CULTURE

隈研吾設計監修、CLTを用いた新施設〈共育共創コモンズ〉を岡山大学が津島キャンパスに建設

CULTURE2021.06.14

国立大学法人岡山大学は、岡山市北区の津島キャンパス内に、地域・企業との協働を目的とした新たな交流施設『共育共創コモンズ』を建設すると発表しました。
同学の特別招聘教授に就任している建築家の隈 研吾氏が、設計から施工監理までの監修を担当。木質系材料CLT(Cross Laminated Timber)[*1]を活用した木造建築となります。
*1.ひき板(ラミナ)を並べた後、繊維方向が直交するように積層接着した木質系材料

岡山大学 対馬キャンパス MAP

岡山大学では、既存の工学部と環境理工学部を再編改組、「Society5.0 for SDGs 」の実践的教育を特色とする新生「工学部」を2021年4月に開設しています。カーボンニュートラル・脱炭素社会に貢献できる建材とされるCLTを用いた新施設は、そのシンボルであり、地域の産業活性化のための新たな交流と共創の場として建設されます。

岡山大学 対馬キャンパス MAP

従来の木造建築は、戸建住宅などの小規模な建築が主でしたが、CLTは大規模建築が可能。意匠と構造の機能を兼ね備えており、隈研吾建築都市設計事務所が近年、手がけた〈CLT HARUMI PARK〉や〈桐朋学園宗次ホール〉にも用いられています。

国内林業の活性化にも、CLTは貢献します。森林は二酸化炭素・CO2を吸収して温暖化防止に貢献しますが、樹齢を重ねた木はその吸収力が落ちてしまいます。木を植え替え、森林の代替えを促進させるためにも、木材の利用は重要です。森林資源の蓄積やSDGsの観点からも、CLTは今後、サステナブルな素材として期待されています。

岡山大学 対馬キャンパス内 新交流施設(仮称)イメージ

建物の規模は、延べ床面積約810平米、木造2階建て。300名収容の大規模講義室と、共同研究拠点としての「共創ラボ」機能を重点的に備えます。最新のデジタル技術に関する講座やワークショップ、社会人と学生がともにアイディアを競いあうハッカソン[*2]などの開催をはじめ、オープンな共同プロジェクトから機密性の高い共同研究まで、幅広い活用を見込んでいます。
*2.ハッカソン:ハック(Hack)とマラソン(Marathon)を掛け合わせて造られた造語、hackathon。ソフトウェア開発分野のプログラマーやデザイナー、インタフェース設計者らが短期・集中的に行う開発作業・イベントを指す

計画では、新施設は今年度中に着手予定、2022年11月の完成を目指すとのことです。(en)

CLTを用いた隈研吾建築都市設計事務所の事例

CULTURE2021.06.26
隈研吾デザイン監修のCLTパビリオンが国立公園蒜山へ移築、新名称「風の葉」として7/15開業
COMPETITION & EVENT2021.09.05
真庭市蒜山ミュージアム開館記念「隈研吾展 ハコからの解放 -たし算,ひき算,かけ算,わり算-」

直交集成板CLTを用いた事例・関連記事

CULTURE2020.07.03
坂茂設計 最上階にフィンランド式サウナを常設した木質免震構造のオフィスビルが名古屋に来秋竣工
CULTURE2021.03.07
成瀬・猪熊建築設計事務所が店舗を設計、木曽ヒノキから生まれた化粧品ブランドの直営店〈meet tree NAKATSUGAWA〉が岐阜・中津川にデビュー
COMPETITION & EVENT2021.06.14
隠岐ジオパークに今夏開業する”ないものはない”ジオホテル〈Entô〉を設計した原田真宏氏らが登壇するトークイベント 6/21開催
COMPETITION & EVENT2021.09.11
【図録を読者プレゼント!】CLTをイチから学べる企画展「CLT―未来をつくる木のイノベーション」竹中大工道具館にて9/20まで
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 隈研吾設計監修、CLTを用いた新施設〈共育共創コモンズ〉を岡山大学が津島キャンパスに建設