CULTURE

地域で素材を収穫・循環し自然に還るパビリオン

バイオベース・地産材・取り外し可能という3原則のもと建てられた〈The Voice of Urban Nature〉

CULTURE2023.11.28
〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W

© Jorn van Eck

オランダのアルメールで開催された国際園芸博覧会フロリアード2022(FLORIADE 2022)のために建てられた〈The Voice of Urban Nature〉は、その名の通り都市の自然の声を展示することで、人と自然がいかに一体化し、互いに補強し合えるかを示すパビリオンです。

木材やヘンプクリートといった100%バイオベースかつ地産の材料で建てられており、すべての建築要素は取り外し可能なため、エキスポ終了後、一部はアルメールに、もう一部はアムステルダムに移設されます。より持続可能な未来のために建築に対する新しい視点を開発している、アムステルダムを拠点に活動する建築スタジオ Overtreders Wが設計しました。

サーキュラーエコノミーとは?実現のために建築ができること、アダプティブリユース、CLT、3Dプリントなどサーキュラーエコノミーの実現につながる9つの海外プロジェクト

(以下、Overtreders Wから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W

© Jorn van Eck

フロリアード2022のために、アルメール市とアムステルダム市からの依頼のもと設計された〈The Voice of Urban Nature〉は、建築業界の未来に大きな影響を与えることを目的とした小さな建物である。

100%バイオベースかつ地産の材料で建てられ、自然と絡み合ったこのパビリオンは、その名の通り都市の自然の声を展示することで、人と自然がいかに一体化し、互いに補強し合えるかを示している。

〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W

© Jorn van Eck

黒く塗装された木製の建築モジュールの構造体と、麻と石灰でつくられたピンク色のヘンプクリートで構成されており、バイオベースの建築がいかに地域の循環を閉じ、地域の生態系と地域経済の両方を強化できるかを示している。

それぞれ建築デザイン、ランドスケープデザイン、展示デザインを担当したOvertreders W、De Onkruidenier & Joost Emmerik、KossmannDeJongは、〈The Voice of Urban Nature〉を1つの統合された空間とレイヤーの物語としてデザインした。デザインは敷地全体に広がり、人と自然がどのように協力し、互いを補強し合えるかを多面的に示している。

〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W

© Jorn van Eck

地域で収穫・循環し自然に還すための3原則「バイオベース」、「地産材」、「取り外し可能」

このパビリオンの原材料は、可能な限りアルメールとアムステルダム近郊から調達された。木材はすべて、自然保護区の維持管理のために伐採された間伐材や、アムステルダムやアルメールの解体プロジェクトから出た古材から調達している。古材を再生するため何千本もの釘やホッチキスを取り除くためには、労働集約的な工程が必要となった。

さらに、木材の印象的な黒いコーティングは、アムステルダムのスキポール空港周辺の畑で栽培された亜麻油からつくられている。ヘンプクリートの原材料には、アルメール地方で栽培された麻の繊維と、ブラバント地方で栽培されたアカネから得られたピンク色の顔料が含まれている。

〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W

© Jorn van Eck

このような地域の素材へのアプローチを実現するためには、パビリオンの建設業者であるFiction Factoryが設計プロセスの最初から関与することが不可欠であった。彼らは最終設計が完了する前に必要な材料の収穫を開始し、100%地産かつバイオベースであり、取り外しも可能にするという原則がすべてのディテールにおいて妥協なく実行された。

すべての建築要素はプレファブリケーションされるとともに取り外し可能であり、エキスポ終了後、一部はアルメールに、もう一部はアムステルダムに移設される。そしてそれぞれのモジュール式の建築部材の寿命が尽きると、すべての部材が生分解することができる。

〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W

© Jorn van Eck

国際園芸博覧会で体感する人と自然の共存

アムステルダムとアルメールの都市圏には、人間だけでなく動物、植物、微生物など、何兆もの住民が暮らしている。すべての住民に生活に必要な資源を提供できるような都市のあり方とはなんだろうか。フロリアード2022では、すべての人が出会いに満ちた庭で声を上げることができる。

パビリオンに到着すると開口部は2つしかなく、非常に堅固に見える。しかしが中に入ると風通しの良い壁に囲まれた庭にいることがわかり、短いアニメーションがアムステルダムとアルメールの都会的な自然を紹介する。

〈The Voice of Urban Nature〉では庭、展示、建物が一体となっている。

島のように配された有機的な形状の庭は、オープンな木造フレームで遊び心たっぷりに縁取られている。この黒いフレームの中のいくつかのパネルには、イラストレーターであるPaul Faassenによる風変わりで少しトゲのあるドローイングが展示されており、共に視覚的なマニフェストを形成している。

風景の中を歩き回ると出会うQRコードにアクセスすると、アムステルダムやアルメールの人々とこの地の他の住民との感動的な出会いを紹介する音声にリンクする。彼らは、より環境に優しい未来への取り組み方を説明してくれるのである。

〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W

© Jorn van Eck

あらゆる自然の関係性を示す多様な庭

6つのガーデンアイランドは、それぞれが異なるテーマに焦点を当てた小さなビオトープを形成し、都市の自然の潜在的な豊かさを示している。

生と死の庭は、植物、土壌生物、菌類文化のもつれを示す。開拓の庭では、月見草、セイヨウノコギリソウ、野生のニンジンなど、あらゆる種類の力強く自生する植物が建物の瓦礫の中で育っている。

〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W© Jorn van Eck建物と生活の庭には、人間が建築資材として利用できる作物が植えられているが、同時に都市の自然が動物たちに生活空間を提供していることも明らかにされている。色と香りが爆発的に広がる食の庭では、サツマイモや仙女の舞など、おなじみの作物やあまり知られていない食用作物を発見できるだろう。

庭は人間が立ち入ることができないパビリオンの屋上にも続いており、イエローマスタードやインカネイトクローバーといった蜜をもつ植物が植えられ、鳥や羽のある昆虫が巣をつくる場所となっている。

〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W

© Jorn van Eck

建築だけでなく農業への信念を示すパビリオン

〈The Voice of Urban Nature〉によって、デザイナーたちは保守的な建築界に、建築への持続可能な循環型アプローチが、堅牢で現代的で壮大なデザインにつながることを示したいと考えている。

バイオベース素材といえばグレーやベージュが多い中、ピンク色のヘンプクリートの壁は黒い木材とコントラストを描いている。

〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W

© Jorn van Eck

さらに、素材の選択と建築技術を通して、アルメールとアムステルダムの両自治体が農業と建築の転換に向けて必要なステップを踏んでいることを示している。

20世紀には、世界人口の増加に対応し、食糧を供給するために、両分野とも規模の拡大と増産に主眼を置いていた。しかし現在では、生物多様性は世界中で危機に瀕しており、窒素やCO2の排出は増大し、原材料は枯渇し、廃棄物となる速度も速くなるという、大きなデメリットがあることが明らかになっている。

〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W

© Jorn van Eck

木材や麻といったバイオベース建材の生産は、農家に畜産業に代わる選択肢を提供するだけでなく、持続可能で循環的な方法でより多くの住宅を建設するという緊急性のある課題に対処する助けにもなる。

〈The Voice of Urban Nature〉は、地産のバイオベース建材を使うことで、人口密集地でも魅力的な建築が可能であること、そして農業と建築の転換が、よりクリーンで美しく豊かな住環境につながることを示している。

〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W

© Jorn van Eck

麻を使った建築自体は新しいものではなく、オランダでも小規模なプロジェクトで何度も使われてきた。新たな点はモジュール式で取り外し可能な建築システムを応用することであり、このシステムがさらに発展することで、未来の建築に多くの可能性を提供することになる。

〈The Voice of Urban Nature〉は、より大規模で、拡張可能で、かつ永続的な発展の第一歩である。その実現には伝統的な方法を取り入れつつ改善することが重要であり、Overtreders Wはこの理念を守り続けている。

〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W

© Jorn van Eck

〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W

© Jorn van Eck

〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W

Exploded view

〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W

Plan

〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W

Front and Rear Elevations

〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W

Side Elevations

以下、Overtreders Wのリリース(英文)です。

FLORIADE 2022 – THE VOICE OF URBAN NATURE

The Voice of Urban Nature designed for the municipalities of Almere and Amsterdam for the Floriade Expo 2022 is a small building intended to have a large impact on the future of the building industry. Built from 100% biobased, locally sourced materials and intertwined with nature, the pavilion exhibits the voices of local urban nature, illustrating how people and nature can unite and reinforce one another. The primary construction applies striking black-coated timber modules filled with a pink hemp-lime, demonstrating how biobased construction can close local cycles and strengthen both local ecosystems and the regional economy.

Overtreders W, de Onkruidenier, Joost Emmerik and KossmannDeJong designed ‘The Voice of Urban Nature’ as one integrated spatial and layered narrative. The design extends over the entire plot and shows in multiple ways how people and nature can work together and reinforce one another.

PAVILION

The Voice of Urban Nature is built from 100% local and biobased building materials and composed of a combination of wooden building modules filled with hemp-lime and robust structural columns. The raw materials were sourced as locally as possible in the vicinity of Almere and Amsterdam. All timber is sourced from regional forests, harvested for the maintenance of nature reserves, or second-hand wood from demolition projects in Amsterdam and Almere. This involved labour-intensive processes to remove thousands of nails and staples from reclaimed timber. Additionally, the striking black coating for the wood is made from flax oil grown in the fields around Schiphol Airport. Raw materials for the hempcrete include hemp fibers grown in Almere, and a pink pigment obtained from madder plants grown in Brabant. This approach towards local materials meant it was essential for the builders of the pavilion, FictionFactory, to be involved from the start of the design process. They began to harvest the necessary materials before the final design was completed, making sure the 100% local, biobased & demountable principle has been implemented without compromise in all details

All building elements are prefabricated and demountable meaning when the Expo is finished, the pavilion will be partly relocated in Almere and partly in Amsterdam. At the end of the lifespan of the modular building elements, all parts of the pavilion are biodegradable.

EXHIBITION

The metropolitan area of Amsterdam and Almere has trillions of inhabitants: people, animals, plants, trees, and microbes. How can we organize our cities in such a way that it provides for the necessities of life for all these inhabitants? In the Amsterdam-Almere pavilion at the Floriade Expo, 2022 everyone gets a voice in a garden full of encounters.

On arrival, the pavilion appears to be very solid with only two openings, but when inside you find yourself in an airy walled garden. A short animation introduces you to the urban nature of Amsterdam and Almere. Garden, exhibition and building meander through each other: organically shaped garden islands are playfully framed by open wooden frames. Several panels in these black frames display quirky and somewhat prickly drawings by Paul Faassen, together forming a visual manifesto. Wandering through the landscape you come across QR codes that link to audio encounters with inspiring people, and members of other species from Amsterdam and Almere. They explain how you can commit to a greener future.

GARDEN

The 6 garden islands show the potential richness of urban nature. Each small biotope zooms in on a different theme. The garden of life and death shows the entanglement between plants, soil life and fungal culture. In the pioneer garden all kinds of pioneer plants grow among the building rubble, such as evening primrose, yarrow, and wild carrot. The garden of building and living contains crops that can be used by humans for building materials, but also reveals how urban nature provides living space for animals. In an explosion of color and scent, you will discover familiar and lesser-known edible crops such as sweet potato or elephant ear in the food garden. The garden continues on the roof of the pavilion, which is inaccessible to humans and instead a place where birds and winged insects can nest in nectar plants such as yellow mustard and incarnate clover.

AMBITION

With The Voice of Urban Nature, the designers want to show the conservative construction world that a sustainable circular approach to architecture can lead to robust, contemporary and spectacular designs. Where biobased materials are often gray or beige, the hemp-lime walls are innovatively colored pink and contrasted with the black wood. Furthermore, the material choices and construction techniques intend to demonstrate how both municipalities are taking the necessary steps towards an agricultural and construction transition. In the twentieth century, both sectors were mainly focused on increasing scale and increasing production, in order to accommodate and feed the growing world population. It is now clear that there are enormous disadvantages: Biodiversity is under pressure worldwide, too much nitrogen and CO2 is emitted, raw materials are being exhausted and are becoming waste products at a rapid rate.

Production of biobased building materials offer farmers an alternative to livestock farming, as well as helping to address the urgent need to build more housing in a sustainable and circular manner. The Voice of Urban Nature shows that you can already create attractive architecture in a densely populated area with local biobased building materials, and is an inspiring example for builders and self-builders to change their approach. The pavilion therefore shows that the agricultural and construction transition can lead to a cleaner, more beautiful and richer living environment. Building with hemp is not new, but has been used in small-scale projects in the Netherlands a number of times. What is new, is the application of a modular and demountable building system which, if developed further, offers many possibilities for future architecture. The Voice of Urban Nature is the first step in a larger, scalable and more permanent development, and thus it is important to experiment with and improve traditional methods, an ideology Overtreders W continually follow.

CREDITS

Commissioned by: Municipalities of Almere & Amsterdam
Architectural design: Overtreders W
Exhibition design and art direction: KossmannDeJong
Landscape Design: De Onkruidenier & Joost Emmerik
Construction and urban mining: Fiction Factory
Drawings in exhibtion: Paul Faassen
Gardener: Paul Casteleijn
Horticulturist: Blooming Business
Photography: Jorn van Eck
Animation: Paul Faassen, Bas Mooij, Jonas Leopold

ABOUT THE FLORIADE & DESIGNTEAM

OVERTREDERS W
The design of the voice of urban nature is a step in the new radical oeuvre of Overtreders W. With their work the designers want to inspire the conservative construction world to change by showing that the choice for a sustainable circular approach to architecture can lead to to sleek, modern and spectacular designs.

KOSSMANNDEJONG
Kossmanndejong designs spatial stories for museums, organisations, events and public space. Recent projects include House of Artisans in Abu Dhabi (UAE), WeTheCurious in Bristol (UK) and Beth Haim in Ouderkerk aan de Amstel.

DE ONKRUIDENIER
Artists collective de Onkruidenier consisting of Ronald Boer, Jonmar van Vlijmen and Rosanne van Wijk works on projects in which the search for new symbiotic relationships with a continuously changing adaptation is central. Their work practice is a living ecosystem together with public speculation about future relationships between people and (city) nature.

EMMERIK GARDEN DESIGN AND RESEARCH
Emmerik garden design and research creates gardens and outdoor spaces for those people who dare to get close to nature, who want the wild and spontaneous welcome in their living environment. The garden as a room, not of man but of nature.

FLORIADE EXPO 2022
From April 14 to October 9, 2022, Almere will be the stage for the world horticultural exhibition Floriade Expo 2022. Dutch horticulture will then, together with national partners and partners, present innovations and solutions for sustainable and liveable cities. The theme “Growing Green Cities” is central on the 60-hectare site.

「THE VOICE OF URBAN NATURE」Overtreders W 公式サイト

https://www.overtreders-w.nl/en/floriade

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

Overtreders W 関連記事

CULTURE2023.11.17

借りた資材をバンドで固定してつくる宿泊施設

資材に傷をつけることなく返却できる 仮設の屋外ホテルルーム〈Stable Stack〉

オランダ 関連記事

CULTURE2023.04.18

3Dプリントするファサード!?

Studio RAPにより先進テクノロジーと職人技を融合した〈セラミックハウス〉
CULTURE2022.06.16

ロッテルダムの屋上をつなぐオレンジ色の通路と広場

都市の屋上活用の有用性を示す、MVRDVが設計した〈ロッテルダム・ルーフトップ・ウォーク〉
CULTURE2022.11.07

川に浮かびエネルギーを自給自足するオフィスビル

パワーハウス・カンパニーが設計した カーボンニュートラルを実現する〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉
CULTURE2022.09.28

解体・再構築が容易なモジュール式木造パビリオン

DP6アーキテクチャスタジオが手がけた サーキュラーエコノミーの理念を反映した建築〈ナチュラルパビリオン〉

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 地域で素材を収穫・循環し自然に還るパビリオン〈The Voice of Urban Nature〉Overtreders W、オランダ
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ