PRODUCT

ワーキングチェア "FOUR(フォー)" 今春発売

倉本仁×アクタス×カンディハウス×コクヨの四者の知見を融合

PRODUCT2022.03.07

倉本 仁氏をデザイナーに迎え、アクタスとカンディハウスが共同で開発・製作したワーキングチェア「FOUR(フォー)チェア」が2022年4月末に発売されます。
技術サポートとしてコクヨも参画。同社とアクタス、カンディハウス、倉本 仁の四者の知見を活かした椅子として、「FOUR(フォー)」と名付けられました。

ワーキングチェア「FOUR(フォー)」

FOURチェア/木部:タモナチュラル、フレーム:シルバー、シート:レザー仕様

開発の背景とデザインコンセプト

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大後、ニューノーマルと呼ばれる昨今、人々の働き方とライフスタイルが変質し、人々の働く場所はオフィスから自宅(プライベート空間)へとシフトしています。その変化と多様化に対応すべく開発されたのが、このほどローンチした〈FOURチェア〉です。

ワーキングチェア「FOUR(フォー)」

FOURチェア/木部:タモミディアムブラウン、フレーム:ブラック、シート:レザー仕様

それまで、家庭の椅子に求められてきたのは、主に食事のための機能でしたが、在宅ワークが増え、椅子に求められるニーズも変わってきています。
ダイニングチェアには、「長時間座っても疲れない」こと、 デスクチェアには「家庭内で場所を取らない」「インテリアに馴染む」といった要求が顕在化しています。

これらの変容を受け、新たな椅子の開発は、ホームオフィス用の椅子、ダイニングチェア、食後にリラックスできる、さらには子どもたちと戯れるための遊びの道具としてのチェアといった複数の機能を、1脚の椅子で適応させるというコンセプトが掲げられました。

ワーキングチェア「FOUR(フォー)」

家庭のインテリア空間に馴染むデザイン

シートの幅45cmに対して、アームの内寸幅は50cmに設定。アームを広げることで、食べる・寛ぐ・働く(学ぶ)・遊ぶという椅子の自由度を拡げています。
笠木部分の材には、北海道産タモの無垢材を採用。カラーがナチュラル、ミディアムブラウン、ブラックの3色展開。笠木を支えるフレーム部分は、クロームメッキ仕上げのシルバーと、マット感のあるブラックの2種類。張り地はレザー(2種)とファブリック(3色)を用意しています。

倉本氏によるデザインは、ホームユースを意識し、プライベート空間のインテリアとの調和を考えたもの。そして、プロダクト単体でのフォルムや、椅子としての佇まいが美しいだけでなく、テーブルとあわせた際に、上から見たときの背もたれの円弧の美しさにもこだわりました。

ワーキングチェア「FOUR(フォー)」

キャスター付きの脚部も、主流となっている5本脚に対して、椅子が複数並んだときや、空間全体を見たときに「うるさい」と感じないように、4本脚のシンプルな構造を採用しています。フレームの本数と同様に、脚の本数は、「FOUR(フォー)」のネーミングの1要素でもあります。

ワーキングチェア「FOUR(フォー)」

美しさと機能性の融合点を見出した椅子として、ひとつの答えが“FOUR”であり、オフィスだけでなく、プライベートな住環境に溶け込む佇まいと機能性をもったワーキングチェアが誕生しました。

ワーキングチェア「FOUR(フォー)」

〈FOUR (フォー)チェア〉製品概要

企画・開発:アクタス、カンディハウス
製造:カンディハウス
デザイナー:倉本 仁(JIN KURAMOTO STUDIO)
技術サポート:コクヨ

ワーキングチェア「FOUR(フォー)」

FOURチェア / 木部:タモナチュラル、フレーム:シルバー、シート:レザー仕様 253,000円

ワーキングチェア「FOUR(フォー)」

FOURチェア / 木部:タモミディアムブラウン、フレーム:ブラック、シート:レザー仕様 231,000円

サイズ:W595 (790) ×D530 (790) ×H780-870, SH435-525mm *(カッコ)内は脚部外寸
素材:木部:北海道産タモ材(無垢)、フレーム:アルミニウム
仕上げ:木部:ナチュラル・ミディアムブラウン・ブラック(いずれもウレタン塗装)/ フレーム:シルバーフレーム(クロームメッキ)、ブラックフレーム(粉体塗装)
張地:レザー(ブラック・ブラウンの2種)/ ファブリック(チャコールグレー・グレー・ブラウンの3色)
価格(税込):
シルバーフレーム ファブリックシート 231,000円 / 同レザーシート 253,000円
ブラックフレーム ファブリックシート 209,000円 / 同レザーシート 231,000円
発売日(予定):2022年4月末
取り扱い:アクタス直営店、公式オンラインショップ、アクタスディーラーショップ、カンディハウスショップ、エリアパートナーショップ
※画像は2022年2月25日発表当時のもの(開発中のサンプルにつき、実際の製品と比べ細部の仕様が異なる)

アクタス(ACTUS)Webサイト
https://www.actus-interior.com/

カンディハウス(CONDE HOUSE)Webサイト
https://www.condehouse.co.jp/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

アクタス(ACTUS)関連記事

PRODUCT2020.04.30
深澤直人×MARUNI×ACTUSによるダイニングチェア「MEGURO(メグロ)」

カンディハウス(CONDE HOUSE)関連記事

PRODUCT2021.12.10

カンディハウスの新しい家具シリーズ・JINGU(ジングウ)

建築に溶け込む「なんでもない家具」を米谷ひろし氏(トネリコ)がデザイン

倉本 仁 / JIN KURAMOTO STUDIO トピックス

COMPETITION & EVENT2021.10.22

「DESIGNART TOKYO 2021」10/22開幕!

日本最大級の分散回遊型デザイン&アートフェスティバル
COMPETITION & EVENT2022.03.19

少し先の未来とデザイン「想像する余白」展

NTTドコモと倉本仁、鈴木元、三宅一成との共創プロジェクト、21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3にて3/19より開催
CULTURE2022.03.31

〈HAY OSAKA〉が大阪にオープン!

待望の直営店2店舗目、内装ディレクションを倉本仁氏が担当

コクヨ 関連記事

BUSINESS2021.02.15
コクヨが働き方の実験場「THE CAMPUS」を東京ショールームを改装してオープン
BUSINESS2020.09.28
コクヨがNormann Copenhagen、Stellar Worksの取り扱いを開始、海外家具ブランドの輸入販売を拡充
BUSINESS2021.08.21
“世界一美しいコンビニ” 徳島県の〈未来コンビニ〉、限界集落再生への挑戦
  • TOP
  • PRODUCT
  • FURNITURE
  • 倉本仁×アクタス×カンディハウス×コクヨ 四者の知見を融合したワーキングチェア “FOUR(フォー)”4月末発売予定
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ