CULTURE

廃校をグランピングリゾートに再生

旧島田市立湯日小学校のプール、体育館、家庭科室、校庭などをフルリノベーション

CULTURE2022.01.24

静岡県島田市に、廃校となった小学校を再活用したグランピング施設、Glamping&Port 結(ゆい)が今春開業します。

サイトは、学校統合に伴い2021年3月末をもって閉校した島田市立湯日小学校。北に南アルプス、南に駿河湾があり、一年を通じて温暖な土地です。富士山静岡空港からはタクシーで約10分の距離にあります。

静岡の茶畑

茶畑から富士山を望む(イメージ画像)

旧島田市立湯日小学校の利活用事業は、島田市が2020年11月より実施した公募型プロポーザルにて、静岡市に本社を構えるアイワ不動産を優先交渉権者として選定[*]。アイワコネクトを開発者として、21の貸切テントと共同の大型テントなどを有するグランピング施設へと再生されます。

Glamping&Port 結(ゆい)

5タイプ計21の独立型テント(画像はドッグオペラテント / オペラテント)

[Glamping&Port 結]は、廃校をフルリノベーションし、小学校ならではの施設を利活用しているのが特徴です。

旧体育館は、バスケットボールやドッジボールなどの球技やスポーツを楽しめます。プールはプールサイドでくつろげるように改装し、5月から9月の夏季はナイトプールを実施する予定です。

Glamping&Port 結(ゆい)

ナイトプール(5~9月営業)

各種アクティビティ(イメージ)

ストリートピアノとして活用されるピアノ(イメージ)

各種アクティビティ(イメージ)

雨天でも使える体育館が付帯するのが[Glamping&Port 結]の特長の1つ

旧家庭科室は「調理実習」をイメージしたワークショップやなどに活用され、音楽室にあったピアノはストリートピアノとして誰でも弾けるようにするなど、湯日小学校から譲り受けた設備が、多種用意されたアクティビティとして利活用されます。

各種アクティビティ(イメージ)

旧家庭科室では「調理実習」をイメージしてポップコーン作りなどを開催

各種アクティビティ(イメージ)

静岡名産の「お茶入れ体験」のアクテビティの1つ(イメージ)

計21のテントは、緑の芝が広がる旧校庭に配置されました。冷暖房完備で、アウトドア志向、ペット(犬)同伴などのニーズや人数に応じて、全5タイプを展開。デッキスペースには個別の食事スペースも用意され、雨の日でもBBQ(バーベキュー)などを楽しめる、全天候型の仕様となっています。

Glamping&Port 結(ゆい)

静岡の食材を使った食事メニュー(BBQなど)イメージ

Glamping&Port 結(ゆい)

静岡の海の幸を使ったパエリア(イメージ)

Glamping&Port 結(ゆい)

地元で採れた野菜を使ったサラダ(イメージ)

Glamping&Port 結(ゆい)

Glamping&Port 結(ゆい)

ツインドーム

Glamping&Port 結(ゆい)

ロータスベルテント

シャワーブース、トイレなどの水まわり設備は、隣接する校舎に用意され、旧校長室は浴場へと改修。タオルや歯ブラシなどの基本的なアメニティも用意されています。

Glamping&Port 結(ゆい)

校長室だったスペースは浴場に改装

Glamping&Port 結(ゆい)

NIGHT BAR(イメージ)

校庭には透明ドームの大型テントも設置され、夜間にはアルコール類を提供するBARを営業予定です。
これらの各種テントや校舎を含む施設内には、Wi-Fi通信環境も整備され、コワーキングでの利用も想定しています。

Glamping&Port 結(ゆい)

Glamping&Port 結(ゆい)

Glamping&Port 結(ゆい)

Glamping&Port 結(ゆい)

なお、全21棟の予約受付は、ブッキングリゾートにて本日より開始されています(プレスリリース)。

Glamping&Port 結(グランピング アンド ポート ゆい)施設概要

住所:静岡県島田市湯日564番地(旧島田市立湯日小学校 / Google Map
宿泊棟数:21棟(部屋タイプと棟数は以下の通り)
・ツインドームテント(2棟):約40m²
・ドームテント(7棟):約28m²
・ロータスベルテント(5棟):約28m²
・オペラテント(4棟):約21m²
・ドッグオペラテント(3棟):約21m²
グランドオープン:2022年3月予定

[Glamping&Port 結] 詳細
https://www.glamping-shizuoka.com/


参考リンク
「島田市立湯日小学校跡地利活用事業公募型プロポーザル」優先交渉権者及び次点者発表(2020年12月16日)
https://www.city.shimada.shizuoka.jp/gyosei-docs/234577411.html

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

学舎の活用例トピックス

CULTURE2020.07.23

〈ブルーボトルコーヒー 京都木屋町カフェ〉

スキーマ建築計画が空間デザインを担当、小学校を再生した複合施設にオープン
PROJECT2021.08.11

Buddhanimit Temple / Skarn Chaiyawat + 進藤理奈 + Wittee Wisuthumporn

新旧を共存させた 修行僧のための寮と共用施設
PROJECT2021.03.04

Ready to Flight ! NARITA 旅の準備をする宿 くずみ第二小学校 / TA+A

小学校らしさを残しながら機能を刷新した旅の楽しみが増す宿泊施設
FEATURE2021.09.23
早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)が10/1開館、設計は隈研吾氏が担当【内覧会レポート】
CULTURE2022.01.10

東京大学×積水ハウス「T-BOX」が工学部1号館にオープン

内田祥哉設計の校舎を一部改修、デジタルファブリケーション拠点に
COMPETITION & EVENT2022.01.19

「小池一子展」アーツ千代田 3331にて開催

日本のクリエイティブ領域を牽引してきた第一人者の仕事を総覧する大規模展

島田市におけるそのほかのプロジェクト

CULTURE2020.11.08
緑茶・農業・観光の体験型フードパーク〈KADODE OOIGAWA〉が静岡・島田市に11/12開業、大井川鐵道35年ぶりの新駅も同日開業

アウトドア トピックス

BUSINESS2020.07.17
遊休化している公共施設をアウトドアリゾートへと再生させる新事業をコスモスイニシアが開始
BUSINESS2020.11.04

スノーピークとJR九州が包括連携協定を締結

アウトドアを通じた地域の魅力向上や観光誘致へ協働
BUSINESS2021.12.23

スノーピークが6600坪のまちづくりに参画

「野遊び」の要素を取り入れたアウトドアリビングほか監修
PRODUCT2021.11.07

アウトドアガレージブランド・ウィーノーイナフの「焚き火台」販売開始

建築家・岡田宰とUI/UXデザイナー・石原亮が設立
BUSINESS2022.02.08

アウトドアブランド muracoの旗艦店が立川に2/18オープン

SUPPOSE DESIGN OFFICEが店舗設計を担当
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 廃校をグランピングリゾートに再生!旧島田市立湯日小学校のプール、体育館、家庭科室、校庭などをフルリノベーション
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ