COMPETITION & EVENT

【終了】 第33回日経ニューオフィス賞

主催:日本経済新聞社、一般社団法人ニューオフィス推進協会(NOPA)
応募対象:創意と工夫にあふれ快適かつ機能的なオフィスで、感性を刺激し創造性を高めるオフイスとして優れ、知識資産や情報の運用管理が適切な、2020年3月末の時点で応募者自身の執務を目的に実際に使用されている日本国内のオフィス、規模・業種は問わない
応募資格:応募するオフィスの使用者
審査:日経ニューオフィス賞審査委員会
<全国審査委員>地方各ブロックごとに震災委員会あり
審査委員長:古谷誠章(建築家・早稲田大学教授)
審査委員:岡田謙一(慶應義塾大学名誉教授)、亀山 渉(経済産業省製造産業局生活製品課企画官)、木川田一榮(大阪大学大学院国際公共政策研究科 客員教授)、仲 隆介(京都工芸繊維大学デザイン・建築学系教授)、中田重克(公益社団法人日本インテリアデザイナー協会)、中村義人(公認会計士)、半澤二喜(日本経済新聞社東京本社編集局企業報道部長)、平手小太郎(東京大学教授)、平野哲行(株式会社平野デザイン設計代表取締役社長)、三栖邦博(一般社団法人ニューオフィス推進協会会長)
応募期間:2020年4月1日(水)〜5月29日(金)13:00
*期限までに規定の応募書類のアップロードを完了すること
*アップロード完了から1週間以内に、応募オフィスの所在地に基づき、日経ニューオフィス賞の各地方ブロック事務局まで規定の提出物を送付すること

第33回日経ニューオフィス賞 https://www.nopa.or.jp/prize/

詳細および最新の情報は、主催者のホームページで公開されている応募要項を参照してください。