PRODUCT

多次元型焚火台〈RAPCA〉

"時間も空間も"カスタマイズ

PRODUCT2020.05.05

株式会社フロントビジョンが手掛けるアウトドアブランド「MAAGZ(マーグズ)」から、多次元型焚火台〈RAPCA(ラプカ)〉が販売されました。

一般発売にさきがけて実施したクラウドファンディング(2019年11月27日〜2020年1月)において、目標の2,508%を達成したプロダクトです。

MAAGZ」は、アート・プログラミング・イラスト・建築・服飾・写真・映像など、さまざまな分野のつくり手たちが参集したアウトドアブランド。手に取った時に想像が広がり、使い手が自分の楽しみ方を見つけられるような、余白のある製品づくりを目指しています(MAAGZ 公式ウェブサイトより)。

今回の〈RAPCA〉は、MAAGZが最初に考えたキャンプギアで、自由度と拡張性にフォーカスを当てた設計により、ソロ・デュオ・グループ・ファミリーキャンプなど、幅広いシーンで使うことを想定しています。

重量は約1.8キログラム、収納もコンパクトで、3ステップで組み立てることができます。使用時の状態では調理スペースを広くとり燃焼効率も高い逆台形のフレームデザインを採用、立体的なレイアウトも可能で、焼く・茹でる・炒める・揚げる・煮る・燻す・保温などの調理の過程をコンパクトに進めることができます。

さらには、今後販売予定のオプションパーツや、ホームセンターなどで購入できるパーツを組み合わせれば、下の写真のように拡張して使うことも可能です。(en)

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000055481.html

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

焚き火・グランピング関連記事

BUSINESS2020.09.04
焚き火を囲む、ニューノーマル時代の新しいビジネス合宿施設「TAKIVIVA」 が北軽井沢に開業
BUSINESS2020.07.24

無人駅でサウナやグランピング!

有休資産を再生する新たなツーリズムの開発へ向け、JR東日本グループとVILLAGE INC.が資本業務提携
FEATURE2021.02.23

【Special interview】What is "DAICHI"? -New form of natural development

新しい自然開発とは!? 「DAICHI」始動インタビュー:馬屋原竜 谷尻誠 齊藤太一 木本梨絵
CULTURE2021.05.19

福岡「海の中道海浜公園官民連携推進事業」

「パーク・ツーリズム」をテーマにした滞在型レクリエーション拠点が来春オープン
PRODUCT2021.11.07

アウトドアガレージブランド・ウィーノーイナフの「焚き火台」販売開始

建築家・岡田宰とUI/UXデザイナー・石原亮が設立
BUSINESS2021.12.23

スノーピークが6600坪のまちづくりに参画

「野遊び」の要素を取り入れたアウトドアリビングほか監修
CULTURE2022.01.24

廃校をグランピングリゾートに再生

旧島田市立湯日小学校のプール、体育館、家庭科室、校庭などをフルリノベーション
BUSINESS2022.02.08

アウトドアブランド muracoの旗艦店が立川に2/18オープン

SUPPOSE DESIGN OFFICEが店舗設計を担当

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • PRODUCT
  • GADGET
  • “時間も空間も”カスタマイズする 多次元型焚火台〈RAPCA〉
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ