CULTURE

BIGが手掛けるバイオフィリックな超高層ビル

シンガポールの高密度な都市部における「垂直の都市」〈キャピタ・スプリング〉

CULTURE2022.10.20
〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

地上51階建て、高さ280mの〈キャピタ・スプリング(CapitaSpring)〉は現在、シンガポールで最も高い超高層ビルであり、シンガポールの高密度な都市部の生活において自然を感じられるよう、さまざまな機能を集約した「垂直の都市」としての建物に自然を織り込んだ、バイオフィリックな建築です。

バイオフィリック:「バイオ=生命・自然」と「フィリア=愛好・趣味」という言葉から生まれた造語であり、自然や生命を感じられる環境を取り入れたデザインを「バイオフィリックデザイン」とよぶ。

ビャルケ・インゲルス(Bjarke Ingels)が率いるビャルケ・インゲルス・グループ(Bjarke Ingels Group、以下BIGと表記)とカルロ・ラッティ・アソシエイツ(Carlo Ratti Associati、以下CRAと表記)が共同で設計しました。

(以下、BIGから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

「垂直の都市」と「織り込まれた自然」

地上51階建ての〈キャピタ・スプリング〉は、レストラン、オフィス、サービスレジデンス、スカイガーデンなど、多様なエリアで構成された高さ280mの高層建築であり、垂直に広がる都市計画におけるパイオニア的存在である。〈キャピタ・スプリング〉は現在、シンガポールで最も高い超高層ビルとなっている。

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

公共の駐車場とホーカーセンター(シンガポールにおける屋外複合施設)の跡地である、シンガポールの金融街の中心部に建つこの高層複合施設は、93,000m²の面積を誇り、垂直なラインや豊かな緑、対照的なテクスチャによる相互作用が特徴的な建築である。

建物の外観を構成する垂直な要素を部分的に歪ませることで、屋上の「スカイガーデン」や中層部の「グリーンオアシス」を垣間見ることができる。建物には8万本以上の植物が植えられており、敷地面積の140%に相当する8,300m²以上の緑地面積が確保されている。

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

ホーカーセンターの公共性を引き継ぐ空間

歴史的に重要なマーケットストリートの跡地に建つ〈キャピタ・スプリング〉の地上レベルを一部開放することで公共空間に還元し、高密度なCBDエリア(セントラル・ビジネス・ディレクトリ)における、近隣のテナントや通行人のための新たな緑の空間をつくり出した。

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

タワー足元の曲がりくねった自然の小道の先には、高さ18mの開放的な空間「シティルーム」が広がり、南国の日差しや雨をしのぐことができる。また、オフィスとレジデンスに分かれたロビーはテナントを迎え入れ、タワー底部のフードセンターは買い物客や食事客を迎え入れるのに役立っている。

建物の2階と3階には、マーケットストリートの象徴であるホーカーセンター(シンガポールにおける屋外複合施設)が再現され、56の屋台が並んでいる。これは、この場所がまちにおける食の中心であり、地域の文化やコミュニティの維持に役立っていることを表している。

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

生活の中に自然を感じる「グリーンオアシス」

タワーの1〜8階には、プール、ジャグジー、ジョギングコース、ジム、共同キッチン、ラウンジ、バーベキューピットといった、サービスレジデンス専用のさまざまな設備が整っている。最上階の29階にはプレミアムオフィススペースがあり、シンガポール川やマリーナベイのパノラマビューを楽しむことができる。

オフィスとレジデンスの間の階には、「グリーンオアシス」と名づけられた有機的な自然の空間が4層にわたって配置されている。仕事や散歩、リラクゼーション、エクササイズ、イベントなどに利用できるオープンガーデンである。

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

グリーンオアシスは、自然を建物の中に垂直に織り込むことで、この土地における制約を満たすと同時に、テナントや居住者に緑地へのアクセスを提供し、現代建築の優雅な滑らかさとこの地域特有の南国の自然を活かしたものとなっている。

垂直方向に伸びる4層のグリーンオアシスは、熱帯雨林における植物の階層構造を模倣している。植物が生い茂る熱帯雨林において、植物は光の必要量に比例した高さに葉をつけ、階層的に成長する。大きな葉を持つ耐陰性のある植物は直射日光を最も必要とせず、「熱帯雨林の床」にあたる底部に植生する。逆に「熱帯雨林の屋根」にあたる樹冠層では、葉の大きさが小さい樹木が多く見られる。

市街地を一望できる〈キャピタ・スプリング〉の屋上庭園には1-Arden Food Forestがあり、150種類以上の果物や野菜、ハーブ、花を5つのテーマ別区画で栽培され、建物内のレストランに新鮮な野菜などを供給している。

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉はシンガポール建築建設庁より、シンガポールにおける建築物の環境性能評価システム「グリーンマーク」のプラチナ認証と、ユニバーサルデザイン評価システムにおけるGoldPLUS認証を受けている。

また、持続可能な未来に向けた環境行動計画「シンガポール・グリーンプラン2030」における持続可能な交通のビジョンをサポートする設備も備えている。165台の自転車置き場や旅の目的地としても機能する充実した施設、建物の外周には600mのサイクリングロードがあり、シンガポールのサイクリングネットワークにつながるサイクリングロードの一部を形成している。

〈キャピタ・スプリング〉

グランドフロア
1階はロビー、2階はマーケットストリートに沿って店舗が配置されている。ペデストリアンデッキとシティルームを設け、ブロック内を通り抜けられるようセットバックしている。

〈キャピタ・スプリング〉

ホーカーマーケット
2層のホーカーフードマーケットは、敷地の細い末端に位置している。

〈キャピタ・スプリング〉

サービスレジデンス
8層のサービスレジデンスは、駐車場棟の上に位置し、広々とした屋外庭園にアクセスすることができる。

〈キャピタ・スプリング〉

オフィス
オフィスサービスレジデンスの上に位置する29層のオフィスは、連続性と効率性を備えた計画となっている。

〈キャピタ・スプリング〉

グリーンスプリング
オフィス棟は、商業的価値を最大化するために上方に配置されている。オフィスとレジデンスの間には、生活や遊びのためのさまざまなアメニティを備えた緑豊かな空間が広がっている。

〈キャピタ・スプリング〉

ルーフガーデン&アメニティ
屋上レストランの下には、プラントルームがワンフロアにわたり配置されている。レストランは、螺旋状に連続したループを描くルーフガーデンとつながっており、アクセスも容易である。

〈キャピタ・スプリング〉

ファサード
ファサードの外壁に取り付けられた垂直のマリオンは建物の上部から下部まで連続しつつ、内部の緑や社会的活動を見せるポケットをつくりだす。

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

©︎ Finbarr Fallon

〈キャピタ・スプリング〉

9th Floor Plan

〈キャピタ・スプリング〉

19th Floor Plan

〈キャピタ・スプリング〉

51th Floor Plan

〈キャピタ・スプリング〉

Typical Office Floor Plan

〈キャピタ・スプリング〉

Elevation East

〈キャピタ・スプリング〉

Elevation South-East

以下、BIGのリリース(英文)です。

BIOPHILIC SKYSCRAPER COMPLETES IN SINGAPORE

Singapore has a new skyline addition with the completion of CapitaSpring – a 280-meter-tall high-rise oasis that continues the city’s pioneering vertical urbanism with a diverse neighborhood of restaurants, office space, a serviced residence and sky gardens from the ground all the way up to the 51st floor. Currently among the city’s tallest towers, CapitaSpring is designed by BIG-Bjarke Ingels Group and CRA-Carlo Ratti Associati who collaborated on its architecture, public space, and digital user experience (respectively).

Located at the heart of Singapore’s financial district on the site of a former public car park and a hawker center, the 51-storey CapitaSpring is officially completed following four years of construction for CapitaLand Development (CLD), CapitaLand Integrated Commercial Trust and Mitsubishi Estate Co., Ltd. To date, over 99% of the office and retail space has been committed at the 93,000-square-meter, mixed-use high-rise which is defined by a dynamic interplay of orthogonal lines, lush greenery, and contrasting textures. In addition to the abundant sky-gardens and rooftop park, CapitaSpring includes premium Grade A office space, a Citadines serviced residence, a hawker center, restaurants and public spaces.

Mr. Tan Yew Chin, CEO of CLD (Singapore), said: “CLD and our partners are delighted to mark the completion of CapitaSpring, a biophilic skyscraper that represents CapitaLand’s vision to build a greener and sustainable future as laid out in our 2030 Sustainability Master Plan. From Funan in the Civic District to CanningHill Piers along Singapore River, CapitaLand has been playing a key role in injecting holistic work-live-play elements to activate precincts and rejuvenate Singapore’s city center to keep up with evolving lifestyle trends. With CapitaSpring, we are setting a new benchmark for the office of the future by bringing a premium, multi-faceted workplace experience to building occupants, complemented by our core-flex solutions that cater to the increasing adoption of hybrid work strategies.”

At multiple elevations, the vertical elements comprising the building’s exterior are pulled apart to allow glimpses into the green oases blooming from the base, core, and rooftop “sky garden.” The tower reinforces Singapore’s reputation as a garden city, housing over 80,000 plants, with a Green Plot Ratio of more than 1:1.4 – translating to a total landscaped area of more than 8,300 square meters (90,000 square feet), equivalent to 140% of its site area.

“As someone with Singaporean heritage, I have been honored and humbled by the opportunity to contribute to the ongoing evolution of architecture in Singapore as a distinct blending between the contemporary and the tropical. In our design, this manifests as a seamless transition between the garden and the city, articulated in the facades and a series of lush spiraling gardens connecting between various programs and filled with amenities representing a spectrum of use.” Brian Yang, Partner in Charge, Bjarke Ingels Group.

On street level, CapitaSpring restores a portion of the historically significant Market Street to the public realm by pedestrianizing the stretch and creating an expanded landscaped area which creates new green breathing space in the high-density CBD for the neighboring tenants and passersby.

Meandering garden paths create natural entryways into the City Room, an 18-meter-high generous open space at the foot of the tower that creates shelter from the tropical sunlight and showers and welcomes tenants into separate lobbies for the offices and residences, as well as shoppers and diners into the food center within the tower’s podium. The iconic Market Street Hawker Center is recreated at the building’s second and third floors with 56 food stalls – solidifying the location as the beating heart of the city’s culinary experience, and the role it plays in maintaining local culture and community.

“Our design seeks to continue Singapore’s pioneering vertical urbanism with the 280m tall diverse neighborhood of places to work, live and play inside as well as outside. Due to the unique character of Singapore’s urbanism – both extremely dense and green – we decided to make the design a vertical exploration of tropical urbanism. At grade, the street is closed to form a new linear park and public plaza. A vertical park in the middle of the tower forms a spiraling promenade ascending among tropical tree trunks and canopies. On top, an urban forest feeds all the restaurants and cafes in the building and allows visitors to enjoy the lushness of the summit. Capitaspring is like a vision of a future in which city and countryside, culture and nature can coexist, and urban landscapes can expand unrestricted into the vertical dimension.” Bjarke Ingels, Founding Partner, BIG.

The first eight floors of the tower are dedicated to the serviced residence including a wide range of facilities such as a swimming pool, jacuzzi, jogging track, gymnasium, social kitchen, resident’s lounge, and barbecue pits. The top 29 floors offer premium office spaces with panoramic views of the Singapore River and Marina Bay.

“When we first got invited to join the architectural competition, we saw a great opportunity to team up and join forces with BIG to achieve a uniquely bold result together. It has been enriching to combine our approach with design and innovation with BIG’s skill in architectural scale. As CapitaSpring is open to the public today, I am proud of how we enhanced the public spaces across the building, creating the best experience for all users, leveraging both technology and unprecedented integration with natural elements.” Carlo Ratti, Founding Partner, CRA-Carlo Ratti Associati and Director, MIT Senseable City Lab.

At the core of the building between the hardscapes of the offices and residences are four connected levels of organic softscape dubbed the “Green Oasis” – a 35m open-air garden for work, casual strolls, relaxation, exercise, and events. The Green Oasis seamlessly weaves nature vertically into the architecture and satisfies the spatial limitations of the locale while granting tenants and residents abundant access to green spaces – animating the elegant smoothness of modern architecture with the ubiquitous tropical nature of the region.

The overall vertical softscape of the Green Oasis mimics the plant hierarchy of tropical rainforests; the hierarchical leaf growth of the plants is in direct proportional relationship to light availability within the vegetation layers. Shade-tolerant plants with large leaves are found on the “rainforest floor,” requiring the least amount of direct light. Moving towards the canopy layer – the “roof” of the rainforest – trees are defined by their smaller leaf structure.

CapitaSpring’ s rooftop garden, with views of the city, is home to 1-Arden Food Forest. Currently, over 150 species of fruits, vegetables, herbs, and flowers, are grown across five thematic plots to supply the building’ s restaurants with fresh greens.

CapitaSpring has been accorded Green Mark Platinum & Universal Design GoldPLUS certifications by the Building and Construction Authority of Singapore. The building also has amenities in support of the sustainable transport vision in the Singapore Green Plan 2030, including 165 bicycle lots, fully equipped end-of-trip facilities and a 600-meter cycling path around the building’s perimeter along Malacca Street and along Phillip Street, which forms part of the Central Area cycling network connecting to Singapore’s larger cycling network.

PRESS KIT

FACTS

SIZE: 93,000 m²
LOCATION: Singapore
CLIENT: CapitaLand Development, CapitaLand Integrated Commercial Trust and Mitsubishi Estate Co., Ltd.
COLLABORATORS: Carlo Ratti Associati, RSP Architects Planners & Engineers (Pte) Ltd, ARUP Singapore Pte Ltd , Beca Carter Hollings & Ferner (S.E.Asia) Pte Ltd, Arcadis Singapore Pte Ltd, COEN Design International Pte Ltd, Takenouchi Webb Pte Ltd, Nipek Pte Ltd, Asylum Creative Ptd Ltd, Jacobs International Consultants Pte Ltd, Ignesis Consultants Pte Ltd, PH Consulting Pte Ltd, TSM Consultancy Pte Ltd, Dragages Singapore Pte Ltd, Meinhardt Singapore Pte Ltd, Squire Mech Pte Ltd.

BIG TEAM
Partners-in-charge: Bjarke Ingels, Brian Yang
Project Leader: Gorka Calzada Medina, Martino Hutz, Song He
Project Manager: Eric Li, Günther Weber
BIG Sustainability: Tore Banke, Anders Holden Deleuran
BIG Landscape: Dina Brændstrup, Kirsty Badenoch, Ulla Hornsyld
Team: Aime Desert, Aleksander Wadas, Aleksandra Domian, Alessandro Zanini, Anke Kristina Schramm, Augusto Lavieri Zamperlini, Dalma Ujvari, David Schwarzman, David Vega y Rojo, Davide Tarditi, Dimitrie Grigorescu, Dominika Trybe, Elise Cauchard, Eriko Maekawa, Espen Vik, Ewa Szajda, Federica Locati, Filippo Lorenzi, Francisco Castellanos, Frederik Skou Jensen, Gabrielé Ubareviciute, Guoyu Liu, Helen Chen, Jacek Baczkowski, Jakub Wlodarczyk, Jonas Käckenmester, Julieta Muzzillo, Luca Pileri, Luis Torsten Wagenführer, Lukas Kerner, Malgorzata Mutkowska, Maria Teresa Fernandez Rojo, Matilde Tavanti, Moa Carlsson, Nataly Timotheou, Niu Jing, Orges Guga, Patrycja Lyszczyk, Pedro Savio jobim Pinheiro, Philip Rufus Knauf, Praewa Samachai, Qamelliah Nassir, Rahul Girish, Ramon Julio Muros Cortes, Rebecca Carrai, Roberto Fabbri, Samuel Rubio Sanchez, Shuhei Kamiya, Sofiia Rokmaniko, Sorcha Burke, Steen Kortbæk Svendsen, Szymon Kolecki, Teodor Fratila Cristian, Viktoria Millentrup, Vilius Linge, Vinish Sethi, Weijia Lu, Xin Su, Xinying Zhang, Zari van de Merwe, Zhen Tong
For further information, please contact: Daria Pahhota, Partner, Global Communications, BIG M: +1 646.541.1411, press@big.dk

「CapitaSpring」BIG 公式サイト

https://big.dk/#projects-sing

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

BIG 関連記事

CULTURE2021.11.19

BIG Designs 100 3D Printed Homes in the US, How Will the Housing Industry and Residential Landscape Change?

BIGが3Dプリント住宅100軒をアメリカで設計!住宅業界と住宅地の風景はどう変わる?
CULTURE2022.01.05

BIGが設計した火星の住空間モデル!

地球外移住の未来が近づく、NASAの火星ミッションとそのための3Dプリント空間とは?
CULTURE2022.10.11

BIGによるモジュラーハウジングプロジェクト

多様な生活に対応する渦巻き状の住居群〈Sneglehusene〉
CULTURE2022.05.20

「龍の鱗」を備えたサステナブルなGoogle新社屋

BIGとヘザウィックスタジオが設計した、建設とワークプレイスの未来をつくる〈Google Bay View〉
CULTURE2022.01.26

クルマのようにカスタマイズして買える集合住宅!?

誰もがBIGデザインの部屋に住める!ビャルケ・インゲルスらが仕掛ける住宅開発スタートアップ〈Nabr〉
CULTURE2021.02.24

トヨタの実証都市「Woven City」

ビャルケ・インゲルス / BIGが都市を設計、裾野市にて着工
CULTURE2022.03.28

森に浮かぶ350の鳥かごに包まれたホテル

BIGがデザインした自然と共生する宿泊体験を提供する〈バイオスフィア〉

シンガポール 関連記事

CULTURE2021.12.27

シンガポールパビリオン / WOHA

【ドバイ万博】造園をデザインに取り入れた、自然と共存するパビリオン
CULTURE2021.07.05

シンガポールの高層住宅プロジェクト〈パーク・ノヴァ〉

PLPアーキテクチャーが設計、テーマはバイオフィリア(生命愛)とウェルネス
CULTURE2022.09.01

ヘザウィックスタジオ初のアジアの住宅プロジェクト

シンガポールの自然を纏う104.5mの超高層集合住宅〈EDEN〉
  • TOP
  • CULTURE
  • BIGが手掛けるバイオフィリックな超高層ビル、シンガポールの高密度な都市部における「垂直の都市」〈キャピタ・スプリング〉
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ