COMPETITION & EVENT

建築情報学会主催シンポジウム「建築情報データの社会的活用とその条件 -BEYOND BIM」8/19開催

2020年11月に発足した建築情報学会(会長 池田靖史)が主催する初のシンポジウムが、2021年8月19日(木)13:00よりオンラインで開催されます。

開催趣旨
建築業界のデジタル・トランスフォーメーション(DX: Digital Transformation)の中核と考えられているBIMデータは、環境、エネルギー、人流、などのリアルタイムデータと結びついて利用されることで、設計や施工業務の改善や高度化よりはるかに大きな役割が、建物完成後に生まれる可能性を持っている。だが、こうした建築・都市情報の活用と共有のための社会的制度としての法律的、経済的な仕組みは未成熟であり、従来の建築業界の枠を超えた議論が必要である。
建築情報学会が集めた分野横断的な有識者に建築・都市情報データの社会的活用とその条件の議論を期待したい。

シンポジウム「建築・都市情報データの社会的活用とその条件 -BEYOND BIM」開催概要

日時:2021年8月19日(木) 13:00-18:00
会場:オンライン(Zoomウェビナー)
スケジュール
第1部 13:10-14:40
「次世代技術と建築・都市情報」
第2部 14:45-16:15
「経済と建築・都市情報」
第3部 16:20-17:50
「法制度・社会規範と建築・都市情報」
※シンポジウム本編終了後、Gatherにてオンライン懇親会を予定

参加方法:要申し込み(視聴URLは当日の朝までに主催者よりメールにて送付)
学生・一般・賛助会員:無料
会員用WEBサイトにログイン後、シンポジウム案内から要申し込み
https://fellow.ais-j.org/users/sign_in
会員以外:有料
下記イベントページよりチケット(2,000円)を要購入
https://eventregist.com/e/AIS_sympo0819

主催:建築情報学会

建築情報学会主催シンポジウム「建築情報データの社会的活用とその条件 -BEYOND BIM」バナー

各部詳細・登壇者略歴(以下、氏名は敬称略、50音順)

第1部:「次世代技術と建築・都市情報」
BIMデータの新しい可能性を拓く次世代技術としてのAI, NFT, Big DATA, IoT

パネリスト

今井 亮介 今井亮介
株式会社アンドパッド執行役員 / ANDPAD ZERO Director
一級建築士。大学院卒業後、日本設計にて建築士として国内外の大規模開発に携わったのち、ブランド・コンサル・ファームにて新規ブランド開発のプロジェクト・マネージャーとして従事。その後、個人で新規事業開発コンサルティングを提供しつつ、自身で複数のスタートアップ立上げを経験。2020年5月よりアンドパッドに新規事業開発の責任者として参画。

大西正輝大西正輝
産業技術総合研究所人工知能研究センター社会知能研究チーム研究チーム長
1997年大阪府立大学工学部情報工学科卒業。2002年同大大学院博士後期課程修了。(Ph.D.)同年理化学研究所研究員。2006年産業技術総合研究所研究員。
現在、産業技術総合研究所人工知能研究センター社会知能研究チーム長。人流解析に関する研究に従事。

施井 泰平施井泰平
スタートバーン株式会社代表取締役 / 株式会社アートビート代表取締役
1977年生まれ。少年期をアメリカで過ごす。東京大学大学院学際情報学府修了。
2001年に多摩美術大学絵画科油画専攻卒業後、美術家として「インターネットの時代のアート」をテーマに制作、現在もギャラリーや美術館で展示を重ねる。2006年よりスタートバーンを構想、その後日米で特許を取得。大学院在学中に起業し現在に至る。2021年に株式会社アートビート代表取締役就任。講演やトークイベントにも多数登壇。

モデレーター

豊田 啓介豊田啓介
noiz / gluon / 東京大学生産技術研究所客員教授
建築情報学会副会長・理事


第2部:「経済と建築・都市情報」
BIMデータを介した都市経済活動の誕生とその問題点を考える

パネリスト

板谷 敏正板谷敏正
プロパティデータバンク株式会社代表取締役社長
1989年早稲田大学大学院理工学研究科修了、清水建設株式会社入社。2000年同社社内ベンチャー制度を活用し不動産クラウド専門企業プロパティデータバンク株式会社設立、代表取締役就任(現在に至る)。2010年早稲田大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。2010年ポーター賞受賞。2010年芝浦工業大学客員教授。2016年英国RICSフェロー。2017年日本ファシリティマネジメント協会理事。2018年東京証券取引所マザーズ市場へ上場。博士(工学)

関戸 博高関戸博高
株式会社Unique Works代表取締役社長 / スターツコーポレーション株式会社特別顧問
BIMについては、そのデータの活用を建設業界に留まらず、不動産や金融と連携させることに力を入れている。BIM-EC コンソーシアム代表幹事。最近このコンソーシアムの活動をベースにBIM-EC が国交省の「BIM を活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業」に採択される。今後BIM-EC が普及期に入ると思われるので、それに向けて準備中。

吉村 有司吉村有司
東京大学先端科学技術研究センター特任准教授
愛知県生まれ、建築家。2001年より渡西。ポンペウ・ファブラ大学情報通信工学部博士課程修了(Ph.D. in Computer Science)。バルセロナ都市生態学庁、マサチューセッツ工科大学研究員などを経て2019年より現職。ルーヴル美術館アドバイザー、バルセロナ市役所情報局アドバイザーを兼任。主なプロジェクトに、バルセロナ市グラシア地区歩行者計画、クレジットカード情報を用いた歩行者回遊分析手法の開発など、ビッグデータやAIを用いた建築・まちづくりの分野に従事。

モデレーター

粕谷 貴司粕谷貴司
株式会社竹中工務店情報エンジニアリング本部課長 / 建築情報学会理事


第3部:「法制度・社会規範と建築・都市情報」
BIMデータを都市データとともに活用するために我々の社会が考えるべきこと

パネリスト

武邑 光裕武邑光裕
武邑塾塾長 / デジタルライフ研究センター(CSDL)フェロー
京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。
専門はメディア環境学。2013年より武邑塾を主宰。2017年、Center for the Study of Digital Lifeフェローに就任。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。近著に『ベルリン・都市・未来』(太田出版)、『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)がある。

田伏 翔一田伏翔一
国土交通省 住宅局建築指導課企画専門官
2008年東京大学工学部都市工学科卒業。同年4月国土交通省入省。
同省住宅局市街地建築課課長補佐、内閣府地方創生推進事務局参事官補佐を経て、国土交通省住宅局建築指導課課長補佐にて建築BIM推進会議の事務局や建築士法などを2019年7月~2021年7月まで担務。現在は同課の企画専門官(企画担当)。

水野 祐水野
法律家 / 弁護士(シティライツ法律事務所) / 九州大学GIC客員教授
法律家。弁護士(シティライツ法律事務所)。九州大学GIC客員教授。Creative Commons Japan理事。Arts and Law理事。慶應義塾大学SFC非常勤講師。note株式会社などの社外役員。著作に『法のデザイン −創造性とイノベーションは法によって加速する』、共著に『オープンデザイン参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」』など。
Twitter : @TasukuMizuno

モデレーター

池田靖史池田靖史
慶應義塾大学SFC 教授 / 建築情報学会会長・理事


建築情報学会(Architectural Informatics Society, 略称:AIS)概要
情報と建築・都市に関する概念の更新と、知の共有・体系化を目的として、開かれた議論、情報の収集・分析・蓄積・発信、人材交流と育成などを行う領域横断的なコミュニティ。2017年の有志メンバーによる意見交換を端緒に、さまざまな領域の実務者や研究者と議論を重ね、2020年11月30日に学会設立。建築家やエンジニアのみならず、学生、学術界・産業界の最前線で活動する多領域のメンバーが集う。建築情報学の初の教科書として書籍『建築情報学へ』(監修:建築情報学会、発行:millegraph、2020)がある。
現在の賛助会員企業は38社。

建築情報学会建築情報学会 公式WEBサイト
https://ais-j.org

建築情報学会 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCXldlvKi3ez1rn7lsnmBb4w

建築情報学会 関連記事

COMPETITION & EVENT2020.11.23
noiz豊田氏、慶應SFC池田氏、落合陽一氏らが登壇する建築情報学会設立記念イベント11/30よりオンラインで全5回開催

BIM 関連記事

BUSINESS2020.04.10
国土交通省の学識・有識者会議が「建築分野におけるBIMの標準ワークフローとその活用方策に関するガイドライン(第1版)」を策定
BUSINESS2020.04.22
フリーダムアーキテクツデザインが提供するBIMコンサルサービス
BUSINESS2020.07.09
国交省がBIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業で採択した8案を発表
BUSINESS2021.02.05
早稲田大学理工学術院総合研究所とプロパティデータバンクが、BIMの普及に伴う建築プロジェクトとコストマネジメントに関する共同研究を開始
BUSINESS2021.04.30
「やさしいBIM®︎」を日建設計コンストラクション・マネジメントが商標登録
PRODUCT2021.03.26
日建設計と日本設計が構造解析データとBIMデータのST-Bridge整合確認ツールを無償公開
PRODUCT2021.04.20
ノートルダム大聖堂の修復工事をオートデスクがBIMで支援
PRODUCT2021.05.20
BIMモデルを手軽に閲覧! 建築・土木の生産支援クラウド「Photoruction」がBIMとの連携機能を搭載
PRODUCT2021.06.01
パナソニックがBIM用リアルタイム照明シミュレーションソフト「Lightning Flow®︎」の本格展開を開始

noiz 豊田啓介氏 関連記事

FEATURE2020.10.12

Special Dialogue Series

豊田啓介× 川田十夢 特別対談 #01 常識からどんどん外れよう! 空間の未来を楽しく切り拓く
FEATURE2020.12.02

Special Dialogue Movie

「豊田啓介×川田十夢【デジタル×建築】対談動画」
CULTURE2020.06.19
noizが次世代型スマートシティの垂直版〈SHIBUYA HYPER CAST. 2〉を発表
CULTURE2020.07.13
原研哉とnoizによる台湾市美術館二館の環境アート〈Shadow in Motion〉の動画
COMPETITION & EVENT2021.06.11
野老朝雄×noizによる企画展「DISCONNECT/CONNECT 【ASAO TOKOLO×NOIZ】 幾何学紋様の律動、タイリングの宇宙」

RECOMENDED ARTICLE