COMPETITION & EVENT

ニコライ・バーグマン×奈良祐希セッション展

Nicolai Bergmann Flowers & Design Flagship Storeにて「JAPANDI-NA(ジャパンディーエヌエー)」開催

東京・南青山にある、フラワーアーティスト、ニコライ・バーグマン(Nicolai Bergmann)のフラッグシップストア〈ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン フラッグシップストア(Nicolai Bergmann Flowers & Design Flagship Store)〉2Fにて、ニコライ・バーグマンと陶芸家で建築家でもある奈良祐希とのセッション展「JAPANDI-NA(ジャパンディーエヌエー)」が開催されます。

奈良祐希は、石川県金沢市で350年以上の歴史を有する大樋焼(おおひやき)の窯元の生まれ。1600年代半ばに加賀藩主が京より千家茶道を取り⼊れた際、樂焼唯⼀の脇窯として⾦沢の地に⽣まれたという、約350年の歴史があります。
十一代大樋⾧左衛門氏を父に持ち、祖父である十代目(現・大樋陶冶斎)は文化勲章受章者という、茶陶・大樋⾧左衛門窯に代々受け継がれてきた伝統の技とDNAを有する奈良は、当初は陶芸から距離を置き、東京藝術大学で建築を学びました。自身の建築デザイン事務所も主宰する建築家でもあります。

奈良祐希(ならゆうき)プロフィール

奈良祐希(ならゆうき)近影

©Yuki Saito

陶芸家・建築家
1989年⽯川県⾦沢市⽣まれ。生家は350余年の歴史を誇る茶陶・大樋焼の窯元。
2013年東京藝術大学美術学部建築科卒業、2016年多治見市陶磁器意匠研究所修了。2017年東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻首席卒業、2021年より建築デザイン事務所EARTHENを主宰。
主な受賞に、金沢世界工芸トリエンナーレ審査員特別賞(2017)、建築分野の登竜門「Under 35 Architects exhibition 2021」ファイナリスト。
陶芸作品は根津美術館、ヴィクトリア&アルバート博物館などに収蔵されている。現在は金沢に陶芸のアトリエ、東京に建築デザイン事務所を構え、2つの領域をまたいで創作活動を行っている。

Yuki Nara Web Site
http://yukinara.jp/

奈良祐希(ならゆうき)陶芸作品

奈良祐希「Bone Flower」シリーズ

陶芸作品を製作する際に、3D CADを用いているという奈良。「Bone Flower」と名付けられ、その後、シリーズ化している処女作にもその痕跡が見られます。「Bone Flower」は、板状に切り出した白磁を有機的に重ね合わせることで「花」を表現した作品です。

奈良祐希(ならゆうき)陶芸作品

奈良祐希「Bone Flower」シリーズ

2021年7月にウェスティン都ホテル京都にある数寄屋⾵別館「佳⽔園」[*]を会場に開催された個展「ENSEMBLE」では、この「Bone Flower」のほか新作も披露され、9日間の会期中、800名以上の来場者を集めました。
*.村野藤吾の設計で1959年に完成した木造平屋の名建築で、2020年に中村拓志が改修を手掛けた

奈良祐希 個展「ENSEMBLE」展示イメージ

奈良祐希 個展「ENSEMBLE」展示イメージ(2021年7月 ウェスティン都ホテル京都 数寄屋風別館「佳水園」にて)

奈良祐希 個展「ENSEMBLE」展示イメージ

奈良祐希 個展「ENSEMBLE」展示イメージ(2021年7月 ウェスティン都ホテル京都 数寄屋風別館「佳水園」にて)

一方のニコライは、デンマーク出身で、北欧のミニマルかつ時代を超えた高いデザイン性をDNAとしてその身に宿し、心には日本の伝統美へのインスパイアを抱いています。建築物のフォルムや空間から触発されてフラワーアートをつくりあげることも多いとのこと。

Nicolai Bergmann(ニコライ・バーグマン)プロフィール
Nicolai Bergmann(ニコライ・バーグマン)近影

フラワーアーティスト
デンマーク出身。スカンジナビアン・スタイルのセンスと、細部にこだわる日本の感性を融合させ、フラワーデザインの世界でユニークな作品を発表し続けている。活動の幅は広く、ファッションやインテリアの分野でも世界有数の企業と共同デザイン・プロジェクトを手がけている。現在、国内外に13店舗のフラワー・ブティック、カフェを展開。2022年春に「NICOLAI BERGMANN HAKONE GARDENS」を神奈川県・箱根(強羅)にオープン予定。

ニコライ・バーグマン 公式ウェブサイト
https://www.nicolaibergmann.com/

日本のわびさびを感じるデザインと北欧のミニマリズムを融合したJAPANDI(ジャパンディ)とDNAを掛け合わせた造語をタイトルとする本展「JAPANDI-NA(ジャパンディーエヌエー)」では、奈良とニコライがセッション。奈良の陶芸作品に、ニコライ・バーグマンが、独自のフラワーアートを施します。

ニコライ・バーグマン×奈良祐希セッション展「JAPANDI-NA(ジャパンディーエヌエー)」

本展において奈良は、ニコライのシグネチャーアイテムであるフラワーボックスをイメージした新作を発表。また、彼が陶芸製作の過程で用いる3D CADでのドローイングに、ニコライのアートを組み合わせた作品も展示されます。

ニコライ・バーグマン×奈良祐希セッション展「JAPANDI-NA(ジャパンディーエヌエー)」

セッション展「JAPANDI-NA(ジャパンディーエヌエー)」

会期:2021年12月15日(水)〜2022年1月14日(金)
開場時間:11:00-18:00
休業日:2021年12月29日~2022年1月4日
会場:ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン フラッグシップストア(Nicolai Bergmann Flowers & Design Flagship Store)2F
所在地:東京都港区南青山5-7-2(Google Map
観覧料:無料(予約不要)
主催:Nicolai Bergmann K.K./ UENOJAPAN
問合せ先:ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン

フラッグシップストア アクセス
https://www.nicolaibergmann.com/locations/flagship-store/

※本稿1枚目の作品画像の器は、奈良祐希氏の作品ではありません。フラワーアートはニコライ バーグマン氏によるものです

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • EXHIBITION
  • ニコライ・バーグマン×奈良祐希セッション展「JAPANDI-NA(ジャパンディーエヌエー)」Nicolai Bergmann Flowers & Design Flagship Storeにて開催
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ