COMPETITION & EVENT

名古屋モザイク工業の施工例写真コンテスト「デザインアワード2024」
募集開始!

「タイルをアートに!!」タイルの可能性を表現する施工事例を募集中

名古屋モザイク工業(本社:岐阜県多治見市)では、タイルの魅力と可能性を広めるため、タイルで彩られた美しい施工事例、タイルの可能性を表現する施工事例を募集しています。デザインアワードは2015年に始まり、2024年は9回目の開催となります。
名古屋モザイク工業の商品を採用した空間の施工事例で、住宅・非住宅部門から金賞・銀賞・銅賞・入賞・特別賞が選出されます。

審査員には建築家の大西麻貴氏、建築家・起業家の谷尻 誠氏らを迎え、5月31日まで応募を受け付けています。
なお、受賞者の皆様には表彰式へご参加いただく予定です。

昨年10月、名古屋モザイク工業東京ショールームにて4年ぶりに開催された金賞・銀賞・銅賞の表彰式の様子。作品に採用されたタイルを会場内に展示し、受賞作品に関する多くのエピソードが披露されました。

■募集要項

テーマ:「タイルをアートに!!」
タイルの魅力と可能性を広めるため、タイルで彩られた美しい施工事例、タイルの可能性を表現する施工事例を募集します。

募集期間:2024年1月22日(月)~5月31日(金) 24時まで

デザインアワード2023非住宅部門金賞〈TAOYA日光霧降〉設計:眞田章太郎 / 株式会社丹青社

審査員:

大西麻貴氏(建築家)
愛知県生まれ。2008年に東京大学大学院修士課程修了後、大西麻貴+百田有希/o+hを設立(共同主宰)。人・土地・生活を丁寧に読み解くことで、物語を紡ぐように設計する手法が高く評価されている。主な作品として〈二重螺旋の家〉〈グッドジョブ!センター香芝〉〈シェルターインクルーシブプレイス コパル〉など。日本建築学会賞作品賞、BCS賞、JIA新人賞、日本建築設計学会賞大賞など受賞多数。第18回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(2023年)の日本館展示キュレーターを務めた。横浜国立大学大学院 YGSA教授。


谷尻 誠氏(建築家・起業家
1974年広島生まれ。2000年建築設計事務所SUPPOSE DESIGN OFFICE設立。2014年より吉田 愛と共同主宰。広島・東京の2カ所を拠点とし、インテリアから住宅、複合施設まで国内外合わせ多数のプロジェクトを手がけるかたわら、穴吹デザイン専門学校特任講師、広島女学院大学客員教授、大阪芸術大学准教授なども勤める。近年「絶景不動産」「tecture」「社外取締役」「toha」「DAICHI」「yado」をはじめとする多分野で開業、事業と設計をブリッジさせて活動している。


塩田健一氏(月刊『商店建築』編集長)
東京生まれ。レストラン、ホテル、ファッションストアなど最新の空間デザインを豊富な写真で国内外に向けて発信する、1956年創刊のストアデザインの専門誌『月刊 商店建築』編集部に2006年より所属。2017年2月同誌編集長に就任し、商業施設を中心とした数々の編集企画を手掛ける。カフェ特集など毎月の店舗取材を担当するほか、『コンパクト&コンフォートホテル設計論』『CREATIVE HOTEL & COMMUNICATION SPACE』など増刊号も制作。


山際二郎(名古屋モザイク工業代表取締役社長)
名古屋モザイク工業の営業最前線で、顧客との対話重視のスタイルを守り続け活躍。その後東京支店長・営業統括を経て2022年4月に6代目社長に就任。未来へ向けてタイルの普及活動に奮闘中。

賞および賞金:
金賞 50万円(住宅・非住宅部門 各1点)
銀賞 30万円(住宅・非住宅部門 各1点)
銅賞 20万円(住宅・非住宅部門 各1点)
入賞 10万円(若干名)
特別賞 10万円(外壁大判タイル賞 / マンション賞 / 造形物賞 各若干名)

2023年に贈呈された盾は同社の大理石調タイル「マルミマキシマム(表面)」「マーブルテイルズ(裏面)」を使用

・入賞および最終選考まで残ったファイナリストの作品は、結果発表時にWEBサイト上で公表します
・賞によっては「該当作品なし」の場合があります
・金賞・銀賞・銅賞の受賞者には表彰式へのご参加をお願いする予定です(10月下旬予定)
・受賞者にはタイルで制作した盾を贈呈します

応募条件:
1.名古屋モザイク工業の商品が使われていること。
2.2022年6月1日~2024年5月31日までに日本国内外でタイルを使用した建築物(戸建住宅・集合住宅・店舗・教育施設・医療施設・公共施設)や造形物など。
※デザインアワード2023とInstagramフォトコンテストに応募されたことのある作品は審査対象外とします。
3.応募・受賞後の作品発表について施主・関係機関の了承が得られていること。

ご応募いただいた写真はカタログ・雑誌(『月刊 商店建築』ほか)・WEBサイト・SNSなど各種媒体にて公開を前提とさせていただきます。

デザインアワード2023 住宅部門金賞〈折衷庵〉モナトリエ株式会社

応募資格:
応募作品の施主、または設計者・デザイナーであること。

審査基準:
タイルの新たな可能性が感じられ、 オリジナリティにあふれる作品。審査は匿名で行い、 審査員合議のうえ、総合評価で決定します。
・タイルの選定、使い方において新たな可能性が感じられる
・設計、デザインが優れており、周辺環境との親和性が感じられる
・人の健康や環境保全に対する配慮が感じられる

応募方法:
名古屋モザイク工業WEBサイトの応募フォームよりご応募ください。
お一人様何点でもご応募いただけます。ただし、ご応募1回につき1作品とします。

デザインアワード2023非住宅部門銀賞〈TOILET 日建設計東京本社トイレ改修〉 株式会社日建設計

提出内容:
1.施工例写真の画像(最低1点~最高4点)
2.大型物件、タイルの施工場所がわかりにくい物件については平面図1点を添付してください。
※平面図は審査のみに使用し、公開はいたしません。スキャン・手描きでも可能です。
3.作品名・作品のテーマ・説明(50~300文字。採用商品名・品番・使用場所を明記)

デザインアワード2023住宅部門銀賞〈熊日RKK住宅展 新産住拓モデルハウス 市中山居〉設計:齋藤秀行 / Design8°、設計・施工:新産住拓株式会社、撮影:白木世志一

結果発表:
2024年9月中旬に名古屋モザイク工業のWEBサイト上で公表します。
また、結果発表後に同社ショールームにて受賞作品の展示を行います。

表彰式:
受賞者の表彰式を執り行います。
※日程などの詳細は受賞者へ個別にご連絡します。状況により変更が生じる場合がございます。


応募スケジュール、表彰式、注意事項などについては、デザインアワード2024特設サイトをチェック!

運営・管理・お問い合わせ先
名古屋モザイク工業株式会社 http:www.nagoya-mosaic.co.jp

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • AWARD
  • 名古屋モザイク工業の施工例写真コンテスト「デザインアワード2024」募集開始! 「タイルをアートに!!」タイルの可能性を表現する施工事例を募集中
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ