CULTURE

フォスター アンド パートナーズによるApple最新店舗!

歴史的なアーケードのファサードに呼応したアーチ状の大開口と木製天井のAppleストア〈Apple Brompton Road〉

CULTURE2022.09.29
〈Apple Brompton Road〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

〈Apple Brompton Road〉は、イギリス・ロンドンに2022年7月にオープンしたAppleストアです。歴史的なアーケードのアーチ状のファサードに呼応した大開口と木製天井が特徴的な店舗となっています。

ノーマン・フォスター(Norman Foster)率いるイギリスの建築設計事務所フォスター アンド パートナーズ(Foster+Partners)が設計しました。

(以下、Foster+Partnersから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈Apple Brompton Road〉

©︎ Apple

〈Apple Brompton Road〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

Appleとフォスター アンド パートナーズのコラボレーションによる〈Apple Brompton Road〉がオープンした。

ロンドンのナイツブリッジに位置するこの新店舗は、高級百貨店であるハロッズとハーヴェイ・ニコルズの間に位置し、床から天井まで続くアーチ型の窓から自然光が降り注ぐ空間となっている。

〈Apple Brompton Road〉

©︎ Apple

〈Apple Brompton Road〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

フォスター アンド パートナーズのシニアエグゼクティブパートナーであるステファン・ベーリン(Stefan Behling)は次のように語る。

「〈Apple Brompton Road〉は、にぎやかで活気のあるロンドンの一角における、落ち着いたオアシスのような空間である。お客様は、歴史的な要素と自然の要素を取り入れたユニークな空間で、Appleの素晴らしい製品と触れ合い、Appleのパーソナルなカスタマーサービスを体験することができる。」

〈Apple Brompton Road〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

〈Apple Brompton Road〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

Apple Brompton Roadは、歩道に面し、正方形の平面形状と高さ7mのボリュームをもった店舗である。起伏のある木製の天井が特徴で、床から天井まで続く幅4mのアーチ型の窓が店内の8本のフィカスの木を縁取っている。この木は、ブロンプトン通りから入ってすぐにある、ロンドンの有名なハイドパークをイメージしている。

それぞれの木を支えるプランターに設えたベンチは視覚的な特徴であると同時に、ゲストのための交流スペースや休憩所にもなり、内と外の境界を曖昧にしながら、自然を直接建物の中に取り込んでいる。

〈Apple Brompton Road〉

©︎ Apple

〈Apple Brompton Road〉

©︎ Apple

天井の木材の曲線は、建物の歴史的なファサードの幾何学的な形状を反映している。天井に設置された照明等は、木製パネルの色や仕上げに合わせてデザインすることで、天井とシームレスに一体化している。

温かみのある素材は、ゲストやスタッフに落ち着きとまとまりのある環境を提供するため慎重に選定した。また、石、木、テラゾーの各マテリアルは、バスストーンと赤レンガで構成された建物の外壁を補完している。

〈Apple Brompton Road〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

〈Apple Brompton Road〉

〈Apple Brompton Road〉の床に用いたテラゾーは、植物由来のバイオポリマーで作成されており、これはAppleが世界中に展開する店舗で初めての試みである。また、すべてのAppleの施設と同様、〈Apple Brompton Road〉の電力は100%再生可能エネルギーで供給されている。

〈Apple Brompton Road〉

©︎ Apple

〈Apple Brompton Road〉

©︎ Apple

〈Apple Brompton Road〉

©︎ Apple

以下、Foster+Partnersのリリース(英文)です。

29 July 2022
London’s Apple Brompton Road store opens to the public

Apple Brompton Road, another close collaboration between Apple and Foster + Partners, is now open. The new Knightsbridge store is situated between high-end department stores Harrods and Harvey Nichols. It is flooded with natural light from floor-to-ceiling arched windows.

Stefan Behling, Senior Executive Partner, Foster + Partners, said: “Apple Brompton Road is a calm oasis in a bustling and vibrant part of London. Customers interact with Apple’s incredible range of products and experience their personalised customer service in a unique setting which incorporates historic and natural elements.”

Apple Brompton Road consists of a single floor, square footprint. The seven-meter-tall volume features an undulating, timber ceiling and has four-meter-wide floor-to-ceiling arched windows that frame eight graceful Ficus trees. The trees reference London’s famous Hyde Park, which is only just a few steps away from Brompton Road. The tree-lined seating at the base of each planter becomes a visual feature as well as a social gathering space or resting area for visitors, blurring the boundaries between inside and outside while bringing nature directly into the building. The natural light becomes dappled in appearance as it is filtered through the leaves and dances on the store’s interior surfaces.

The store’s curved timber ceiling reflects the existing geometry of the building’s historic façade. The ceiling’s integrated fixtures merge seamlessly with the timber panels, having been designed to match their colour and finish. A warm palette of materials has been carefully selected to create a calming and coherent environment for visitors and staff. Stone, wood, and terrazzo complement the building’s exterior façade of bath stone and red brick.

People enter the store through the central arcade, mirroring the dimensions of the original Brompton Arcade, which was built in this precise location in 1903. This central spine is defined by Castagna stone columns and four Ficus trees that also have seating at their bases. At the end of the tree lined arcade sits the Forum – another focal point of the design which acts as a separate learning and event space – with a large video wall. The screen appears to float effortlessly on the surface with the audio equipment discreetly integrated into the stone walls. The Forum’s volumes are amplified by a mirrored ceiling which is made from a specialised stretched fabric, generating an uninterrupted reflective plane. A designated Apple Pickup area, for collecting online orders, is positioned adjacent to the Avenue area on the left.

Apple Brompton Road’s terrazzo flooring is comprised of a plant-based bio polymers, the first of its kind in Apple’s worldwide retail fleet. Like all Apple facilities, Apple Brompton Road is powered by 100 percent renewable energy.

「Apple Brompton Road」Foster+Partners 公式サイト

https://www.fosterandpartners.com/projects/apple-brompton-road/

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

フォスター アンド パートナーズ 関連記事

CULTURE2022.05.28

渋谷マルイが本格木造で建て替え

リードデザイナーはノーマン・フォスター率いるフォスター アンド パートナーズ
CULTURE2022.09.27

フォスター アンド パートナーズによる金色に輝くスタジアム

FIFAワールドカップ・カタール2022とカタールの計画都市ルサイルを象徴する〈ルサイル・スタジアム〉
CULTURE2021.12.15

Alif - モビリティバビリオン / フォスター アンド パートナーズ

【ドバイ万博】最先端モビリティが稼働するステンレスに包まれた建築
CULTURE2022.07.19

アイコニックかつサステナブルな300mの超高層ビル

フォスター アンド パートナーズが設計した構造体であり日射を遮るフィンが包み込む〈クウェート国立銀行本社〉
CULTURE2022.06.29

歴史ある建築を活かす木製プラットフォーム

フォスター アンド パートナーズが設計した 築100年以上になる工業建築のビルディング・リユース先進プロジェクト〈Ombú〉
CULTURE2022.01.11

歴史ある映画館を再生した荘厳なアップルストア

フォスター アンド パートナーズが設計した〈Apple Tower Theatre〉
CULTURE2022.05.19

用途に合わせ眺望を変化させる可動式ファサード

フォスター アンド パートナーズとヘザウィックスタジオが設計した〈外灘金融センター〉
CULTURE2022.01.12

緑が通り抜ける建築と自然の間のような空間

フォスター アンド パートナーズが設計した緑あふれるアップルストア〈Apple at The Grove〉
PRODUCT2022.04.05

岩石を透過するやわらかな灯り

フォスター・アンド・パートナーズがデザインした地産地消の照明〈カルピエン・カプセル・テーブル・ライト〉
PRODUCT2022.06.02

犬もカッコイイ建築に住む時代!

フォスター アンド パートナーズがデザインした木質シェル構造の犬小屋〈ドーム・ホーム〉
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • フォスター アンド パートナーズによるApple最新店舗!歴史的なアーケードのファサードに呼応したアーチ状の大開口と木製天井のAppleストア〈Apple Brompton Road〉イギリス
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ