりや発信活動に取り組んでいる。その手法は、展示、出版、物販、レクチャー、いずれも不完全なものから生じる価値の転換に焦点をあてて展開している。

SKWAT インスタグラム
https://www.instagram.com/skwat.site/

*2.twelvebooks
2010年に東京を拠点に設立されたアートブック専門のディストリビューター。
海外出版社の国内総合代理店として、書籍の流通やプロモーションのほか、関連する作家の展覧会企画や来日イベントなど、数多くのプロジェクトを手掛ける。
「TOKYO ART BOOK FAIR」のコミッティーメンバーを務めるほか、銀座の〈ドーバー ストリート マーケット 銀座(Dover Street Market Ginza)〉の書籍スペースで、2019年7月に7Fに移転・リニューアルオープンした[BIBLIOTHECA(ブリオテカ)]の共同キュレーションを手掛ける。2020年5月に南青山5丁目に、twelvebooksが主宰するサロン[SKWAT/twelvebooks]をオープン(Google Map)。

Vitra×SKWAT 公共空間「P」

Vitra×SKWAT 公共空間「P」内観

展示イベント「P」開催概要

開催期間:2022年9月17日(土)〜10月29日(土)
営業時間:12:00〜19:00
休業日:日曜・月曜、10月20日(木) ※9月18日(日)、19日(月・祝)は営業
所在地:東京都港区南青山5-3-2 B1F(Google Map
問合せ先:03-6868-8820

関連トークイベント1
日時:10月7日(金) 19:00-20:00
テーマ:「Who is Jean Prouvé ?」
予定内容:プルーヴェのプロダクトを見ながら、プルーヴェのデザインとその人となり、構造への哲学や、同時代に生きた建築家やデザイナーとの関わりなどを紐解く
講師:山名善之(建築家・美術史家、東京理科大学理工学部建築学科教授)
会場:「P」
定員:40名
料金:無料
申し込み:Peatixページにて受付
https://vitra-prouvetalk-1.peatix.com/

関連トークイベント2
テーマ:「構造から読み解く、プルーヴェの職能と建築作品」
予定内容:「プルーヴェの代表的な建築物の紹介や、自身を「Constructeur」と称したことなど、構造」の側面からプルーヴェのデザインと人物像に迫る
日時:10月12日(水) 19:00-20:00
講師:横尾 真 (構造家、シンガポール国立大学上級講師、東京理科大学客員准教授)
会場:オンライン(Zoomを使用)
料金:無料
申し込み:Peatixページにて受付
https://vitra-prouvetalk-2.peatix.com/

「P」詳細(ヴィトラ Webサイト)
https://store.vitra.co.jp/blogs/news/vitra-skwat-p

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

ヴィトラ「プルーヴェ コレクション」2022年秋 新作発表

PRODUCT2022.09.18

ヴィトラ「プルーヴェ コレクション」に新作が登場

多彩なカラーバリエーションを展開、9/20にリミテッドエディションを100台限定発売
COMPETITION & EVENT2022.09.28

tokyobike×Vitra「Le garage de Jean Prouvé」

ヴィトラのジャン・プルーヴェ コレクション新作と、限定カラーのコンセプトバイクがトーキョーバイク旗艦店とオンラインストアに登場

ヴィトラ(Vitra)TOPICS

PRODUCT2022.06.13

プルーヴェのラウンジチェアをヴィトラが復刻

鮮やかな青のラウンジチェア〈フォトゥイユ カングルー〉を世界150台限定で6/15より販売
CULTURE2022.07.10

篠原一男設計〈から傘の家〉が海外に移築

建築史上の木造住宅としてヴィトラキャンパスが継承、再建
FEATURE2022.08.26

【Movie】柔軟な働き方を可能にする「ダイナミック スペース」とは!?

インターオフィスがヴィトラと提案する 新しいワークプレイス

ジャン・プルーヴェ TOPICS

COMPETITION & EVENT2022.07.14

東京都現代美術館「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」

解体・移築可能な建築作品も3点展示される大規模展、7/16より開催【読者プレゼントあり】
FEATURE2022.09.05

「みんなの椅子 ムサビのデザインVII」会場レポート

武蔵野美術大学 美術館·図書館が誇るコレクション、憧れの名作椅子に座ってきた!

SKWAT(スクワット)TOPICS

COMPETITION & EVENT2021.12.26

追加公募!Stool 60と401 Armchair のリデザイン

SKWAT/ARTEK Open Call Online Competition
COMPETITION & EVENT2022.04.12

E&Y エキシビジョン「Thirty-six views」

36周年を迎えたファニチャーレーベルが国内外7人のデザイナー・アーティストとの新作を含む8作品を展示

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • EXHIBITION
  • プルーヴェコレクションのデスクやチェアを使えるパブリックスペース:Vitra×SKWAT「P」期間限定オープン
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ