PRODUCT

スノーピーク、シタテル、三越伊勢丹らがISSに搭載する宇宙船内服を共同で製作、一般販売も今秋予定

PRODUCT2021.02.10

シタテル(熊本県熊本市[*1])、スノーピーク(新潟県三条市[*2])、三越伊勢丹(東京都新宿区)の3社が共同で企画提案した宇宙船内服「Earthian Wear」が、このほど国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の審査を通過し、2022年以降に国際宇宙ステーション(ISS)に搭載する予定の生活用品候補に選定されました。
完成品は、一般向けウェア商品としても2021年秋以降に販売される予定です。

この「宇宙船内服」は、JAXAが2020年7月に実施した「宇宙生活 / 地上生活に共通する課題テーマ・解決策の募集」[*3]に応じたもの。提案の条件として、宇宙滞在用の生活用品として、国際宇宙ステーション(ISS)での使用が前提となっていました。

シタテル×スノーピーク「Earthian Wear」

開発の経緯
宇宙空間における衣服は、地上で求められるものとは異なる機能や素材が必要とされることから、開発にあたり、従来のアパレル事業者の常識にとらわれない新たな発想が必要となります。
シタテルでは、自社のネットワークを活用し、アパレル業界内外の事業者どうしも結びつけながら、宇宙空間という極限環境に適した新しい衣服を開発するために、2020年7月にJAXAが立ち上げた「THINK SPACE LIFE」プラットフォーム[*4]にインキュベーションパートナーとして参画。国内初となる「宇宙と地上双方の暮らしをアップデートする衣服」の企画・開発に取り組んできました。

一方のスノーピークでは、「自然指向のライフバリューを提案し実現する」というミッションを掲げ、自然と人々の生活を結びつける人生価値の提案をおこなうなかで、宇宙空間での生活という、人々の未来における新たなライフスタイルの創造を実現すべく、本プロジェクトに参画してきました。

前述のJAXAの公募に対し、宇宙滞在用の生活用品として、シタテル、スノーピーク、三越伊勢丹などが共同企画提案として「Earthian Wear」を提案した結果、審査を通過し、2022年以降にISSに搭載する生活用品の候補として選定されたものです。

シタテル×スノーピーク「Earthian Wear」

シタテル 代表取締役 / CEO 河野秀和氏コメント
この度、日本の未来を担う新しい挑戦を、JAXAほか、各業界における最先端企業のみなさまと共同プロジェクトを発足し「宇宙と地上双方の暮らしをアップデートする衣服」を開発する運びとなり大変光栄に思っております。
昨年は、世界で初めて民間宇宙船の打ち上げが成功するなど、事業の観点でも新たな時代へと突入し、宇宙への関心が高まっております。本プロジェクトでの衣服づくりの知見が、人々の新たなライフスタイルにおいて、日常的な衣服にも活用されます。
この「Earthian Wear」は、人類が新たなステージに進むためのプロローグとなる衣服のプロジェクトであり、閉塞感漂う世の中を、企業が、そして世界が一丸となり、未来に希望を見出して行きたいという想いも込められています。宇宙がより身近で親しみのある場所になることを期待し、サステナブルなサプライチェーン改革も含め、「宇宙空間における衣服」の開発に取り組んでまいります。

「Earthian Wear」概要
非日常生活である宇宙生活は、制限された空間や環境や限定された物資など、地上での日常生活との乖離に多大なストレスを抱えます。このような過酷な環境下における宇宙飛行士や宇宙旅行者のQOL(Quality of Life)向上を目指し、地上と宇宙空間という場所に依存しないシームレスで快適な状態を体感できる新しいライフスタイルウェアをコンセプトに、「究極のノンストレス・ウェア」の開発を企画提案しました。

シタテル×スノーピーク「Earthian Wear」

フラットシーマ / アウター案

シタテル×スノーピーク「Earthian Wear」

ホルガーメント / インナー案

機能の面では、着心地のよいウエアとして近年人気が高く、生地ロスが発生しにくい無縫製を採用。また、地上の衣服では保湿効果や抗菌防臭効果、伸縮性などの単一的な機能を保持するアイテムが多いなか、その機能を複数組み合わせたマルチ・バイラルな機能を有しているのが特徴です。さらに、素材は天然のものを中心に選定。最新技術と高いデザイン性を掛け合わせた、ニュー・スタンダードな衣服の開発に取り組み、サステナブルでストレスフリーな宇宙生活を実現することを目指します。
さらに、完成した宇宙船内服は、地上でも着ることができるウェアとして、2021年秋以降に一般向けの販売も予定しているとのこと。

シタテル×スノーピーク「Earthian Wear」

「宇宙と地上双方の暮らしをアップデートする衣服」今後の展開
共同で企画提案された「Earthian Wear」は今後、宇宙船内服として製作を進め、2022年以降にISSでの搭載を目指します。

JAXAが発表しているスケジュールによれば、2021年5月末までに選定企業にて開発を完了したものに対して、ISS搭載の安全性、搭載リソースへの適合性、ISS搭乗予定宇宙飛行士によるフィットチェックなどをJAXAが行い、予定では6月に搭載可否が判断されます。

それぞれの役割は、生産・資材調達・クラウド支援をシタテルが、企画・デザインをスノーピークが担当。ウェアの機能性の考案もスノーピークなどが行っています。
また、完成した船内宇宙服は、一般販売も予定されており、小売視点での仕様改善示唆として三越伊勢丹が参画しています。販売開始は2021年秋以降となる見込みです。

*1.シタテル株式会社
2014年創業。衣服およびライフスタイル製品生産のプラットフォーム事業など行う。
生活者のライフスタイルの急速な変化に伴う課題に対し、衣服を中心に「ひと・しくみ・テクノロジー」により形成された新しいプラットフォームを構築し、閉鎖的な業界のオープン化と、サプライチェーンに関わる全ての人々が場所に依存することなく、円滑にコミュニケーションを取り、スムーズに事業を行える環境づくりを目指す。現在国内を中心とした約1,200社の縫製工場・生地メーカーなどと連携し、同社のプラットフォームには、2020年12月1日現在で約20,000社のブランドや企業が登録している。
https://sitateru.co.jp/

*2.株式会社スノーピーク
1958年創業。”ものづくりのまち”として知られる新潟県三条市内に、約5万坪のキャンプ場を擁する本社「Headquarters」を構えるアウトドアメーカー。コーポレートメッセージは「人生に、野遊びを。」。「人と自然、そして人と人をつなぎ、人間性を回復する」ことを社会的使命とし、キャンプ用品、アパレルの開発、国内外での販売のほか、グランピング施設の企画と運営、地方創生、ビジネスソリューションなど、幅広い事業を展開。
https://www.snowpeak.co.jp/

*3.「宇宙生活 / 地上生活に共通する課題テーマ・解決策の募集」
JAXAが公表した宇宙生活での課題や困りごとをまとめた「Space Life Story Book」を参考に、応募側の技術や製品を生かして、宇宙および地上での生活の課題解決や利便性を向上させることができるアイデアを公募した。
宇宙飛行士の声を起点に考える、暮らしをより良くするためのヒント集「Space Life Story Book」
https://iss.jaxa.jp/med/images/71532_story.pdf

*4.「THINK SPACE LIFE」プラットフォーム
JAXA宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC: JAXA Space Innovation through Partnership and Co-creation)におけるプロジェクトの1つ、宇宙生活の課題から宇宙と地上双方の暮らしをより良くするビジネス共創プラットフォーム。暮らしやヘルスケア分野の新しい事業のタネを掘り起こし、研究開発やビジネス創出を後押しする。企業などに対して、アイデアの企画から商品・サービス開発に至るまでのインキュベーション機能や、企業間・産学官連携を促進する横断的コミュニティ活動の場を提供。2020年7月7日時点で、日本たばこ産業(JT)、LIFULL(ライフル)、ワコールなどの企業や、極地建築家の村上祐資氏らがメンターに名を連ねている。
https://aerospacebiz.jaxa.jp/solution/j-sparc/projects/think-space-life/

Snow Peak(スノーピーク)関連記事

CULTURE2021.03.16
LIXIL住宅研究所×スノーピーク「snow peak glamping ​TOKUSHIMA KOMATSUSHIMA」徳島に4/15開業
BUSINESS2020.11.04
スノーピークとJR九州が包括連携協定を締結、アウトドアを通じた地域の魅力向上や観光誘致へ協働
CULTURE2020.07.16
隈研吾氏が宿泊モバイルハウスも手がけた体験型複合施設〈Snow Peak LAND STATION HAKUBA〉グランドオープン

宇宙関連記事

COMPETITION & EVENT2021.02.18
永山祐子氏がイメージデザインを手がけた新宇宙港構想「スペースポートIBARAKI」が茨城県の宇宙ビジネス支援コンテストで準グランプリに
PRODUCT2020.07.17
時計の針は1つだけ! 宇宙飛行士や医療関係者らが使う、タイムマネジメントの意識改革を促す〈Gustave 24H Watch〉
BUSINESS2020.07.11
2040年に月面に1000人の長期滞在を計画するSPACE FOODSPHEREが、地球と宇宙の食の課題解決を目指して新規会員を募集
CULTURE2020.04.10
東海大学工学部建築学科 宇宙建築サークルTNLへのインタビュー記事:宇宙建築のつくり方
  • TOP
  • PRODUCT
  • APPAREL
  • スノーピーク、シタテル、三越伊勢丹らがISSに搭載する宇宙船内服を共同で製作、一般販売も今秋予定