COMPETITION & EVENT

「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」

京都髙島屋に巡回、4/28より開催

インテリアのパリコレとも称される「メゾン・エ・オブジェ」。1995年にパリで生まれた国際展示会の1つです。
今春3月3日から19日間の会期で、東京・日本橋の日本橋髙島屋S.C.にて、世界で初めて展覧会として編集され、「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」として展示が行われました(本校の会場写真は東京開催時のもの / 撮影:TEAM TECTURE MAG)。

日本橋髙島屋「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」

日本橋髙島屋「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」2022年 プロローグ展示
正面のタペストリー:ル・コルビュジエ「外部に倦怠が漲る」髙島屋史料館所蔵

同展では、デザインを通じての多様な「対話」の姿を模索するとともに、ニューノーマル時代の暮らしの在り方を提案する3部構成で、東京の会場では、「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」の歴代受賞者のうち、21名をピックアップ。彼らがデザインした家具や照明などのほか、パリの「メゾン・エ・オブジェ」に出展するブランドの新作コレクション「ホワッツ・ニュー」、次世代の創作活動に贈られる「ライジング・タレント・アワード」受賞者の作品が展示され、好評を博しました。
この巡回展が、京都髙島屋にて4月28日より開催されます。

日本橋髙島屋「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」

日本橋髙島屋「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」2022年 / 左手前:パトリック・ジュアン(フランス)

日本橋髙島屋「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」第2部

日本橋髙島屋「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」2022年 第2部「Contemplative Nature(コンテンポラティブ ネイチャー / 瞑想的な自然)」の展示エリア

日本橋髙島屋「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」第3部

日本橋髙島屋「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」2022年 第3部の展示 / 手前:狩野佑真氏(STUDIO YUMAKANO)のプロダクト「ForestBank」の展示

「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」京都巡回

会期:2022年4月28日(木)~5月9日(月)※会期中無休
会場:京都髙島屋 7階グランドホール
所在地:京都府京都市下京区四条通河原町西入真町52(Google Map
開場時間:10:00-19:00 ※最終日5月9日(月)は16:00まで、各日の入場受付は閉場30分前まで
問合せ先:075-221-8811(京都髙島屋 代表)
主催:髙島屋、朝日新聞社
企画監修:SAFI(メゾン・エ・オブジェ主催者)
企画協力:デアイ(DE AI / メゾン・エ・オブジェ日本総代理店)
後援:在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ日本
入場料(税込):一般、大学・高校生500円、中学生以下無料
※「障がい者手帳・デジタル障がい者手帳」を提示の本人ならびに同伴者1名まで入場無料

今後の巡回予定
2022年8月17日(水)~8月30日(火)ジェイアール名古屋タカシマヤ

最新の情報は髙島屋の「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」サイトを参照してください。

「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」公式サイト
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/maison-objet/top.html

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」東京開催時レポート

FEATURE2022.03.11

「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」

日本橋髙島屋S.C.会場レポート! パリに先駆けた新作披露も
COMPETITION & EVENT2022.03.02

「メゾン・エ・オブジェ」が東京に!

「デザイン・ダイアローグ」をテーマに再構築、日本橋髙島屋S.C.にて3/3より開催
  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • EXHIBITION
  • 「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」
京都髙島屋に巡回、4/28より開催
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ