PRODUCT

アート体験を革新するau 5Gアプリ「AR x ART」が登場、第1弾は名和晃平氏とのコラボ!

PRODUCT2020.11.25

KDDIは、先端技術により日本の文化芸術体験を拡張するau Design project「ARTS & CULTURE PROGRAM」の取り組みとして、現代アート作品を、au 5G(エーユー・ファイブジー)と最新のAR技術[*1]を駆使して体験できるアプリ「AR x ART(エーアールアート)[*2]を、2020年11月24日から提供することを、同日11時に発表しました(KDDIプレスリリース)。
*1.AR: Augmented Reality(拡張現実)の意
*2.アプリ開発:Mawari Inc.(同社 2020年11月24日プレスリリース

同アプリは、Apple(アップル)社から今秋発売された〈iPhone 12 Pro〉シリーズに搭載されている新機能「LiDARスキャナ」を使用します。さらには「Indoor Mapping」といった先進技術も活用して、実際には何もない空間にアート作品をリアルな表現で再現したり、目の前にある実作品に新たな視覚的情報ないし表現を付加するといった、さまざまなアート体験を提供します。

彫刻家 名和晃平氏(Sandwich Inc.主宰 / 京都芸術大学教授)

第1弾として、日本を代表する彫刻家のひとり、名和晃平氏とコラボレーション。名和氏の代表作である〈PixCell〉や〈White Deer〉、マルチプル[*3]などの作品が、このアプリを介在した〈iPhone 12 Pro〉シリーズ端末の画面上に出現します。作品を鑑賞する角度やサイズなどをユーザーが任意で決めることができるなど、従来の彫刻の概念を拡張させる機能により、リアルとバーチャルが交錯した新しいアート体験を提供します。
*3.1点もののオリジナル作品に対して、工業的に複数制作された美術作品

また、今回のアプリ「AR x ART」の発表と同時に、遠山正道氏が代表取締役社長を務めるThe Chain Museum(ザ・チェーンミュージアム)が、KDDIおよび住友商事の2社とそれぞれ業務提携契約を結んだことを発表(同社プレスリリース[*4])
*4.KDDI Open Innovation Fund 3号ファンド(KDDI新規事業育成3号投資事業有限責任組合)を引受先とした第三者割当増資を同時発表

今回の3社提携の目的は、「リアルとデジタルを相互に駆使し、アートやアーティストが世界と直接つながることを希求すること」にあります。The Chain MuseumとKDDIは、The Chain Museumが展開する事業の1つ、ArtSticker(アートスティッカー)で培ったノウハウおよび機能を活用し、5GやxR(エックスアール または クロスリアリティ)などの最先端技術を駆使した、新たな文化芸術体験のDX(Digital transformation / デジタルトランスフォーメーション))を推進する「augART(オーグアート)」に共同で取り組んでいくとのこと。

参考リンク:KDDI「augART」ページ
https://adp.au.com/augart/

[銀座 456 Created by KDDI] B1Fイベントフロアで開催されたプレス向け説明会の様子

「AR x ART」のローンチに伴い、au 5Gが体感できるコンセプトショップとして、KDDIが9月26日にオープンした東京・銀座の「GINZA 456 Created by KDDI」にてプレス向けの説明会も行われました。同会場には、遠山氏と名和氏も同席。KDDIによる「AR x ART」の概要説明のあと、アプリにかける期待感、今後の展望などをそれぞれに述べました。

【TECTURE MAG】では、このプレス説明会に出席。「AR x ART」の概要と魅力についてレポートします。

アプリを使って提供されるコンテンツ(アートエクスペリエンス)は以下の3つとなります(11月24日提供開始は2のみ)

「AR x ART KOHEI NAWA」に関する説明場面(プレゼンテーション画面は12月以降提供開始となる「PixCell_AR」)

1.「PixCell_AR」

先進の「LiDARスキャナ」により、目の前のオブジェクトや人物が、名和晃平氏の代表シリーズ〈PixCell(ピクセル)〉へとリアルタイムで変貌する。提供開始は2020年12月以降の予定。

「PixCell_AR」の例

「PixCell_AR」の例

2.「AR x ART COLLECTION」

名和晃平氏のマルチプル作品をARでコレクションできる、自宅の床の間や玄関に彫刻や置物を飾るという、現代では廃れつつある文化を更新。現代アートのある生活を5Gで実現して楽しむという趣向。サイズや向き、影の細やかな調整も画面上で可能。

「AR x ART COLLECTION」で展開する名和晃平氏のマルチプル作品

「AR x ART COLLECTION」で名和氏のマルチプル作品を出現させた画面

3.「White Deer_AR」

宮城県石巻市荻浜に展示されている、名和晃平作品〈White Deer (Oshika)〉

「GINZA 456 Created by KDDI」や、名和氏の彫刻作品〈White Deer〉が実際に設置されている場所(上の画・宮城県石巻市萩浜)をはじめ、〈アンテルーム京都〉や〈アンテルーム那覇〉など、名和氏にゆかりのある場所などで、スポット的に〈White Deer〉がARで出現。運良く街中などで遭遇することができれば、「AR x ART COLLECTION」として手元の端末に加え、自宅などでも体験できる。出現スポットは「AR x ART KOHEI NAWA」公式ウェブサイトで公開するほか、都内にシークレットポイントも用意される。au 5Gエリアにある特定の出現スポットでは、同作品のアニメーション版も体験できる見込み (2021年2月提供予定)

左奥:〈White Deer (Oshika)〉、右:「「White Deer_AR」

「White Deer_AR」はデジタル彫刻作品ゆえにサイズも任意で変えることができる

プレス説明会に出席した遠山正道氏(The Chain Museum 代表取締役社長)は、今回の「AR x ART」サービス開始について、「ARという最新技術を使った、新たなメディウム(編集部註.媒体)が生まれたと感じている。空間、モバイル、メディウムという3つの要素で、17世紀のヨーロッパにおいて絵画をモバイルしていたような感覚で、アートを楽しむことができるようになった」と述べ、また、KDDIとの業務提携について、「これからのアートの世界では、チームをまとめるリーダーシップが求められるように思う。チームから、なにかを生み出すちからが生まれる。それらが混在しているのがこれから時代ではないか」との見解を示しました。

左の人物:遠山正道氏(The Chain Museum 代表取締役社長)

続いて登壇した名和晃平氏は、KDDIがかつて展開していたデザインケータイ〈iida〉シリーズ以来10年ぶりとなるコラボレーションへの感慨を述べたあと、作品への満足度と期待度が高いことを自身の言葉で語りました。

右の人物:彫刻家 名和晃平氏

AR作品としては、来月12月より提供開始となる作品〈PixCell〉は、名和氏がまだ京都市立芸術大学に在学中、アパート暮らしをしていた頃に創案したもの。情報化社会というものを、何か彫刻で表現できないかとこの頃から考えていたそうです。その方法論が今回のコラボで実現しました。

「このアプリで見ることができるマルチプル作品では、表面のヴェルベット調の質感までもがリアルに表現されている。落ちる影もリアル。かつ、空間も決めることができる。これは新しい鑑賞体験になるでしょう。スキャンした情報を物質に置き換えて展示する。つまり、情報としても彫刻作品が存在することになる。『AR x ART』は、これまでの彫刻の概念を変えるものです」(名和晃平氏談)

「PixCell_AR」部分拡大

名和氏はさらに、彫刻家として大事にしていることは大きく2つあり、1つは物質を使うということ、2つめは作品をどう世の中に伝えるか、インターフェースの部分だと語りました。今回の「AR x ART」では、作品を3Dデータ化したことで初めて可能となったアニメーション表現への期待感を表明。また、すでに国内各地に設置されている既存のパブリックアートにこのアプリの機能を実装すれば、作品の「再発見」につながるだろうと、作家として大きな期待を寄せました。

説明会参加者に貸し出された〈iPhone 12〉端末のデモ画面

記者発表会では、出席者に端末が貸し出され、実際にアプリを使ったデモンストレーションも行われました。

アプリを起動し、画面から「AR x ART COLLECTION」を選択して間もなく、画面上にあらわれたマルチプル。この時点では白色。

白いマルチプルをタップすると、作品全体がデフォルトカラーの赤に変わる。

作品の角度は任意に変えることが可能。床に落ちる影も連動して変わるのがリアル。

マルチプル作品は複数表示可能

拡大すると、ヴェルベットの絨毛館まで繊細に表現されていることがわかる

「White Deer_AR」出現スポットの1つ、[GINZA 456] エントランス空間にて、出現待機中

端末を平行方向にゆっくり動かすと、AR作品が出現

au 5Gエリアの[GINZA 456]では、来年2月以降はアニメーション演出を予定

プレス発表会で鑑賞した「KDDI AR x ART KOHEI NAWA」は、KDDI関係者が口にした「デジタルツイン時代の彫刻」という表現がまさにあてはまります。

また、「AR x ART COLLECTION」のデフォルト表示は「赤」で、ほかの色の作品は、データにかかっているロックを解除しなければ見ることができません。これには、国内各地に点在する出現スポットをまわるか、名和晃平作品集『METAMORPHOSIS』の購入特典を入手する必要があります。ユーザー自身が行動を拡張することで、鑑賞の幅や奥行きを拡げることができるプロジェクトとなっています。ARならではの鑑賞体験を得るために、〈iPhone 12 Pro〉シリーズに切り替えたり、〈Whitte Deer_AR〉を探し、出会いを求めて旅立つ人もいることでしょう。
デジタル表現の可能性と裾野を拡げる「AR x ART」の今後の展開に注目です。(en)

「AR x ART KOHEI NAWA」

https://adp.au.com/augart/arart_kn

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

名和晃平氏関連記事

CULTURE2020.08.27
「名和晃平作品集『METAMORPHOSIS』特装版-COLLECTOR’S EDITION-」20点限定販売
CULTURE2020.10.26
名和晃平率いるSandwichがアートディレクションを手がけた〈ホテル アンテルーム ソウル〉が韓国に開業
COMPETITION & EVENT2020.12.07
【会場Report】名和晃平 個展「Oracle」表参道[GYRE GALLERY]にて1/31まで
COMPETITION & EVENT2021.04.14
Sandwichがギャラリー空間のデザインを監修した〈MtK Contemporary Art〉第1回企画展は、鬼頭健吾+大庭大介+名和晃平のグループ展「太陽」
COMPETITION & EVENT2021.11.30
十和田市現代美術館がレアンドロ・エルリッヒの〈建物〉シリーズを常設

The Chain Museum 関連記事

COMPETITION & EVENT2020.06.25
スマイルズ遠山正道氏×PARTY伊藤直樹によるThe Chain Museumが〈ニュウマン横浜〉に「Wall Street Museum」を開設
COMPETITION & EVENT2020.09.14
若手支援アートプロジェクト「ART MEETS TOKYO」が始動、第一弾の展覧会は〈sequence MIYASHITA PARK〉5Fのレストラン&バーにて9月14日より開催
  • TOP
  • PRODUCT
  • SOFTWARE
  • アート体験を革新するau 5Gアプリ「AR x ART」が登場、第1弾は名和晃平氏とのコラボ!
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ