CULTURE

空港の中に水が流れ落ちる森!?

サフディ・アーキテクツが設計した 空港の既存ターミナルをつなぐ屋内庭園〈ジュエル・チャンギ空港〉

CULTURE2022.11.17
〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ TimHursely

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ TimHursely

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉は、5階の高さから流れ落ちる水や屋内庭園が特徴的なガラスの空間です。

チャンギ空港の既存ターミナルをつなぐように計画されていて、空港における交通の要所という主要な機能を、シンガポールの人々や海外からの旅行者のための集いの場へと拡張しています。また、庭園内にはマーケットやさまざまなアトラクションが組み込まれており、ショッピングやエンターテイメント、社会活動のための目的地という空港の新しいモデルを確立しています。

ボストンに設計本部を置き、エルサレム、上海、シンガポールにサテライトオフィスを構える設計事務所サフディ・アーキテクツ(Safdie Architects)が設計しました。

(以下、Safdie Architectsから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ TimHursely

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ TimHursely

サフディ・アーキテクツの創設者であるモシェ・サフディ(Moshe Safdie)は次のように語る。

「〈ジュエル・チャンギ空港〉は、自然とマーケットの体験を織り交ぜ、『高揚感と活気に満ちた都市の中心』という空港の理念を大胆にアピールし、旅行者や住民を魅了し、『庭園の中の都市』というシンガポールのビジョンに呼応している。」

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ DarrenSoh

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ TimHursely

既存ターミナルをつなぐ〈ジュエル・チャンギ空港〉は、熱気あふれるマーケットとパラダイス・ガーデンという2つの環境を組み合わせ、チャンギ空港におけるコミュニティを中心とした新しいスタイルを創造している。また、空港の中心部を公共アトラクションとして再構築している。

〈ジュエル・チャンギ空港〉は、空港の陸上業務施設、屋内庭園、レジャーアトラクション、小売店、ホテル施設など、さまざまな施設を1つ屋根の下に備え、ガラスとスチールからなる特徴的なドーム型のファサードは、世界有数の航空ハブ空港であるチャンギ空港の魅力をさらに高めている。

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ TimHursely

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ TimHursely

トーラス(編集部注:ドーナツの表面のような曲面)をベースとしたこの建物の形状は、空港という環境における複数の乗り継ぎというプログラム上のニーズに対応するものである。

ガラス屋根の中心にはオクルス(編集部注:天井に開けられた円形の開口部)があり、5階から地上レベルにあるフォレストバレーの庭園に水を注いでいる。

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ TimHursely

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ TimHursely

このプログラムの核となる、24時間楽しめるレイヤードガーデンアトラクションは、来場者にさまざまな空間体験やインタラクティブな体験を提供する。

北、南、東、西の4つの軸を中心に4つのゲートウェイ・ガーデンを配置することで、来訪者を誘導するとともに、空港内部や他のターミナルとの視覚的なつながりをつくり出している。夜間にはガラス張りのファサードが建物を非物質化し、内部の光り輝く庭園を浮かび上がらせる。

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ DarrenSoh

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ DarrenSoh

〈ジュエル・チャンギ空港〉のオクルスから建物の中心部まで水が流れ落ちる、屋内では世界一の高さを誇る「レイン・ ボルテックス」は、夕方になると光と音のショーに変身する。

この地域で頻繁に起こる強力な雷雨の際には、自然の雨水が毎分10,000ガロン以上流れる。この雨水を集め再利用することで、冷房や空気の循環に役立っている。

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ TimHursely

ライフスタイルデザインと商業デザインにおける革新的な存在である〈ジュエル・チャンギ空港〉は、庭園とマーケットの唯一無二の関係性を示している。また、これほどまでに空港施設と公共空間が一体となった建築は世界でも類を見ない。

この建築はチャンギ空港の交通の要所としての主要な機能を、シンガポールの人々や海外からの旅行者のための集いの場へと拡張し、ショッピングやエンターテイメント、社会活動のための目的地という空港の新しいモデルを確立している。

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ TimHursely

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ TimHursely

5階にはキャノピーパークがあり、アトラクションが組み込まれた14,000m²の庭園空間となっている。樹木の間に吊るされた網状の作品や、吊り下げられた懸垂曲線を描くガラス床のブリッジウォーク、生垣や鏡の迷路、国際的に高い評価を得ているアーティストとのコラボレーションによるインスタレーションなど、さまざまなアトラクションが用意されている。

また、トピアリー(編集部注:樹木を刈り込んでつくられる西洋庭園における造形物)の散歩道といった園芸的な展示もあり、公園の北側には1,000人収容のイベント広場がある。

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ TimHursely

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ TimHursely

シンガポールの人々と旅行者の両方にサービスを提供するために考えられたこの建築は、チャンギ・バスターミナルと空港の第1ターミナルに直結している。また、第2、第3ターミナルからは歩道橋でアクセスでき、ターミナル間を移動する電車が庭園内を横切るため、時間のない訪問者もフォレストバレーを垣間見ることができる。

〈ジュエル・チャンギ空港〉は効率的な置換換気システムにより、利用者の熱的快適性の調整や内部の広大な植栽を管理しており、シンガポールの建築物性能評価システムである「グリーンマーク」の最高評価であるプラチナステータスの取得を予定している。

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ TimHursely

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ TimHursely

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

©︎ TimHursely

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

Plan

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

Section

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

Section

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

Diagram

〈ジュエル・チャンギ空港(Jewel Changi Airport)〉

Diagram

以下、Safdie Architectsのリリース(英文)です。

Jewel Changi Airport
Singapore, 2019 / Built

“Jewel weaves together an experience of nature and the marketplace, dramatically asserting the idea of the airport as an uplifting and vibrant urban center, engaging travelers, visitors and residents, and echoing Singapore’s reputation as ‘The City in the Garden’.” -Moshe Safdie

Fulfilling its mission as a connector between the existing terminals, Jewel combines two environments—an intense marketplace and a paradise garden—to create a new community-centric typology as the heart, and soul, of Changi Airport. Jewel re-imagines the center of an airport as a major public realm attraction. Jewel offers a range of facilities for landside airport operations, indoor gardens, leisure attractions, retail offerings and hotel facilities, all under one roof. A distinctive dome-shaped façade made of glass and steel adds to Changi Airport’s appeal as one of the world’s leading air hubs.

Based on the geometry of a torus, the building shape accommodates the programmatic need for multiple connections in the airport setting. At the heart of its glass roof is an oculus that showers water through a primary multistory garden, five stories through to the forest-valley garden at ground level. The core of the program is a 24-hour layered garden attraction that offers many spatial and interactive experiences for visitors. Four cardinal axes—north, south, east, and west—are reinforced by four gateway gardens, which orient visitors and offer visual connections to the internal surroundings and other airport terminals. By night, the glazed facade helps dematerialize the building, revealing the glowing garden within.

At the apex of Jewel’s glass roof is an oculus that showers water down to the center of the building. The Rain Vortex is the world’s tallest indoor waterfall and transforms into a light and sound show in the evening. During the region’s frequent and powerful thunderstorms, recirculated, natural rainwater will flow at more than 10,000 gallons per minute, which helps provide cooling and airflow in the landscape environment, collecting significant rainwater to be re-used in the building.

Jewel represents an innovation in the world of lifestyle/retail design, with a one-of-a-kind relationship between garden and marketplace. In addition, nowhere in the world has a building been constructed that integrates the public realm with an airport facility so closely. The building extends Changi Airport’s principal function as a transit hub, to a public gathering space for Singaporeans and international travelers, establishing a new model for airports as discrete destinations for shopping, entertainment, and social activity.

On the 5th level is the Canopy Park, which includes 14,000 square meters of attractions integrated within the garden spaces. These include net structures suspended within the trees, a suspended catenary glass-bottom bridge walk, a planted hedge maze and mirror maze, and feature installations completed in collaboration with internationally acclaimed artists. There is also a topiary walk and other horticultural displays. On the north side of the park is an event plaza space big enough to serve 1,000 people.

Conceived to serve the people of Singapore and travelers equally, the building is directly connected to the Changi Bus Terminal and the airport’s Terminal 1. It is also accessible from Terminals 2 and 3 via pedestrian bridges, and the interterminal train crosses through the gardens, giving visitors with limited time a glimpse into the Forest Valley.

Jewel is slated to receive Singapore’s GreenMark Platinum status. The building’s efficient displacement ventilation system regulates the thermal comfort for occupants as well as the vast array of interior planting within.

Collaborators
Executive Architect: RSP Architects Planners & Engineers Pte Ltd
Landscape Design: PWP Landscape Architecture
Executive Landscape Architect: ICN International Singapore
Structure: RSP Architects Planners & Engineers Pte Ltd
Facades: Buro Happold Engineering
ESD: Atelier Ten
MEP: Mott MacDonald
Signage/Wayfinding: Pentagram and Entro Communications
Retail Interiors: Benoy
Water Feature: WET Design
Lighting Design: Lighting Planners Associates

Awards
President’s Design Award, Singapore, 2020
Singapore Institute of Architects (SIA), Building of the Year & Design Award, 2020
Design for Asia, Grand & Gold Award, 2020
Building of the Year (Public), ArchDaily, 2020
Design Project of the Year, Tatler Design Awards, 2020
Green Mark GoldPlus Award, Building and Construction Authority (BCA), 2018
Universal Design Mark GoldPlus Award, Building and Construction Authority (BCA), 2018
International Architecture Award, Chicago Athenaeum and The European Centre for Architecture Art Design and Urban Studies, 2016

Clients
Jewel Changi Airport Devt Pte. Ltd.

Cost
SGD $1.7 Billion

Size
1,460,663 sq ft | 135,700 sq m

「Jewel Changi Airport」Safdie Architects 公式サイト

https://www.safdiearchitects.com/projects/jewel-changi-airport

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

シンガポール 関連記事

CULTURE2022.10.20

BIGが手掛けるバイオフィリックな超高層ビル

シンガポールの高密度な都市部における「垂直の都市」〈キャピタ・スプリング〉
CULTURE2021.07.05

シンガポールの高層住宅プロジェクト〈パーク・ノヴァ〉

PLPアーキテクチャーが設計、テーマはバイオフィリア(生命愛)とウェルネス
CULTURE2022.09.01

ヘザウィックスタジオ初のアジアの住宅プロジェクト

シンガポールの自然を纏う104.5mの超高層集合住宅〈EDEN〉

海外空港建築 関連記事

CULTURE2022.07.27

ムンバイの「先進」と「伝統」を象徴する空港ビル

SOMが設計した、伝統的なモチーフを空間全体に散りばめた〈チャトラパティ・シヴァージー国際空港第2ターミナル〉
CULTURE2022.03.29

星を散りばめた本のような幻想的な空港

現代的な機能を備えつつ歴史的なエッセンスを取り入れた、ウズベキスタンの〈サマルカンド国際空港メイン旅客ターミナルビル〉
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 空港の中に水が流れ落ちる森!?サフディ・アーキテクツが設計した 空港の既存ターミナルをつなぐ屋内庭園〈ジュエル・チャンギ空港〉シンガポール
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ